けちけちセルフリフォームを続けていたらDIYが趣味に・・・


 
 
 
こんにちは ワガハイです。

ブログランキングへの応援クリックに
どうかどうかご協力をお願いします。

今日、内見してくださったのは
ハウスメーカーのご担当者ではなく
不動産屋さんの友人の友人・・・
というご夫婦でした。

「まあ、見てみたい」という程度だったようで
決定には至りませんでした。

ただ、できる限りご感想、本音、ダメだしを
教えていただくようお願いしています。
そういったお客様の声が
私を不動産投資家として育ててくださると考えています。

さて、
自宅のドアクローザーが壊れました。

もう、30年近く使っているもので
数年前からほとんど役に立たなくなっていました。

最近、工務店さんなど
人の出入りが激しくなって
ドアクローザーが壊れていることを知らない人が
「ドカーン」と激しくドアを閉めるので
震動で家が壊れそうです。
 
 
 
「ワガハイさん、もう、このドアクローザー、交換したら?」
と工務店さんに言われたので
「じゃあ、お願いします。いくらくらいかかりますか?
と尋ねたところ、「簡単だから自分でやりましょう」
・・・と言われてしまいました。
 
 
 
使う工具はねじ回しだけだとか。
 
 
 
工務店さんにお願いすると
工賃だけで2~3万円はかかるとのこと。
それに、商品自体もAmazonで買った方が安いとか。
 
 
  
そこでまず、取り外してみたのが上の画像です。
 
 
 
どうやらドアクローザーって
油圧で閉まる早さ・力を調整する器具のようです。
 
 
 
ドアから取り外したとたん、
大量の油が流れ出て
私はその油を体中に浴びてしまいました。(>_<)
やはり作業は汚れても良い服装でやりましょう。
 
 
 
取り外してみると
メーカー名は「HNH」と書いてあります。
ダイキャスト金属のしっかり、ずっしりとした構造です。
 
 
 
同じものをAmazonで購入しようとしましたが
既にこの会社は潰れてしまって存在しませんでした。
 
 
 
このドアクローザーというのは
器具本体をドアに取り付けたり
家(ドアの枠)に取り付けると言うことで
ボルトを通す「穴」があります。
 
 
 
そしてこの「穴」の配置が
メーカーにyとって異なるので
本来、互換性はありません。
 
 
 
しかし、ありがたいことに
リョービさんから
「取り替え用ドアクローザー」
というのが販売されていました。
 
 
 
取り付け穴が可変式になっているという優れものです。
購入したのはこちらです。
リョービ 取替え用 ドアクローザー S-202P C1 ブロンズ
※アフィリリンクではありません。
 
 
 
これには重たいドア用のS-203Pというのもあります。
少し迷いましたが安い方にしました(^^ゞ
わずか4540円でした。
 
 
 
会社から帰宅すると届いておりましたので
嫁さんが夕食を用意してくれている間に
取り付けました。
素人の私でも30分もかかりませんでした。

 
 
 
2本のアームをつなぐ際に
少し苦労しましたが
コツを掴めば簡単です。
 
 
 
ドアを閉まる早さを調整できますので
びっくりするくらい「いい感じ」で閉まるように成りました。
 
 
 
今回のセルフリフォームも
すっごく節約できました\(^o^)/
 
 
 
追伸。
こんなにセルフリフォーム(DIY)が好きになったのは
インパクトドライバを購入したことがきっかけだと思います。
 
 
 
私が使っているのはこちらの小型インパクトドライバです。
マキタ 充電式ペンインパクトドライバ 7.2V 1.0Ah 白 バッテリー搭載 TD021DSW
※アフィリリンクではありません。
 
 
 
ちなみにメルカリで中古品を購入したものです。
前オーナーさんが買いそろえたビット(ねじ回し類)
がたくさん付いていましたので
何不自由なく、ガンガン使っています。
めちゃくちゃ使いやすいです。(*^_^*)