無在庫amazon輸入

たまにはamazon輸入はいかがでしょうか?

518XBVATXPL._SX311_BO1,204,203,200_

 

こんにちは ワガハイ(wagahai)です。

 

なんの写真?

これは文中に出てくる洋書です。

私なら絶対に手に取らない本です(^^ゞ

 

今日は少し趣向を変えて

いつもは扱っていない商品をご紹介します。

あなたの視点を変える、広げるきっかけになれば幸いです。

 

anan (アンアン) 2015/12/16 [雑誌]

女性誌ですが、男性でも知っている有名な雑誌です。

現在、雑誌部門でぶっちぎりのナンバーワンになっています。

発売日前なので予約です。

なぜこの本がこんな大人気になっているかと言いますと・・・・

「羽生結弦選手スペシャルBOOK16P+特大ポスター付き!」

・・・・(^^ゞ

購入層は・・・・なんとなく想像がつきますね。

大量に仕入れてヤフオクかメルカリで売りまくろうと企んでいます。

amazonで予約してもいいのですが、

現在、15%クーポンプレゼント中のHMVで買えば

雑誌なのに実質、定価の15%引きで仕入れられますので

さらに儲けが大きくなりますね。

よろしければどうぞ!

 

amazon輸入の方向けに少しだけ・・・・

[カシオ]CASIO カシオ腕時計【CASIO】MQ-38-2 MQ-38-2 メンズ 【並行輸入品】

安価な時計ですがamazon様の在庫が切れましたので

これからはamazon輸入セラーの独壇場になると思われます。

いきなり在庫復活したらすみません(^^ゞ

 

Women in Buddhism: Images of the Feminine in the Mahayana Tradition (英語) 

ずっと30万位~40万位ぐらいをうろうろしていた不人気輸入本ですが

いきなり190位に躍り出るとともに

一気にAmazon様が在庫切れとなりました。

なにかのマスメディアで取り上げられたのでしょうか?

ハイリスクですので自己責任でチャレンジしてください。

 

Inadmissable Evidence (英語)

アメリカ人の間では根強い人気の洋書です。

とうとう国内の新品がなくなりました。

新品でも中古でも安定して売れていきます。

 

折り紙建築―オリガミック・アーキテクチャー (英語) 

これってけっこう昔からある本なのですが

安定して売れています。

amazonもまったく扱う気がないようですので

安く手に入り方はチャンスです。

 

Felines: Great Poets on Notorious Cats

実は私はこういった洋書の輸入販売は大好きです。

amazonは日本も外国も仕様がほとんど同じですので

日本在住の外国人は洋書をamazonで買うケースが多いんです。

近所に洋書を扱う大型店がない地方ではとくにamazonの一択ですからね。

 

本の題名は忘れましたが、

英語版「家庭の医学」みたいな本がけっこう売れますよ。

英語の話せない日本人医師に相談するより話が早いですからね。

とくに子供のいる外国人家庭には必ずあるものだそうです。

そろそろ2016年度版が出る頃ですのでチャンスだと思います。

 

ポケモンセンターオリジナル ぬいぐるみ クリスマスイルミネーション イーブイ

11月7日発売のぬいぐるみで定価は1620円なのですが

amazonではプレミア価格になっています。

近所で買える人は12月まで寝かせておけば儲かると思います。(個人の感想です)

 

ネスレ チョコブロッコ 1kg×1個

こんなものがamazon枯渇です。

近所に売っていたらオレ様価格で売れますね。

私のようなオジサンには全くノーマークの商品です。

先日も書きましたように、近所のスーパーで買えるものが

amazonでは貴重品だったりしますからおもしろいですね。

 

木製知恵の板タングラム

子供用の木製パズルです。

親御さんの愛情を感じる素敵な商品ですね。

amazonも在庫を復活させいますが、

仕入れ量が少ないようで、30分ほどで売り切れています。

どこででも仕入れられますので無在庫出品でもいいのではないでしょうか?!

(注:当ブログは決して無在庫出品を推奨するものではありません。)

 

いかがですか?

普段、見向きもしない商品がプレミアになっているのを知ると

自分の頭がカチカチに固まってしまっていることに気付きますよね。

私もこうやっていろんなカテゴリーから広く情報を集めるように心がけています。

肩の力を抜いて、リラックスして

出来るだけ柔軟にいきましょう!!

 

-------------------------------

にほんブログ村さんに参加しております。
応援頂けると飛び上がって喜びます(^_^)

<a href=”http://money.blogmura.com/sedori/ranking.html” target=”_blank”><img src=”http://money.blogmura.com/sedori/img/sedori88_31.gif” width=”88″ height=”31″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ” /></a><br /><a href=”http://money.blogmura.com/sedori/ranking.html” target=”_blank”>にほんブログ村</a>

-------------------------------

 

 

 

輸入の人もセドリの人も、Amazonのリサーチに困ったら「逆引き」してみる

ちょっと息抜き

セドリの仕入額が予算額に達しましたので
ひたすらネットショップの商品ページの修正に取り組んでいます。
4月末にある方からいろいろアドバイスをいただきまして
じっくりと取り組んでいるところです。

SEO効果が上がってきているようでグーグルアナリティクスによるとアクセス数がアドバイスをいただく前の2~3倍に増えています。
実は注文も2件ありまして確かな手応えを感じているところです。
サイトの「ぱっと見」は一番酷いところだけ手直しして
商品ページに力を入れているところです。
この商品ページっていうのがなかなかつらい作業でして
つい、現実逃避して違うこと(セドリとか)をしたくなります。
もっともっと強い意志が必要ですね。
毎日、作業量にノルマを課そうとと思います。
とりあえず毎日5件!!

昨日も「ちょっと休憩」ということで
商品ページ作業の間に電脳せどりをしていましたら
出てくる、出てくる・・・
ついつい仕入れてしまっておりました。
しかし、コレはマズイです。
今月の仕入れ資金はもうありません。
うまく回転してくれないと資金ショートしてしまいます。
仕入れ中毒には気をつけたいと思います。

ちなみに、Amazonのリサーチってあなたはどうやっていますか?
Amazonのカテゴリーごとに前頭検査していますか?
ランキングやAmazon在庫切れとかでフィルターかけたり・・・
関連商品たどっていったり
ライバルセラーが扱っている商品をチェックしたり・・・
まあ、いろんなリサーチ方法、ノウハウがあると思います。
どれも間違いではありませんのでご自分に合った方法で頑張って欲しいと思います。

・・・・

・・・・とここで終わるとこのブログに来てくださった意味がありませんので
僕のリサーチ法の一つをご紹介しますね。
良かったら試してみてください。

僕が最近気に入っている方法は「逆引き」です。
僕が勝手に命名しました(^^ゞ

ほとんどのAmazonセラーはAmazonで売ることを意識しますので
Amazonのサイト内を起点にリサーチします。
僕の場合はこうです。
1 仕入れ先(仕入れを検討しているショップ・サイト)を決める。
2 商品(仕入れを検討する商品)を選ぶ。
3 Amazonで売れているか、利益が出るかをチェックする。
4 ランキングと利益額、利益率をすりあわせて仕入れ判断をする。

1の仕入れサイトは次のお店が多いです。
ヨドバシカメラ
HMV
タワーレコード
DMM
楽天ブックス
NTT-X
ソフマップ
ビックカメラ
楽天
ヤフーショッピング
だいたい以上です。
ヤフオクやメルカリは手間がかかるのと新品商品では質が悪いので扱いません。

ヨドバシ以外は必ずハピタスを経由しています。
これはもう、セドラーの間では当たり前ですね。
逆にハピタスを経由しなければライバルよりも仕入れコストが高いと言うことになりますので競争に勝てません。
いろんなセミナーに出て感じることは、儲かっている人ほど(扱う金額が多いので)1%の利益を追求しているっていうことです。
リスク(必要なお金など)はありませんのでまだ使っていない人はこのあとすぐに見に行ってみてください。
普段使っているお店が全部利用出来るはずです。
Amazonも1%以上のキャッシュバックがありますよ!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
「以上」と書いたのにはオマケ技があるからです。
興味のある方はメッセージをお願いします。

んで、どうやって逆引きするかというと・・・・
各ショップのトップページをじっくり読み込みます。
大手サイトはものすごくコマメに更新しています。
毎日見ていると「おっ、ここが変わったな」とすぐにわかるようになります。
たいてい、その商品こそがそのショップが売りたい商品です。
そして、たいていライバルよりも安いです。それを仕入れます。
あるいは、キャンペーンをやっていることも多いです。
数量限定セールなどもあります。
表紙だけチェックすればいいので時間はかかりません。

同じように、輸入の時もこの方法をやっています。
日本のAmazonではタイムセールっていうのがありますよね?!
これ、アメリカのAmazonでもあります。
http://www.amazon.com/gp/goldbox/ref=nav_cs_gb
毎日チェックして、輸入して儲かりそうなら仕入れます。
毎日日替わりでいくらでも出てきますのでそのうちお宝も出てきます。

輸入の人にもう一つ。
eBayやセカイモンのランキングを見てください。
セカイモンの方がわかりやすいのでセカイモンにしましょう。
一番下までスクロールすると
「人気検索キーワードランキング」っていうのがあります。
ここには個人輸入を検討している人が、今、欲しいと思っているヒントが満載されています。

以上のように「逆引き」してみると案外、ランキングが高く、ものすごく売れているのに
ライバルが少なくてけっこうな利益が出ている商品がたくさん見つかります。

・・・・というわけで僕はネットショップの商品ページ作業に戻りまする・・・(^_^)/~~

amazonのカートを獲る方法でみんなが気付いていないこと

最近、急にamazonのカートを獲れるようになってきました。

もちろん狙って獲りに行っています。

いままで考え違いをしていました。

あなたも僕と同じように誤解していませんでしょうか?

カートを獲る方法(都市伝説)

・最安値

・在庫多数

・FBA

・アカウントヘルスが良好

いかがですか?

これ、当たっているようで当たっていません。100点満点で50点です。

順番に見ていくと

・最安値

よ~く見てください。

必ずしも最安値がカートを獲っていますか?

違いますよね。

ですのでひたすら最安値を追うのは相場を崩すだけで意味がありません。

やめてくださいね。

・在庫多数

カートを獲っている人の在庫数を調べてください。

在庫1個だけという人がたくさんいます。

ですのでこれも必ずしも在庫をたくさん持つ必要はありません。

・FBA

少し前まではFBA(プライム対象)で無ければカートを獲れませんでした。

しかし、年が明けたくらいから「○○円+送料340円」とかの自家発送の人もバリバリカートを獲るようになりました。

・アカウントヘルスが良好

僕は同業者の嫌がらせで評価がボロボロの時期がありましたが

カートはガシガシ獲得出来ていました。関係無いと思います。

というわけでこれらの都市伝説は終了しています。

いまだにこれらを推奨している塾や情報商材があれば、その先生に教えてあげましょう。

※やたら高額塾や情報商材、コンサルを批判する文章が多いと言われてますが、

中にはまともな先生もいらっしゃいます。

プレーヤーで無くなった先生のノウハウは古いのでお金を取る価値が無いと思っているだけです。

ご理解ください。

では、お待たせしました。

有益なノウハウを出し惜しみしないのが当ブログのモットーですので

どーんと発表しますね。

その方法は「価格設定」にあります。

ど~~~ん

「価格を現在のカート価格と同じにする。」

ど~~~~ん

これだけです。

これで順番が回ってきます。

さらに、カート価格よりも高い価格を付けている場合に、

商品ページ右上の「こちらからも買えます。」

の2~3業者の中にいれば必ず順番が回ってきますので

それ以上価格を下げる必要はありません。

輸出の場合もたぶん同じだと思います。

今すぐ、試して見てくださいね。

ではお互い、この週末もガンガン稼いでいきましょう!!

Amazon、売り手のための公式アプリ『Amazon Sellers』をリリース

amazon-seller

先にアップル用が出ていましたが、アンドロイド用もリリースされましたね。

あんまり使い易くない・・・・。

一つだけいいところは、売上げの発生がいち早くわかるところです。

これまではamazonからメールが届いていますし、

調べるとすればFBA在庫の「入出荷作業中」のところを見れば発送の準備をしているんだなと

前もって知ることが出来ていました。

しかし、このアプリはもっともっと早いです。

他に使い道は無いような・・・。

Amazon依存からの脱出

いわゆるプラットフォームというのがありまして

ほとんどの人がこのプラットフォーム(ebay、Amazon、ヤフオク、バイマ、ヤフーショッピング、楽天)に依存しています。

しかし、この商売をやればやるほどプラットフォームの理不尽な対応に翻弄され続けることが嫌になります。

現在、これまでプラットフォームで稼ぎ続けてきた人のほとんどは

さっさとプラットフォームでの販売をやめて二通りの生き方へと分かれて行っています。

「Amazon無在庫で月商1千万!」とかで有名になった人ほど見切りを付けて脱出しています。

プラットフォーム後の生き方のひとつは

高額の情報商材を販売したりセミナーを開催していくという人。

副収入ゼロのひとを月に10万、20万稼げるようにするのはワリと簡単ですので

べつに悪徳商売だとか詐欺だというワケではありません。

しかし、そういった塾、セミナーで学んだ人も

売上げが100万、200万と増えていったときに比例して高まっていくプラットフォームリスクに耐えられなくなり

それ以上深入りするのが怖くなります。

情報商材やセミナーをする方も次第にライバルが増えてきていますので既に激戦のようです。

もう一つは独自のネットショップを目指す人。

僕もこちらです。

こちらにしても船原さんやユキさんのように既に情報発信をする側に回った人もいますが

彼らは現役です。ネットショップ運営を継続しています。

プラットフォームもネットショップも、実作業はとてもシンプルで

ノウハウなんてネットでいくらでも無料で手に入りますから

あとは実行力で成否が分かれるのだと思います。

プラットフォームでマインドブロックを打ち破れた人(成功経験のある人)は

ネットショップで何をすべきか判断出来ますので強いはずです。

僕の場合、プラットフォーム販売ではある程度満足出来るレベルにまで到達出来た感があります。

月商200万円、月間利益は30万円程度に終わりましたが、

売上げを500万、1千万とかに増やし、比例して利益を100万円にするのはイメージが出来ました。

しかし、Amazonに2週間で500万円預けておくのは怖すぎます。

Amazonのご機嫌ひとつで一ヶ月の売上げ1千万円の入金を3週間も先送りにされては人生が破綻します。

僕はこのストレスに耐えられませんでした。

他のAmazon仲間も「無在庫で売れた通知が届くたびにうれしいどころか胃が痛くなる」を口をそろえます。

特にAmazonでは国内セドリに比べて輸出入はアカウント閉鎖のリスクが格段に高いです。

Amazon輸出入である程度成功した人は、おそらくみんな同じ道をたどります。

ですので情報商材を売り出す人やネットショップに鞍替えする人も増える一方でしょう。

僕の好きなEIKINGさんはぶっ飛んでいますので無在庫輸出の月商がウン千万円だと思います。

しかし、いろんなことに取り組んでおられますよね。

収入の柱がAmazonだけでは長い人生を生き続けられません。

このブログにはじめて来られた方もAmazonでそこそこ稼げるようになったら

上に書いたようなリスクにも備えるようにしてくださいね。

塾の一つを退会しました。

無在庫輸入の塾と電脳セドリの塾と

8月から二つ入っていたのですが、

無在庫輸入の方を退会しました。

理由は、「もう一人でやっていけるから」です。

この塾はとても良かったです。

僕のマインドブロックを打破してくれました。

ネットビジネスはノウハウではなくてマインド次第なんだとわからせてくれました。

もう、今の僕にはマインドブロックはありません。

一ヶ月に何百万円も仕入れることにも心の抵抗はありません。

だって、成功している人はみんなやっていますから。

これから時間をかけてAmazon依存から脱却していきます。

国内セドリも結局はAmazon依存ではありますが、

利益率が高いので細々続けていきます。

Amazonの無在庫輸入は縮小していきます。

だって、利益率が低すぎるんですもの。

最終目的はやはりネットショップ、さらには実店舗だと思っています。

無在庫輸入・輸出は手っ取り早くて儲かりますが安定感がイマイチです。

プラットフォームに生活を賭けるのは避けなくてはなりません。

塾は退会しましたが、ものすごく自信がつきました。

ネットビジネスでは何をやっていけば良いのか分かりました。

とても有意義な会でした。

浮いた月謝でネットショップ構築のセミナーにでも行きたいと考えています。

販売方法ごとの特徴をまとめました。

僕はメインである無在庫欧米輸入以外にもいろいろやってるのですが
ここ数ヶ月でそれぞれの特徴について次のように感じています。
みなさんはいかがでしょうか?

中国輸入(FBA) 利益率3割~6割
国内セドリ 利益率2割
無在庫輸入 利益率5%~5割 平均1割
無在庫から有在庫に切り替え(FBA) 利益率2割
同じ商品をヤフオクで売れれば利益率はもっと上がります。

中国輸入は利益率は高いが商品価格が安いので
たくさん売れるヒット商品を見つける、
あるいは自分で作り上げなければ儲かりません。
たまに何百個も売れるヒット商品が出たりします。
仕入れ(輸入)に時間がかかるので
旬の季節を取り逃がしやすいです。

国内セドリは利益率はそこそこですし
家電製品など高額商品が多いので
1点あたりの利益は良いです。
amashowの過去データの再現性が高いため
安心して仕入れられます。
しかし、同じ商品を大量に仕入れられないので
リサーチと仕入れに手間がかかります。

無在庫輸入
やはりよく売れます。
高額商品も多く資金の回転がいいので
この方法がメインになっています。

無在庫からの有在庫化(FBA)
とてもよく売れます。
仕入れルートも安定しており
利益の柱に育つのはこの販売方法からです。
中国FBAと違ってライバルが現れにくいので
一つの商品で長く稼げます。

Amazon3% ebay2%割引で仕入れる方法

輸出の人には関係ありませんので申し訳ありません。m(._.)m

輸入の人は仕入れ先として海外ネットショップを利用されているでしょうが、

アメリカでネットショッピングするときにはキャッシュバックサイトやクーポンを使うのが一般的になっています。

これまで日本で一番のおなじみサイトがミスターリベイツでした。

しかし、ここ最近の一番人気はebates(イーベイツ)に取って代わられています。

http://www.ebates.com/rf.do?referrerid=DioJkRSiRBCcrGWZEV3mvQ%3D%3D&eeid=26471

先日、楽天が巨額を払って企業買収したことで一気に有名になりましたね。

実はこのebates、Amazonやebayもキャッシュバックされます。

日本Amazonで買い物する場合はamatenでクーポンコードを買って使うか

ハイリスクな自己アフィリエイトするぐらいしか割引の方法がありませんが

このイーベイツはAmazonで3%、ebayでも2%のキャッシュバックを受けられます。

ですのでアメリカではebatesを経由して買い物をするのが常識になっています。

amatenでクーポンコードを買うときは銀行振り込みですが、

ebatesは経由するだけですのでクレジットカードでお買い物が出来ます。

つまりクレジットカードのポイントやマイルも貯まるのです。

輸入の人でまだ使っていない人は使わないともったいないです。

貯まったキャッシュバックはペイパル口座に振り込まれます。便利ですね。

アカウントを作るのは無料ですのでこの記事を読み終わったらすぐに登録しましょう。

http://www.ebates.com/rf.do?referrerid=DioJkRSiRBCcrGWZEV3mvQ%3D%3D&eeid=26471

使い方が分からなかったら気軽にご質問くださいね。

無在庫輸入もけっこういけそうな予感

8月の中旬からAmazonの無在庫出品数を増やし始め

現在5500点くらいになりました。

輸出のときは60万点とか無茶苦茶して失敗しましたが

今回(輸入)では節度をもって登録しています(笑)

9月に入った頃から売れ始め、

昨日は結局、注文6点で10万円ほどの売上となりました。

利益も2万円近くありました。

本日も4件8点で14万円ほどの売上です。

やはり2万円を超える利益が出ています。

急にペースが上がったので戸惑っています。

この分ですと、とりあえずの目標利益30万円は案外すぐに達成できるかもしれません。

あくまで目標は月間利益100万円もこのペースなら大きく超えそうです。

慎重かつ大胆にせめていきたいです。

しかし、いまさらながら無在庫は先に売上がたつので気が楽ですね。

無在庫だけでもいいんじゃないか?という気になります。

とはいえ、FBAやヤフオクなど利益率のいい販売方法は堅実です。

データ分析により「いつまでにいくらで売れる」という予測の精度がとても高いので

良い商品を見つけられれば積極的に仕入れています。

こちらでも毎日数千円程度の利益を確保しています。

無在庫はほとんどリサーチに時間がかかりませんので

利益率の高い中国輸入や国内セドリに時間を割いています。

無在庫の利益率は10%程度?

無在庫商品数5千点を超えた当たりから
少しずつ注文が入っていますが、
いまのところ利益率は10%~20%というところです。
やはり無在庫は利益率が低いですね。

ここからこの利益率を安定して20%程度に引き上げていくためには
① 「仕入先の開拓・交渉」
② 「数量増による割引運賃」
③ 「付加価値(FBA=プライム)をつけて高く売る」
の三つが重要になってくるのだろうと思います。

第4の選択としては
④「オマケやセット販売で独自の商品ページを作って販売する」
なども考えています。

③は簡単で、既に始めていますが、①②④は手付かずです。

アメリカにも価格コムのようなサイトがあればいいのですが、
商品ごとに比較できるサイトをまだ知りません。
どなたか使い勝手の良い比較サイトをご存知でしたらお願いします。

Amazon.comですが、商品によっては日本へ直送してくれることもありますよね。
運賃も案外安かったりします。
MYUS経由よりも断然速いこともあり、たまに自宅へ直送してもらっています。