中古区分マンション 決済当日の実況中継

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
昨日、決済を済ませまして
無事、今回の物件が私のものになりました。
 
 
 
決済当日の様子を簡単にお話いたしますね。
 
 
 
まず、9時30分に
買い手側(私)の不動産業者さんの事務所に集合です。
 
 
 
普通は銀行で場所を借りるのですが
今回は現金決済で、銀行は無関係ですので
不動産屋さんの事務所にしました。
 
 
 
ちなみに現金決済でも銀行は場所を貸してくれます。
不動産屋さんが狭いときは気楽にお借りしましょう。
 
 
 
約束の10分前に私と家内とで訪問しました。
法人の代表(社長)は家内ですので
「本人の意思確認」として家内の同席が必要なのだそうです。
私はいてもいなくても、どっちでもいいという・・・。
急に家内が偉そうな態度に見えたのは気のせいでしょうか(笑) 
 
 
 
不動産屋さんには
相手側の不動産業者2名と
私の方の司法書士さん2名、
私の方の不動産業者さん1名
の5名が既にお待ちでした。
 
 
 
司法書士さんが2名もきてくれているとは驚きました。
今まではいつも1名でしたから。
書類のダブルチェックをするためだそうです。
しっかりした事務所だと感心しました。
この司法書士事務所にして良かったです。
 
 
 
売り主さんが来るまでに
名義書換に必要な書類に署名・押印をしました。
全部、ゴム印ですので楽ちんです。
法人を作るとゴム印を使う場面が多いので
しっかりとしたものを作っておいて大正解でした。
 
 
 
時間ちょうどくらいに売り主さんが来られて
会釈程度の挨拶をしました。
売り主さんは30台前半くらいの女性で
同じ歳くらいの男性が付き添っていました。
 
 
 
合計9名での作業をとなりましたが
売り主さん2名だけがカジュアルな服装でしたので
なんだか居心地が悪そうでした。
 
 
 
私は不動産取引の際は必ず上着を着ていくようにしています。
特に士業の方がいらっしゃるときは必ずスーツ&ネクタイです。
相手がスーツで来られるとわかっているのですから
自分もスーツを着ていくのがマナーだと思っています。
 
 
 
早速、売り主さんには
残りのお金、330万と固定資産税の精算額をお渡しし
その場で数えてもらいました。
二人がかりで数えていましたが結構、時間がかかりました。
 
 
 
売り主さんから領収書と鍵を受け取って終了です。
わずか30分で取引が終わりました。
司法書士さんも慣れたもので
「じゃ、書類は一週間程度で出来ますので郵送しますね~」
といってさっさと次の取引現場へ向かわれました。
 
 
 
私も4回目の経験ですので
売り主さんを残してすぐに失礼しました。
 
 
 
売り主の女性はなかなかの美人さんだったのですが
終始、不機嫌でした。
私が100万円も値切ったからでしょうか。
(460万を360万円に、2割も値切った)
 
 
 
売り主さんはこの物件を1年前に投資目的で購入し
けっこうなリフォーム費用をかけてたようです。
半年ほどは賃借人がいたようですが、
収支がどうなったのかは想像に難くありません。
 
 
 
さあ、明日からは私の大家業としての実力が試されます。
大家業は家賃をもらってナンボ!
まずは入居されやすい部屋作りから取りかかります。
 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると飛び上がるほどうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)