未分類

中古本の販売をAmazonからメルカリへ変更しました。

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
AmazonのFBA倉庫で回転の悪い、売れ残り商品を
自宅へまとめて戻しました。
特に中古商品はAmazonよりもメルカリの方が売れやすいと考えたのです。
 
 
 
Amazonの場合は価格交渉の余地がありませんので
需要があってもそれに応えることが困難です。
また、本当の相場といいますか
売れる価格がわかりにくいのです。
 
 
 
Amazonの場合、カート価格=相場価格ではありません。
売り手の都合で決めた価格です。
 
 
 
ですのでカートを獲っているからといって
必ず売れるものではありません。
Amazonでは
お客様の出せる金額=需要を探りにくいのです。
 
 
 
その点、メルカリには交渉のシステムがあります。
お客様と駆け引き・商談が出来るのです。
また、需要も探ることが出来ます。
この仕組みのおかげで現金化を早めることが出来ます。
 
 
 
メルカリのメリットはもう一つあります。
それは手数料の低さです。
 
 
 
下記の表は私は8月になってからAmazonで販売した中古本のデータです。

販売金額 Amazon手数料         入金額
980 599 381
320 390 -70
650 444 206
600 537 63
1,600 742 858
1,500 683 817
940 592 348
900 629 271
700 553 147
1,980 761 1,219
350 390 -40
1,200 634 566
1,300 694 606
3,230 1,173 2,057
2,500 743 1,757
800 468 332
700 596 104
300 387 -87
680 550 130
600 435 165
1,000 500 500
700 553 147
1,550 735 815

合計
25,080 13,788 11,292

これは販売単価が安いことが大きな原因の一つではありますが、
なんと販売額の55%をAmazonに持っていかれます。 
300円台で販売した場合は必ず赤字になります。
(送料込みの手数料です) 
  
 
 
これがメルカリでしたら、例えば300円で文庫本を売ると
メルカリ手数料10%、ゆうメール送料118円とすると
300円-30円-118円=152円が残ります。
Amazonはとにかく、手数料と送料が高いのです。
 
 
 
書籍に関しては自宅からゆうメールを利用して発送しなければ
利益を残せないと言えますね。
安価な中古本を販売しても、もうかるのはAmazonだけです。
  
 
 
メルカリのデメリットは「手間」です。
出品の手間、交渉の手間、梱包発送の手間、評価の手間。
なにより、売れた時に在庫の山からその商品を探し出すのがたいへんですし
自宅を倉庫代わりに使うのもけっこうたいへんです。
 
 
 
このデメリットと先ほどの利益152円を比較して
割に合うと考えたらやってみればいいと思います。
例えば時給が1000円だとして、
上記の作業を1時間に7冊こなせればトントンです。
 
 
 
売れ残りがでたら人件費の分、赤字です。
子育て中のママがスキマ時間にやるのならいいかもしれませんね。
 
 
Amazonのメリットは
・FBAだと楽。
・高く売れる。
などでしょうか。
 
 
 
Amazon、メルカリのメリットとデメリットをそれぞれよく考えて
使い分けたいです。
 
 
<<中古本のうち、利益の出る商品の割合は?>>
   
 
このメルマガでも何度か書きましたが
私は中古本をタダで手に入れています。
不用になった本を無償で譲り受けているのです。
毎月、数百冊をもらいます。
  
 
  
では私の審査で合格し、無事、出品される書籍の割合はどれくらいだと思われますか??
実は100冊に1~2冊の割合です。つまり、1~2%。
ほとんどはゴミになるのです。
 
 
 
Amazonで「1円+送料」で販売されている書籍も
ブックオフでは100円などで販売していますが
ブックオフ仕入れでAmazonへ出品して利益を出せる書籍を見つけられる可能性は
1~2%しかないのです。
 
 
 
ライバルせどらーがリサーチしたあとでは
さらにその可能性は下がっていることでしょう。
 
 
 
ちなみに、私はこの中古本の利益は
全て慈善団体に寄付しております。
 
 
 
私はこの数百冊をすべてAmazonでリサーチします。
どんな本でも300円で売ってゆうメールで自己発送すれば
数十円の利益を出せるのですが
それでは私自身の人件費を捻出できません。
 
 
 
ですので、Amazonの中古本価格が1円~数百円となっているものは
すべて処分してしまいます。
Amazonの商品ページやモノレートを参考に
扱う書籍をピックアップしています。
 
 
 
ですので、私が処分してしまっている書籍も
時間に余裕のある方なら利益を出せるものです。
(人件費を無視すれば一冊150円程度の利益)
 
 
 
もし、あなたが時間に余裕のある方で
この主旨にご賛同いただき、
売上げの中からわずかでも結構ですので
慈善団体に寄付していただけるのでしたら
書籍をお譲りしてもかまいません。
 
 
 
さて、こちらの動画公開が本日で終了との連絡をいただきました。

「これはもはや貿易だ!」 
https://fmclub.mambo.sg/ja/MbCxBw/MQ/NoiKtH3PPXwc0g

eBay無在庫輸出 売れて儲かる商品を見つける方法 

こんにちは ワガハイです。
  
 
 
ネーミングのセンスがイマイチで残念なのですが
国内の3大モールをフル活用して稼げる仕組みは秀逸だと感心しています。
⇒ https://g-o-d-affiliatecenter.com/lp/28725/903659
 
 
 
試行錯誤的に実践中のヤフオク中古品仕入れのeBay輸出ですが
出品品10点ほどでまた一つ売れました。
けっこうな割合で売れますので
無在庫転売の中でもこのやり方はなかなかのヒットかもしれません。
 
 
 
今回売れたのはスポーツ用品です。
出品した翌日に売れました。
売値が72ドル(約7920円)で
eBayとpaypalの手数料を15%とすると手残りは約6700円。
 
 
 
仕入れが4500円で
カナダまでの国際送料が書留料金込みで1235円。
利益は965円でしたので
利益率は12%しかありませんでした。
 
 
 
※私の場合は仕入れと発送にかかった5465円のうち
8%の405円が還付されて利益になりますので
結果的に利益額は1370円の17.3%になります。
 
 
 
仕入れてみると、思っていたよりも大きくて重かったのが敗因です。
しかし、これでまた一つ経験と知識(=データ)を得ることが出来ました。
  
 
 
そのほかの出品商品(9点)のうち、
ビュー(訪問者)が多かったり、ウォッチが入っている商品の特徴から
人気のあるキーワードもわかってきました。
明日からはそのキーワードに関連する商品を出品していきます。
 
 
 
eBayではリミットと言って出品できる商品数と金額には
アカウント(=出品者)ごとに制限が設けられています。
一番最初はわずか10点500ドルです。
実績を積んでいくとこの数字がどんどん大きくなる仕組みです。
  
 
 
私の場合は出品可能数が19000点
金額は87万ドル(約9570万円)です。
(とても使い切れる数字ではありませんね)
 
 
 
ではこの数字をどう使うかというと「リサーチ」に使うのです。
ツールや外注さんを使ってとにかくいろんな商品を出品する。
そしてその膨大な出品リストに対してのお客の反応をヒントにするのです。
どんな商品に需要があるのかを知ることが出来るのです。
 
 
 
売れないまでも、訪問者やウォッチが多い商品にはチャンスがあるはずです。
ライバルとの価格状態を調べて、利益が出るようであれば
ライバルよりも販売価格を下げてしまえば売れます。
また、上述のように関連商品を並べていけばさらにチャンスは広がります。
 
 
 
リミットの大きくなったセラー(出品者)はこの作戦を使えるのです。
だからeBayでは全セラーがリミットを大きくしていくことに注力しています。 
リミットを大きくすることをリミットアップと言いますが、
世の中にはeBayとリミットアップのお交渉をしてくれる業者まで存在します。
 
 
 
さて、話を最初の方に戻しますが
今回はわずか10点で一つ売れました。
 
 
 
私はツールを使って出品をしていますので
一つの商品を出品するのにかかる時間は2分ほどです。
ですので10点では20分しか時間をかけていません。
 
 
 
仕入れ・梱包・発送にも時間はかかりますが
1商品あたり、せいぜい10分ほどでしょう。
ですので今回は1370円を稼ぐに30分かかったということになります。  
時給にすると2740円ということになりますでしょうか。 
 
 
 
もちろん、まだ1点しか実績がありませんから
今回がまぐれなのか
あるいはもっと効率が良くなるのかはわかっていません。
しかし、お客様の反応を見る限り、勝ちパターンに近づいている気がします。
 
 
 

ebay無在庫輸出にDメール導入を検討

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
最近、クレジットカード決済のオマケとしてついてくる、
ポイントやマイルを貯めるのが楽しくて仕方がありません。
 
 
 
どうしたら少しでも多くポイント・マイルをもらえるのか?
こればかり研究しています。
このことだけでブログを一つ作れるくらい。  
 
 
 
カタいことを言いますと、
本当はクレジットカードで仕入れをしてはいけないそうです。
ビジネスカードでもダメだそうです。
仕入れ以外の、事務用品などの購入ならいいのですが
商品仕入れに使うのはNGだそうです。
 
 
 
と、カタいことは頭の片隅に置いておいて
私達、転売屋はヒトのお金で
自分のクレジットカードのポイントやマイルを貯めることが出来ます。
 
 
 
一般的な家庭ですと、
水道光熱費や電話料金や税金の支払いにカードを使ったとしても
せいぜい、一ヶ月に10万円くらいまでというのが普通です。
年間では100万円から120万円といったところ。
 
 
 
しかし、たとえば私は
毎月、200万円から500万円くらい使います。
年間ですと3~5千万円もカード決済しています。
普通の人の30倍も50倍もつかうのです。
言い方を変えると30世帯分とか50世帯分とか。
 
 
 
普通の人の30年分を一年で使っていて
普通の人が30年かかって貯めるマイルを一年で貯めることが出来ます。
 
 
 
これってすごいことだと
今更ながらに気付きました。
 
 
 
もともと私は転売を始めた頃から
クレジットカード決済でマイルを貯め。
そのマイルでファーストクラスに乗って世界中を旅するのが夢でした。
  
 
 
最近、eBayの無在庫輸出をするようになって
ものすごい勢いで売上げと仕入額が大きくなったことで
マイルの貯まり方が加速しています。
メチャクチャ楽しくなってきたところです。
 
 
 
マイルやポイントの貯め方は
また機会があればお伝えしたいと思いますが、
このeBayの売上げをさらに大きくしていくために
今の私に必要なことを考えました。
 
 
 
それは次の3つです。
・仕入額や送料コストを下げてさらに薄利多売を拡大していく。
・早く届けることで損失を小さくしていく。
・外注化を進め、キャパオーバーによる停滞を防止する。
 
 
 
仕入額はこれまでのヤフショだけの状態から
楽天市場も使うようにしていきます。
楽天市場攻略も楽天ポイントや各イベントの有効活用がキモの用ですので
徹底的に研究してからスタートします。
今、猛勉強中です。
 
 
 
送料については「Dメール」というのを使おうと思います。
あなたが輸出をしていない場合はピンと来ないでしょうが、
Dメール=航空優先大量郵便物、つまり航空扱いで優先的に届けられる発送方法です。
 
 
 
このDメールは、取り扱い郵便局が各都道府県に1局あるかどうかという不便なものですし
仕分けをしたりまとめたりと、少々手間のかかる発送方法なのですが
通常の優先航空便(通称AIR便)よりも20~40%くらい安く送ることが出来ます。
 
 
 
このメリットは二つあります。
1.送料がこれまでよりも安くなること。
2.これまで配達に時間のかかっていたSAL便からAIR便扱いに切り替えられる。
 
 
 
とくにこの「2」がすごいです。
 
 
 
今まで、30日以内に配達されないことで取り扱いを諦めていた商品も
早く届くようになりますので
扱う商品が劇的に増えることになります。
年明けに撤退した任天堂アミーボも視野に入ってきます。
 
 
 
アミーボを安心して取り扱うことが出来るようになれば
それだけで月商が100万円は増えるはずです。
アミーボだけでなく、可能性が一気に広がるというものです。
 
 
 
Dメール利用にはデメリットもたくさんあります。
まず、集荷に来てもらえませんので遠い郵便局まで持ち込む必要があります。
私の場合は週末にしか持ち込めません。
かえって納期が遅れるリスクがあります。
 
 
 
それと、郵便局の指示通りに仕分けをする必要があります。
行き先の国ごとや重量帯ごとに分けることになるかもしれません。
また、新しい郵便局と後納契約を結び直す必要があります。
週明けに打ち合わせてみます。
 
 
 
ちなみにDメールは一回の差し出しに50通以上が必要です。
私は毎日、30~50通ほどありますのでこれは問題ありません。
・・・やはり発送頻度が気になりますね・・・。
書留だけでも近所の郵便局を使うかもしれません。
 
 
 
<< GW特別企画 >>
ダイレクト出版さんからまたまた連絡がありました。
あの「現代広告の心理技術101」(3700円+税)
に解説講義(2980円+税)の合計6680円+税セットが
なんと1980円+税で限定販売中です。
http://directlink.jp/tracking/af/1294025/OhCZrcqd/
 
 
 
もちろん、90日間の完全保証はそのままです。
(返金してくれるのに返品しなくていいという恐ろしいまでの性善説ビジネス)
 
 
 
あなたも小売業者の一人ですから
この書籍から得られるものは相当に大きいはずです。
ぜひ長いお休みを利用して読破なさってください。
(読んだあとも転売せずに座右の銘にして欲しい一冊です)
 
 

なぜ店舗せどらーはビジネスを拡大できないのか?

こんにちは ワガハイです。
  
 
 
先日、テレビドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す」を見ていて
「ハッ!」と気付かされたことがありました。
それは私達が店舗せどりで稼ぎ続けられない理由です。
 
 
 
ドラマの中で、さえない銀行員が、
融資を申し込んできた安売りスーパーの経営状況を徹底的に分析します。
そしてスーパーの経営者にこう告げます。
 
 
 
「御社の仕入れはメーカー処分品などの一度限りの激安品が中心です」
「これではリピート販売ができず、お客様に安定供給が出来ません」
「不安定な仕入れに頼るやり方では運任せになり経営を安定できません」
こういって、50億円の融資申し入れに対し5億円の回答をします。 
 
 
 
・・・・。
これって私達の店舗せどりそのものですよね。
  
 
 
あなたの店舗せどりには安定して仕入れを繰り返すことの出来る
定番商品がありますでしょうか?
 
 
 
いつでも同じ価格で仕入れられて
Amazonで確実に利益を出し続けられる商品。
そんな商品を持っているでしょうか?
 
 
 
おそらくそんな必勝アイテムは持っていないはずです。
 
 
 
いつも型落ち商品を集めた処分品カートをあさり、
パッケージが色あせていようが、凹んでいようが、
未使用品は新品だ!と自分を言い聞かせて
行き当たりばったりの運任せで仕入れを続けているのではないでしょうか?
 
 
 
たまたま利益の出る商品が見つかるのであればまだいい方です。
しかし、その商品は継続して仕入れることは出来ません。
一度限りしか売ることができません。
同じ商品で何度も利益を出せることはないのです。
 
 
 
店舗せどらーはこうやって、
毎日、利益の出る商品を探し続けます。
たった一回だけの販売チャンスに賭けています。
こうして「在庫ゼロ」のSKUだけが増えていきます。  
 
 
 
お小遣い稼ぎのレベルならこれでも良いでしょう。
しかし、あなたの将来を変えるような
大きなビジネスに育つことはありません。
 
 
 
時間を無駄にしたくないからと
無理をして利益の出ない商品まで仕入れてしまう。
結局売れずに赤字で損切り。
  
 
 
店舗せどらーのほとんどが
いつかは疲れ果て、撤退していきます。
 
 
 
当然です。ギャンブルと同じで
運任せではいつか必ず負ける日が来るからです。
ボウズの日が必ず出てきます。
そんなときに時間と共に気力も使い果たしてしまうのです。
 
 
 
冒頭に銀行の話をしましたが、
あなたが銀行の融資係だったら
次の二人のうち、どちらに融資したいでしょうか?
(どちらも月商は100万円だとします。) 
 
 
 
A 毎日、その日の運で仕入れている店舗せどらー
B 安定した仕入れ先を確保できている電脳せどらー
 
 
 
私はここ数年、あなたにずっと「Bの電脳せどり」を勧めてきました。
 
 
 
供給力の安定した仕入れ先を見つけ
Amazonで売れる数量だけを仕入れ、販売する。
売れたらまた仕入れて補充していく。
このサイクルを継続していくこと。
  
 
 
これって一般の小売業のスタイルそのものです。
 
 
 
「そんなことわかっているけど出来ないんだよ!」
いえいえ、そんなに難しいことではないんです。
よく売れている商品をライバルより安く販売すればいいのです。
 
 
 
極端なロングテール商品以外、
プラットフォームを利用した販売では
必ず、価格競争が起こります。
Amazonでも楽天でもBUYMAでも。
 
 
 
ライバルに勝つには1円でも安く販売すること。
逆に1円でも安ければライバルに勝てます。
これはスーパーなど、どの小売業でも同じです。
同じ商品なら安いところから買われます。
 
 
 
同じ商品をライバルよりも安く売るためには
仕入れ単価と販売までにかかるコストを下げるしかありません。
 
 
 
「販売までにかかるコスト」
これを気にしたことはありますでしょうか?
  
 
 
Amazonからの振込額を100円上げること、
つまり、Amazonの手数料を割り戻して
118円高く売ることは
次のコストダウンと同じ価値になります。
 
  
 
・仕入れ単価を100円下げること
・梱包費用を100円下げること
・FBA倉庫までの送料を1アイテムあたり100円下げること
  
 
 
Amazonからの入金を100円増やすことと
上の3つのコストダウンは同じ価値があるのです。
100円の利益と言うことです。
  
 
 
どこから手を着けるのが
一番簡単でしょうか?
この中で一番難しいのは「118円高く売る」ですね。  
 
 
 
私のコストダウン例をご紹介します。
 
 
  
私はある商品をFBA倉庫に納品していますが、
最初の頃、梱包にダンボール箱を使っていましたので
1商品あたり、梱包資材費が200円かかっていました。
 
 
 
いろいろ実験して、
梱包資材をダンボールから宅配袋(紙袋)に変更したところ
1商品あたりの梱包資材費が30円になりました。
ライバルの商品を購入してどんな梱包をしているか研究したのです。 
  
 
 
さらに研究して、丈夫なビニール袋でも対応出来ることを突き止め
1商品あたりの梱包資材費が5円になりました。
  
  
 
その結果、FBA倉庫に送る160サイズのダンボールには
7個から10個へ、そして25個へと増えていきました。
 
 
 
FBA納品用のダンボールも最初は300円で買っていましたが
仕入れ時にメーカーから届いた200サイズのダンボールを
カッターとクラフトテープで160サイズに加工して使っています。
これで納品用のダンボール大箱代が無料になりました。
   
 
 
梱包資材費も送料も劇的にコストダウンされました。
そして、コストダウンは利益に回さず
販売価格に反映させたのです。
つまり、値下げしました。
  
 
 
もう、ライバルは追随してこなくなり
そのうち、撤退してくれました。
今は少しだけ値上げして販売していますが
売れ行きは落ちていません。
 
 
 
eBay輸出においても
徹底的にコストダウンを図ることで
ライバルよりも安く販売することが出来ています。
 
 
 
たとえば送料。
私が毎日50点くらい売っている商品(軽くて小さい)の送料は
なんと150円です。
しかも梱包資材費はわずか2円。
 
 
 
任天堂のアミーボも毎日20点くらい売れますが
送料は280円で梱包資材費は17円です。
(全て税込みの金額です)
 
 
 
仕入れはあなたと同じ、電脳仕入れです。
ほとんどがYahoo!ショッピングで仕入れていますが
一ヶ月に8回、特に安く仕入れられる日を狙って
集中的に仕入れています。
  
 
 
仕入れリサーチにばかり時間と頭を使っていないで
コストダウンにも取り組んでみてください。
 
 
 
もっとも、これは
よく売れている人気商品や定番商品を売る場合です。
一日に50点くらい売れる人気商品について
薄利多売でライバルと勝負する。
 
 
 
一点ごとの利益は小さくても
売上げ自体が大きくなれば
ビジネス全体のコストはどんどん下がっていきます。
 
 
 
忙しくはなりますが、
リサーチで苦しみ続けるよりは
よっぽど楽しいですよ!
ぜひ切り替えてみてください。 

さあ実践。Amazonは利用されるものでは無く徹底的に利用するだ!と言う考え方

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
昨日、ご紹介した動画は
かなり楽しんでいただけたと思います。
 
 
  
ライバルとの差別化というよりも
Amazonの新しい利用方法(戦略)そのものでしたね。
『差別化物販戦略2019』
https://fmclub.mambo.sg/ja/MbYqk8JgFOEdeYAY6CIIFWsA
  
 
 
その、昨日の話題の続きです。
私達を悩ませているのはこんなことです。
 
 

 
・ライバルが多すぎる。
・利益(率)が低すぎる。
・突然のルール変更(しかもそれは厳しくなる一方)。
・理不尽なアカウント停止と売上金の凍結。
・永遠にリサーチが必要で時間の余裕が無い。
  
 
 
ただ、これらは、
ほんの少しだけやり方をずらすだけで解決することが出来ます。
 
 

私が今のあなたに取り組んで欲しいのは
視点を変えるという行動です。 
 
 
 
・Amazonという市場は同じ商品にアリが群がるように
少ない利益の奪い合いだ!
・もうかるのはAmazonだけだ!
・俺たちせどらーはAmazonに利用・搾取されている弱者なんだ
 
 
 
・・・・長く相乗り転売を続けていると
Amazonに対してこんな感情を持ってしまいます。 
  
 
 
しかし、あなたもこのネガティブな感情から抜け出すことが出来ます。
今、私達にとって必要なのは
「Amazonをどう利用するか?」という視点を持つことです。
 
 
 
これまで私達はAmazonに利用されてきました。
好きなように翻弄され続けてきました。
  
 
 
しかしこれからはAmazonを利用して稼ぐ、という立場になりたいと思います。
 
 
 
Amazonは国内で最もよく売れるマーケットです。
販路としては最強です。
一つの商品が一日に何千個も売れるお店なんて
そうそうあるものではありません。
 
 
私達が利用すべきなのは 
・Amazonの販売力
・Amazonの物流システム
この2つの最強システムなのです。
 
 
 
ライバルの居ない商品を独占販売する、と聞くと
あなたはOEMや独自商品をイメージするかもしれません。
しかし、昨日、例に挙げた私の商品は既製品です。
JANコードもついている市販品です。
 
 
 
ただ、扱う人がほとんどいないので
結果的に独占販売状態が続いています。
仕入れることが出来れば誰でも相乗り出来てしまう商品です。
 
 
 
それでもこの2年間、ライバルは増えません。
売れるか売れないかは価格設定だけで決まります。
これまで数百円の幅で値を上下させて
一番よく売れる(買っていただきやすい)価格を突き止めました。
 
 
 
こんな商品がまだまだいくらでもあります。
権利の主張をするなどしてライバルを閉め出していないのに
一人で売り続けられる差別化された商品。
 
 
 
2019年はぜひそういった商品を扱える力を身につけていただきたいと思います。
 
 
 
私はeBayやBUYMAなどの無在庫転売が好きになりましたが
Amazonの在庫販売をネガティブに考えてはいません。
儲かればいいのです。勝てば官軍です。
 
 
 
私は単純に、
Amazonでは相乗り商法より食もう限界だけれども
差別化商法ならAmazonほどそのメリットを強く出せるマーケットは無いと確信しています。
 
 
 
Amazonがここまで
単純転売せどらー締め出しの方向性を
はっきりとさせてきた以上、
私達も早めに戦略を変えて行くべきだと考えています。
 
 
 
これまでAmazonにやり込められてきた分、
Amazonのメリット(販売力と物流システム)を
徹底的に利用する側に回ってやろうと思います。
 
 
 
もちろん、それなりに苦労は覚悟しなければなりません。
しかし、本気で取り組むだけの価値はある改革だと信じています。
 
 
 
<< 追伸 eBay無在庫輸出の現状報告 >>
 
 
 
直近の販売額は7700ドル。約85万円です。
目標の月商100万円までもう少しです。
 
 
 
実は私はスクールの中で
決して上位セラーではありません。
私レベルのセラーはゴロゴロ存在しています。
  
 
 
7月から始まったeBay無在庫輸出スクールですが
既に月商1000万円セラーが1名、
月商500万円セラーが1名、現れています。
 
 
 
スクールでは東京と大阪で定期的にランチ会という親睦会を開催しています。
スクールですので遠足とか校外学習のような位置づけです。
 
 
 
ちょうど今日、全国から仲間が神戸に集まってきて
一緒にお昼ご飯を食べながら情報交換をいたします。
上の月商1千万円セラーと500万円セラーも参加してくれます。
もう、成功の秘密を根掘り葉掘り聞いちゃおうと思っています。
 
 
 
私はこのメルマガで常日頃からあなたに
「セミナーや作業会に参加しましょう~」と呼びかけていますが
本当に重要なノウハウ・情報・ヒント・ひらめきは
こういったオフラインの場でこそ得られるモノだと思っています。
  
 
 
もちろん、ネットは情報の宝庫なのですが
自分に必要な情報を選びのが難しいのです。
 
 
 
「それを聞いてピン!ときました!」 
「なるほど!!」
 
 
 
こういう経験が出来るのはオフラインでの情報交換が最強なんです。
 
 
 
少し、あなたの周りを見渡してください。
あなたの周りに、月商1千万円の無在庫セラーなんていますか?
もし、いたとして、儲かる情報をタダでどんどんバラしてくれる人がいますか?
貴重な経験やノウハウを惜しげも無く話してくれるでしょうか。
 
 
 
近々、eBay無在庫輸出スクールの新規募集を始めますが
もし、あなたが入校されたら
こういったオフ会には全て参加していただきたいと思います。
スクールの環境を100%活用するかどうかはあなた次第ですから。

Amazonリサーチに悩んでいるあなたへ。ちょっとズルいですがこんな方法もありますよ。

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
仲の良いトレード仲間にだけ教えている、
とてもいい本があるんですよ。
 
 
 
もしあなたがFX、仮想通貨、株その他のトレードで
なぜか勝てないな・・・と思っていたら
この本(無料)を読めば勝てるようになりますよ。
http://directlink.jp/tracking/af/1504361/ppmpPsMU-igZ8RnXp-AuBVKAR8-HvTZaNDj-rzKObWBU-RizbFM9q-g6ZFEYJp/
 
※Amazon転売目的での入手はご遠慮ください。
 
 
 
あなたの販売手段がAmazonだとしたら
一番苦労しているのは「リサーチ」ですよね。
つまり、何を売るべきなのか?です。
 
 
 
その次の課題は「どこで仕入れられるか」 
 
 
 
店舗せどりの場合は「どこ」はもう決まっていますので
何を?だけになりますし
電脳せどりの場合は「どこで」「何を」になります。
 
 
 
今日は電脳せどりを前提とします。
電脳せどりでの「何を」を見つけるためのノウハウです。
そして、「どこで」はもう決めてしまいます。
楽天市場とYahoo!ショッピングで仕入れます。
 
 
 
何を仕入れたら儲かるのか?は
せどらーの永遠のテーマですよね。
このためにいろんなノウハウを勉強したり
高額なツールを使っているくらいですから。
 
 
 
じつは数あるプラットフォームの中で
なぜかAmazonセドラーだけが
あまり利用していないリサーチ方法があります。

 
  
BUYMAではこのリサーチ方法が常識になっていますし
ヤフオクやメルカリでもメインのリサーチ方法になっています。
 
 
 
それなのにAmazonセドラーだけは
この方法を潔し(いさぎよし)としないようで
あまりメジャーな方法ではありません。
 
 
 
その方法というのは「ライバルセラーリサーチ」です。
そう、ライバルセラーの出品物をパクってしまう方法です。
 
 
 
ライバルせどらーが時間をかけて、
あるいはツールにお金をかけて
苦労して見つけた儲かる商品を
あっさりと利用してしまう商法です。
 
 
 
どのカテゴリーでも使えるわけではなく
食品やドラッグストアなど
消耗品系のカテゴリーで効果を発揮します。
 
 
 
消耗品は安定してリピート仕入れが可能ですので
何種類か儲かる商品を見つけられれば
あなたの収入のベースになっていきます。
 
 
 
今日は私も使っている方法と
ほぼ同じ内容のPDFファイルを用意しましたので
ぜひ実践して見てください。
http://www.tenbai-tosyokan.jp/search/detail/?book_id=10125&issuer_id=81
※フエールさんからです 
 
 
 
さて、私が中国輸入で稼いでいることはご存じだと思いますが
その私の先生が一夜限りですがそのノウハウを動画配信してくれます。
4月23日の夜9時【21時】です。
これは見ないと絶対に損です。
http://dash-affiliatecenter.com/ad/9014/900385
 
 
 
あまりにも有益ですので
メルマガでは23日まで固定ヘッダーとして置いておきますね。
  
  
 
<<追伸>>
最近、またまた中古本の電脳せどりにハマっております。
 
 
 
私のやり方はこんな方法です。
1.Amazon「本」カテゴリーをジャンル別に見ていく。
2.並び替え・絞り込み機能を使ってある方法で順に表示させていく。
3.メルカリ・ヤフオクで仕入れ値をチェックする。
4.価格差があればモノレートをチェックする。
5.仕入れる。
 
 
 
このやり方ではダブルディスプレイがものすごく便利ですし
マウスのサイドボタン(コピートペースト)が大活躍です。
Amazonの公式ページとメルカリ・ヤフオクといった
誰でも簡単に使えるサイトだけで仕入れを完結しています。
 
 
 
本、1冊当たりの利益は300円から1000円程度と薄利ですが
仕入れ値も300円~1000円までですので
利益率は30~100%ぐらいあります。
 
 
 
また、いくらでも儲かる商品が見つかりますので
1時間に数千円~1万円くらいは稼げてしまいます。
名付けて「チャリンチャリン中古本せどり法」(笑)
 
 
 
この方法をもう2年くらい続けていて
やや飽きていたのですが
最近になってあるキーワードを使うと
さらに儲けやすいことに気づきまして
もう、そればっかりやっています。
 
 
 
マンネリ化したと思っていた方法も
少し派生させてやれば
また新鮮な視点で取り組めることに気がつきました。
 
 
 
この方法は初心者の方でも簡単に稼げるということで
これまでも教材の特典として一部の人に伝えてきました。
資金の少ない人でも気軽に始められるので好評です。
専業の人で月収100万円を越えた人も出ていますよ。
  
 
 
ただ、この方法はデメリットもあるんです。
 
 
 
一つ目は発送者さんの特定がたいへんなこと。
メルカリで同じ本ばかり3冊も5冊も仕入れてしまうのですが
誰から届いた本なのかわからないことがあります。
 
 
 
もう一つはゴミの発生です。
素人さんの梱包はとにかくビニールゴミが増えるんです。
ご本人は丁寧なつもりなのでしょうが
受け取る方は困ってしまいます。

苦労して集めなくても最初から揃っているコミックせどりの秘密

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
あなたがBUYMAで販売をしているか
これからBUYMAでの販売を視野に入れているのでしたら
そのリサーチ作業や出品作業の大半を共有できる
無在庫ネットショップの同時構築がお勧めです。
 
 

BUYMAとあなたのネットショップの両方で
同じ商品を販売すればいいのです。
苦労して作った商品紹介文も画像も
すべてそのまま使い回すことができます。
 
 
 
BUYMAで売れた場合は手数料を15%も取られますが
あなたのネットショップなら手数料は必要ありません。
その分、利益が増えますし
BUYMAバイヤーと勝負するならBUYMAの15%引きで販売することもできます。
 
 
 
もちろんこうなると
楽天やヤフーショッピングも射程距離に入ってきますね。
あなたのビジネスがどんどん拡大していくのを想像するだけで
ワクワクしてきませんか?
 
 
 
あなたのビジネスの核となるネットショップ作りは
こちらでそのノウハウを公開・解説中です。
※期間限定ですので終了していたらすみません。
 
 
 
さて、上にも書きましたが
2018年はあなたにもぜひ販路を広げていただこうということで
手始めにYahoo!ショッピングをこの場で作っていただこうと思います。
 
 
 
Yahoo!ショッピングもプラットフォームの一つですので
いろんな理不尽な思いをしたり
手数料(上納金)を払わされたりしますが
簡単に「売れる経験」を積むことができるのでやって損はありません。
 
 
 
実はYahoo!ショッピングには出品形態が3通りありまして
・プロフェッショナル
・ライト
・個人型
となります。
 
 
 
このうちプロフェッショナルとライトは審査が厳しく
私の仲間はこれまで誰も合格していません。
私も4回連続で審査落ちし、心が折れたままです(泣)
 
 
 
しかし、個人型でしたらわずか5分で作ることができます。
こちらにそのノウハウマニュアルを置いておきますので
今、手に持っていらっしゃるスマホでそのままお店を開いてしまいましょう。

※フエールさんです。 
  
 
 
これであなたもれっきとした一国一城の主(あるじ)です。
あこがれのショップオーナーさんですよ。
 
 
   
さて、いつものように前置きが長くなりました・・・。
ようやく、今日、あなたに伝えたかったノウハウです。
今日はセット本せどりです。
  
 
 
わたしのせどり仲間に「セット本」「コミックセット」
だけで生活している変わったせどらーがいます(笑)
その人に教えてもらったノウハウです。
  
 
 
「セット」というのは「全〇〇巻」とかいうやつですね。
 
 
 
あなたならご存じだと思いますが、
このセットせどりはけっこうな高利益率をたたき出してくれます。
 
 
 
1冊108円で売られているコミックを
10冊セットにして出品すると
なぜか5千円で売れたりする不思議な業界です。
 
 
 
しかし、消費者心理をうまく突いた
とても優れた商法だと思っています。
 
 
 
このメルマガでは何度もご紹介してきたこのセット本せどりですが
なんと「揃(そろ)える」という苦労をしなくてすむノウハウがあります。
これが先ほどの友人のノウハウなのですが、その方法をご紹介しておきます。

※フエールさんです。
 
 
 
ノウハウだけお伝えするのも中途半端ですので
1冊の単価が108円以上になる
人気コミックセットをいくつかご紹介しておきます。
あなたの近所のお店に並んでいたら即、仕入れてくださいね。
 

※ランキング順に並んべています。 
  
 
ドラゴン桜 全21巻完結セット (モーニングKC)
8500円~
 
坂道のアポロン コミック 1-9巻 セット (フラワーコミックス)
3900円~
 
恋は雨上がりのように コミック 1-9巻セット
3880円~
 
火の鳥 (文庫版)全13巻完結セット(コミックセット)
4400円~
 
ハイキュー! ! コミック 1-28巻 セット
5743円~
 
3月のライオン コミック 1-12巻セット (ジェッツコミックス)
3395円~
 
宇宙兄弟 コミック1-31巻 セット
7889円~
 
東京喰種-トーキョーグール-:re コミック 1-14巻セット
5143円~ 
 
海月姫 コミック 全17巻セット
4100円~
 
柔道部物語 全7巻 完結コミックセット(講談社漫画文庫)
3760円~
 
キングダム コミック 1-49巻セット
22592円~
 
SLAM DUNK(スラムダンク) 完全版 全24巻・全巻セット (ジャンプコミックスデラック
10080円~
 
文豪ストレイドッグス コミック 1-14巻セット
6315円~
 
東京喰種-トーキョーグール-:re コミック 1-12巻セット
4010円~
 
コウノドリ コミック 1-21巻セット
9000円~
 
七つの大罪 コミック 1-28巻セット
7299円~
 
インベスターZ コミック 全21巻セット
11442円~
 
火の鳥【全12巻セット】
13989円~
 
・・・とキリがないくらいあります。
※ワガハイ愛用のツールによる1秒抽出
 
 
 
では今日もがんばって仕入れましょう!!

あなたのせどり利益目標(年収)を必ず達成できる方法

こんにちはワガハイです。
 
 
 
こうやってメルマガを通じてあなたと接していて
私があなたのことを「さすがによくわかってらっしゃるな!」
と確信するのは、
こういう優秀なツールを絶対に見逃さないところですね。 
 
 

さて、せどりの初心者さんからのご質問を受けていて
「木を見て森を見ず」のように感じることがあります。
もちろん、当人にとってはとても真剣に悩んでいることですから
私なりの根拠を丁寧に説明しながら回答をするようにしています。
 
 
 
初心者の頃は目の前の商品に夢中になってしまって
本来の目的である「お金持ちになること」を
時々忘れてしまうようです。
 
 
 
私は読者様の一部の方に
「毎日仕入れをする講座」というのに取り組んでいただいていますが
その講座では必ず次の4項目について報告していただいています。
 
 
 
・前日の仕入れ額
・前日の売上げ額
・当月の累計仕入れ額
・当月の累計売上げ額
 
 
 
ある程度続けていただいていると
この4項目を報告し続ける意味がわかっていただけるようで、
意味がわかった方は急に成長し始めます。
ご自分が向かっているところが見えてくるのでしょう。
 
 

このメルマガを含め、
せどりのメルマガでは「この商品は利益率が!」とか
「一撃で利益1万円!」など
商品単位での利益を強調する傾向があります。
  
 
 
しかし、実際には、店頭でたまたま一つだけ仕入れられた
商品の利益を気にしても意味がありませんよね。
運ではせどりで生活していけません。
  
 
 
利益と売上げの関係について
ものすごく簡単にご説明しますね。
  
 
 
男性サラリーマンの平均年収は511万円だそうです。
話をわかりやすくするため500万円だとします。
 
 
 
では、せどりで一年間に500万円稼ごうと思ったら
いくら売ればいいと思いますか?
 
 
 
利益率を仮に20%だとします。
5百万円÷20%=2千5百万円
年商2千5百万円で年収5百万円を達成できます。 
 
 
 
「月商」だとか「この商品は利益率が・・」
などと細かく気にしなくても
なんでもいいからがむしゃらに2千5百万円売ればいいのです。
 
 
 
1月に2千5百万円売ってしまえば
あとの11ヶ月は遊んでいても
せどりの利益は5百万円になります。
年収5百万円の個人事業主の誕生です。
 
 
 
サラリーマンの月給じゃないんですから 
12ヶ月均等に利益を上げなくてもいいんですよ。
  
 
 
それに、仕入れたあとでその商品の利益率を気にしても
どうしようもありませんよね。
あとの祭りです。
仕入れたあとはマカドに丸投げしていればいいんです。
 
  
 
それに、
仕入れるまで散々、悩んだはずですから
仕入れたあとまで悩んでいたのでは
精神衛生上、よくないですよね。
 
 

というわけで
2018年は「売上げ」の目標を作ってみませんか?
年間の売上げです。月ごとに一喜一憂せずに年単位で考えます。
 
 
 
あなたが欲しいと考えている年収を20%で割り戻して
その金額を目標にしてください。
 
 
 
あなたが現在の給与収入に加えて
「2018年はあと100万円稼ぎたい!!」
と思われるのであれば
せどりの目標年商(売上げ)は500万円になります。
  
 
 
私は目標設定をするとき
大目標、中目標、小目標と作っていきます。
最初に作るのが大目標。
私の来年の大目標は年商一億円。
 
 
 
中目標は大目標を達成するための作戦です。
 
 
 
私の来年の中目標は
・独自商品を中心に販売する。
・ヤフショ、楽天に出店する。
などです。
 
 
 
小目標は都度、考えればいいと思っています。
 
 
 
ではあなたの2018年を実りあるものにするため
残りの19日間でしっかり考えてみてくださいね。

2018年は脱相乗り&eBay輸出に注力!さて、その理由は?

こんにちは ワガハイです。
 

 
マカドの販売履歴を見ていて気がついたのですが
http://sunday-ex.com/Lf0/3t13151

 

11月の売上げ696万円のうち
6割くらいはリピート商品でした。
さらにその半数は出品者が私だけ、
つまり独占販売の商品でした。
 
 
 
リピート商品や独占販売商品は
安定して売れているので
一度の納品作業で160サイズの箱を5箱など
かなりの量を一度に納品しています。
 
 
 
ですので作業量は
売上げのワリには簡単に済んでいる方だと思います。
Amazonでは新しい商品を登録するのが
一番、面倒くさいですからね。
 
 
 
今後もAmazonの販売には力を入れていきますが
その中身はさらに独占販売、独自商品に
シフトしていこうと考えています。
Amazonで競争がないのは実に居心地が良いのです。
 
 
 
あなたもぜひ勇気を出して
相乗り出品から脱出していただきたいと思っています。
Amazonに対する考えがガラリと変わるはずです。
 
 
 
あなたの意識が、 
「Amazonに売ってもらっている」から 
「Amazonを利用して自分で売っている」
へと変わります。
 
  
 
もう一つの柱がeBay輸出です。
 
 
 
私が昨年作った法人が消費税の課税業者になることと決定していることから
輸出による節税を狙っているということと
eBayが、唯一、日本人セラーであることを活かせるプラットフォームだからです。
 
 
 
もう一つがeBay輸出です。
これは消費税の課税業者になることが決定していることから
輸出による節税を狙っていると言うことと
eBayが、唯一、日本人セラーであることを活かせるプラットフォームだからです。
 
 

一時、Amazonで中国輸入が大流行しました。
私も便乗しましたし今も続けています。
 
 
 
しかし、日本Amazonでの販売において
ライバルはすでに日本人セラーではなくなりました。
中国人セラーが直接、日本Amazonで販売しているのです。
 
 
 
大口の中国人セラーは日本Amazonから
手数料割引などの優遇措置を受けているという噂があります。
もともとの仕入れコストが日本人セラーとは桁違いに安い上に
販売手数料まで優遇されていたのでは勝負になりません。
 
 
 
現在、中国商品を圧倒的な安価で売りまくっているのは
みんな、中国人セラーだと言われています。
40フィートコンテナでガンガン輸入してきますからね。
もう、手がつけられません。
 
 

その逆で、日本人セラーが日本製品をアメリカeBayで販売するのは
とても有利なのです。
もちろん、日本人ならではの商品を選ぶ必要がありますが
これは少し考えればとても簡単です。
 
 
 
たとえばこちらのノウハウ。
 
 
 
おそらくあなたのご自宅から30分以内のところで
必ず手に入る商品です。
自宅から出るのがいやならメルカリでいくらでも売っています。
※フエールさんから
  
 
 
あなたならすぐに「ピン!」とくると思いますが
この商品が売れるのならアレもコレもと
ものすごく派生出来ますよね。
めちゃくちゃ簡単です。しかも国際送料も安い。
 
 

ちなみに今、全国でこのeBay輸出のセミナーが人気になっています。
成功するための必須ポイントや
消費税還付のお話も聞くことが出来ます。
今回に限り無料で参加出来ますからお気軽にどうぞ。

 
 
 
 
追伸。
不動産投資で購入した360万円の2LDKマンションですが
神戸市内なのにお部屋の広さが84平米もあるんです。
さらにバルコニーが10平米あって
さらにさらに専用庭もあるんです。
 
 
 
近所には大きな病院や幼稚園もありますし
大型スーパーも建築中です。
お年寄り夫婦や子育てファミリーに
リラックスして住んでいただきたいなって考えています。
 
   
  
プチリフォームをやっているところなのですが
なんだか楽しくて楽しくて・・・
セルフリフォームが流行している理由がわかりますね。
 
 
 
あなたにも不動産投資って、こんなに簡単で
身近なものなんだなって
思っていただけるとうれしいです。
せどりで稼いだらぜひあなたもやってみてください。
 
 
 
ワガハイブログ12月5日の記事 
100円ショップのリメイクシートでキッチンリフォーム 

 
 

今日も最後までおつきあい頂きまして
どうもありがとうございました。

少額不動産投資、2軒目を購入します\(^o^)/

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
不動産投資ブログも好評です。
よかったらのぞきに来てください。
ワガハイの100万円から始める格安戸建て・区分マンション不動産投資術
 
 
 
2015年に改訂版が出版されましたが
ロバートキヨサキさんの
「金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法」
が日本で出版されたのは2003年のことです。
 
 
 
このシリーズの第一作、「金持ち父さん 貧乏父さん」は
日本では2000年に出版されました。
今から17年前のことです。
私は35歳でした。
 
 
 
当時、この本をむさぼるように読み込みました。
分厚く重い本でしたが
何度もボロボロになるまで読み
世界観が変わりました。
  
 
 
「40歳までに不労所得で生活できるようになってやるぞ!」
と張り切っておりましたが
その当時はせどりはまだメジャーではなく
何の計画性もなく試行錯誤を繰り返しておりました。
 
 
 
最初に「ビジネス」っぽいことをやったのは
平成19年です。
中古車をヤフオクで売るというビジネスを始めました。
 
 
 
いくらかは利益を出せましたが
素人が成功出来る世界ではありませんでした。
なんと言ってもお客様にとって
プロのふりをした素人は迷惑な存在でしかありませんでした。
 
 
 
で、40代はあっという間に過ぎ去り
ようやく50を過ぎたあたりから成功っぽくなってきました。
せどりとアフィリエイトで成功したのです。
 
 
 
そしてせどりとアフィリエイトで稼いだお金を元手に
ようやく、52歳の9月に一軒目の不動産投資を行いました。
「金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法」を読んで
14年もかかりました。
 
 
 
「金持ち父さん 貧乏父さん」からは17年です。
 
 
 
ああ、少年老い易く学成り難し。
 
 
 
ただ、実に幸せな17年でした。
ずっとチャレンジし続け
稼ぐことをあきらめませんでした。
 
 
 
とはいえ、不動産投資はまだまだ始めたばかりです。
全然、成功していません。
これからたくさんの失敗をして
たくさんの経験を積んでいくのでしょう。
 
 
 
せどりを始めたときに
一緒にスタートしたのがこのブログです。
日々の備忘録であり、
失敗記録日記でもあります。
 
 
 
銀行にお金が貯まっていると
なんだか安心ですが
お金はインフレと共に目減りしていきます。
 

  
ロバートキヨサキさんに言わせると
お金は貯めておくものではなくて
「働かせて稼ぐための道具」だそうです。
 
 
 
ロバートキヨサキさんだけでなく
世の中のお金持ちは口をそろえて
「お金を働かせてお金を稼がせる」
と言い切ります。
 
 
 
お金持ちになったことのない私が
いくら考えても答えは出ないのですから
お金持ちの言葉を信じて
「お金に働いてもらう」ことを決めました。
  
 
 
これまでの人生とは
お金に対する考え方が180度変わる出来事です。
 
 
 
今、私のお金(貯金)が不動産に形を変えました。
不動産は他人からお金を集めてきてくれます。(家賃)
 
 
 
せどりでは自分で商品を探してきて
自分でお金を支払って商品を仕入れ
自分で販売して
自分で配達し
自分でお金を集金します。
 
 
 
お金を使うのは私ですが
働いているのも私です。
 
 
 
今はまだ体が動くので働けますが
20代の頃ほどバリバリとは働けません。
70代になったらもっと働けなくなるでしょう。
 
 
 
お金は70代になっても80代になっても必要です。
でも自分では働いて稼ぐことが出来ません。
 
 
 
だから今のうちから老後に向けて
自分の代わりに働いてくれる存在を
用意していくことがとても大切だと考えているのです。
 
 
 
私が購入する不動産は
高齢のボロ家・ボロマンションですので
私が大往生するまで
建っていないかもしれません。
私より先に朽ちてしまう可能性もあります。(笑)
 
 
 
それでも私は
コレまでの17年間と同様、
ブレずにチャレンジしていきたいと思います。