不動産を手に入れた。さあ、募集はどうするの?

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
賃貸の募集について
私のこれまでの認識に間違いがありましたので
訂正いたします。
 
 
 
これまではこんな風に認識していました。
1.マイソクと物件概要書を作る。
2.近所の不動産業者を全社訪問し来客者に紹介してもらえるようお願いする。
 
 
 
実際にはこんなことはしなくて良いと判明しました。
 
 
 
いや、もちろん、この方法でも良いそうですが
不動産業者の立場になって考えると
これはあまり良くないと教えてもらったのです。
デメリットはまた後日、お話ししますね。
 
 
 
最新の方法はこうです。
1.有力な不動産屋A社に賃貸募集をお願いする。
2.その不動産屋A社が物件情報と写真をレインズに登録すると共に
  仲介業者が利用しているあるネットサイトに登録する。
3.全国の不動産屋さんが来客者に私の物件を紹介する。
4.仮に成約してくれた不動産屋さんをB社だとすると
  私の用意する仲介手数料をA社とB社とで折半する。 
 
 
 
客(部屋を借りてくれる人)を見つけるには
物件自体の魅力も重要ですが
不動産業者さんに動いてもらうことがもっと重要だそうです。
 
 
 
インターネットのお店と同じで
露出が多いほど成約しやすいのだそうです。
どんなに良いお部屋でも紹介してもらえなければ
お客さんは私の部屋の存在すらわかりません。
 
 
 
では不動産屋さんはどういう条件だと
私の物件を積極的に宣伝してくれるのでしょうか?
・・・もちろん、「広告料が多いと宣伝したくなる」
というのが答えのようです。
 
 
 
広告料は通常、「家賃の〇ヶ月分」とするのだそうです。
A社とB社で折半しますから
1ヶ月分であればA社とB社それぞれ半月分ずつ。
2ヶ月分であればA社とB社それぞれ一ヶ月分ずつ。
  
 
 
3ヶ月分を設定すればものすごい勢いで決まるものだそうです。
このあたりはオーナーの判断ですね。
 
 
 
この仕組みを利用したい方は
私の知り合いの不動産屋さんをご紹介しますが
関西の方だけに限らせていただきます。
 
 
 
「A社」を任せることになるのですが
物件を確認に行く必要がありますので
神戸からあまりにも遠いところまでは
さすがに行くことができません。
どうぞご了承ください。
 
 
 
昨日、私の物件を内見してもらったのですが
室内のリフォーム箇所、清掃箇所、
その方法などを細かくアドバイスしてもらいました。
駐車場の条件やマンション規約なども重要だそうです。
 
 
 
たとえば駐車場。
必ず確保できるのか、2台目はどうなのか、
など、借り手の判断材料になることは
しっかり押さえておかなければなりません。
 
 
 
このあたりは経験がないと何もわからないことですので
素直にプロに従うところです。
経験を積めば自分でも判断したり
行動することができるでしょう。
 
 
 
やはり、不動産投資は
頼りになるパートナーがいないと
時間やお金を大きくロスしそうです。
 
 
 
私の経験はいくらでもご提供しますので
行き詰まったり、不安になったら
どうぞ気軽にメッセージでご相談ください。
わかる範囲で、あるいは知人に質問してお答えするようにしています。
 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると飛び上がるほどうれしいです。