Yahoo ショッピング

楽天経済圏とヤフー経済圏、せどりに必要な2大経済圏とは?

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
リサーチが苦手な方向けにツールと
せどり教材を配布中です。
◆楽天ツール
◆ASIN収集ツール
◆Amazon刈り取りマニュアル
の3点セットです。 
https://frontier-asp.com/lp/8nd/3tbh
 
 
 
思うところありまして、楽天モバイル(格安SIMの方)で
スマートフォンを購入しました。
今度はAndroidのGalaxyA7という6インチモデルです。
当然ながら・・・使いこなせません(笑)
 
 
 
こんなことなら「簡単スマホ」にすれば良かったと
少し(けっこう)後悔しているところです。
 
 
 
さらに、ソフトバンクの契約をワイモバイルに変更します。
これは単に、3大キャリアのバカ高い通信料が
無駄に感じるようになったからです。
節約ですね。
 
 
 
楽天とソフトバンク系のワイモバイルを使い続けることには理由があります。
 
 
 
私は相変わらず電脳せどり、
つまり、ネットショッピングで転売の仕入れを行っています。
ここで件名の「経済圏」という考え方が重要になってくるのです。
 
 
 
まずはヤフー経済圏から。
 
 
 
Yahoo!ショッピングでお買い物をする際、
様々な条件をクリアしていくと
どんどん割引率やポイント還元率が大きくなっていきます。
実質の仕入額を安くしていくことが出来ます。
 
 
 
Yahoo!ショッピングの公式サイト(ポイント)
https://topics.shopping.yahoo.co.jp/promotion/nurture/point/
 
 
 
ご存じのようにヤフーは
先日、ZOZOを買収しましたが
今度はLINEと統合すると報道されています。
これらの目的はヤフー経済圏の拡大です。
ユーザーの囲い込みです。
 
 
 
近いうちに
ヤフーグループ、ZOZO、LINEで共通に使える
電子マネーやポイントが出現することでしょう。
(現在はPayPayとLINEPay)
 
 
 
現在、ヤフーグループはPayPayなどの利用者を増やそうと
とても積極的にポイント還元を行ってます。
また、ショップでも期間限定で特別値引きをしている日がありますので
こういったチャンスをうまく活かせばものすごく安く仕入れることが出来ます。
 
 

先日はこんなことがありました。
Yahoo!ショッピングでは通常価格4180円の商品です。
ちなみにAmazonでは3300円~3400円。
メルカリでは3200円~3500円が相場になっています。
 
 
 
この商品を10個購入しました。 
 
通常価格4180円を10個購入。 
商品の合計金額 : 35,530円
送料 : 0円
合計金額 : ※ 35,530円
※ ストアクーポンの割引が適用されています。
  
 
ここからポイントが還元されます。
 
 
 
ボーナス等の内訳
PayPayボーナスライト 8,750円相当
 (内訳)
 Yahoo!プレミアム会員ならいつでも+4%相当戻ってくる! 1,400円相当
 ソフトバンクスマホユーザーなら+5%相当戻ってくる! 1,750円相当
 いまトク!ストアキャンペーン+6%【掲載ストア限定】 2,100円相当
 いい買物の日 倍!倍!ストア 誰でも+10%【対象ストア限定】(11/9) 3,500円相当
Tポイント 5,250ポイント
 (内訳)ストアポイント 5,250ポイント

ポイント合計14000円分 
実質支払額は 21530円ということで
仕入れ単価は2153円ということになります。
  
 
 
この仕入れ単価なら
Amazonで売ってもヤフオクで売っても
メルカリで売っても利益を出せます。
(私は主に海外へ転売しています。)
 
 
 
このように大きな割引やポイント還元を得るには
ヤフーグループが指定する様々なサービスに加入したり
定期的に開催されるキャンペーンに参加しておくことが必要になります。
 
 
 
楽天経済圏も同じです。
  
 
 
楽天ポイントをたくさん貰おうとすれば
次のようなサービスを利用することが前提になっています。
・楽天市場
・楽天銀行
・楽天プレミアムカード
・楽天証券
・楽天トラベル
・楽天ブックス
・楽天モバイル
などなど
 
 
 
利用しているサービスが増えるほど
楽天市場での仕入れコストを下げることが出来ます。
 
さらに、楽天DEALや
11月19日から26日まで開催されるお買い物マラソンなど
随時行われるキャンペーンを利用すれば
劇的に安く買うことが出来ます。
 
 
 
こういった「経済圏」をうまく使えるかどうかが
ライバルよりも安く仕入れてたくさん売るための
大きな武器になります。
 
 
 
送料についても触れておきますね。
 
 
 
Yahoo!ショッピングと楽天市場を仕入れ先と考えた場合
ネックになっていたのは「送料」でした。
送料無料で翌日に届くAmazonプライムと比較して
ほとんどのショップで発生する送料がどうしても邪魔だったのです。
 
 
  
商品単価はAmazonよりも安いのに
送料を含めた総支払額では
Yahoo!ショッピングや楽天市場の方が高くなる。
まとめ買いをしても送料が無料にならないショップが多い。
このあたりがネックになっていました。
 
 
 
こちらも報道で話題になっていますが
楽天市場は一律3,980円以上の買い物で送料無料になるそうです。
公正取引委員会などが調査を始めていますが
消費者にとっては「待ってました!」と大よろこびです。
https://ecnomikata.com/ecnews/23296/
  
 
 
楽天市場がAmazonをライバル視しているのは間違いありませんので
送料無料は三木谷社長の悲願だったと考えられます。
 
 
 
しかし、孫さんも黙ってはいないことでしょう。
もし、楽天市場のやり方が公正取引委員会に規制されなければ
Yahoo!ショッピング出品者にも同じことを要求するかもしれません。
 
 
 
Amazonも同じですね。 
FBAサービスを利用していないセラーに対し
送料込みの販売価格を提示するよう求めるかもしれません。
 
 
 
ヨドバシカメラは100円や200円の商品でも送料は無料ですので
私達にとっては「どんどん競争してくれ!」というところですね。
(ショップさん、セラーさんにとっては死活問題でしょうが)
 
 
 
そのうち、楽天グループやソフトバンクグループが
佐川急便を買収!なんていうニュースが飛び込んでくるかもしれませんね。
佐川急便の本日の時価総額は868,375百万円(8383億円)ですから
支配しようと思えば数千億円もあれば出来るはずですからね。

稼げる予感しかしない・・・。Twitterとヤフーショッピングとebay始動です。

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
今更ですが、最近、Twitterにハマっています(笑)
まだツブヤキ方や拡散の仕方がわかりませんので
読むだけです。いわゆるROM専です(死語か?)
 
 
 
読んでいるととても素敵な言葉に巡り会えたり
「う~む」と唸らせられたりと
なかなか面白くて・・・。
世の中にはいろんな個性あふれる方がいっぱいです。
 
 
 
今日、とても気に入ったのはこんなツブヤキでした。
 
 
 
私は本当は100歳のおばあちゃんなんだけど
ある日目が覚めたら体がアラサーまで若返っていて
すでに死んでいたはずの夫も横で元気にしていて
やりたいことなんてきっとなんでもできるし夫はかわいいし最高だな…
というマインドで日々を生きているので無敵
@sayoifuku
 
 
 
実は何を隠そう、私も本当は100歳なんです。(ウソ)
でも、神様からのプレゼントで
ある日、目が覚めたら52歳でした。
(どうせならもう少し若くして欲しかったが・・・)
 
 
 
100歳でもそれはそれで素敵な毎日なのでしょうが、
52歳の今なら100歳では出来ないことにも
チャレンジ出来ますよね。
グダグダしていたらもったいないです。
  
 
 
このツイートに巡り会えただけで
毎日を大切に、目標に向かって頑張れる気がしました。
 
 
 
じつはこのツイートは
大リーガーのダルビッシュ選手がオリジナルだそうです。
 
 
 
ダルビッシュ選手は
「トレーニングをろくにしないせいで大した選手になれず40代を迎え、
そのことを激しく後悔し、神様にお願いして20歳若返らせてもらった」
っていう設定で20歳からは生きてるらしい。
一日一日を大事にするための想像力もすごい…
@hagashoichi
 
 
 
ということだそうです。
お互い、「今」を大切に生きたいですね。
 
 
 
さて、
今月に入って2つのことに「再」挑戦しています。
 
 
 
一つはヤフーショッピング。
これまで「ライトプラン」でお茶を濁してきましたが
本格的に「プロフェッショナルプラン」を申請しました。
アパレルを売っていきます。
 
 
 
現在、審査の結果待ちです。
最近、ヤフショも審査が厳しくなってきたようで
かなりの確率で落とされます。
少し不安な毎日を過ごしているところです。
 
 
 
なぜヤフショ?かといいますと
Amazon在庫と連動させて
販路を拡大させることが目的です。
もちろん、Amazonよりも高く売ります。
 
 
 
この戦略については審査に合格してから
随時、お話してまいります。
一緒に励まし合うヤフショ仲間を募るかもしれません。
良かったら一緒に始めましょう。
 
 
 
もう一つはebay輸出です。
 

  
日本政策金融公庫さんとの面談で
「これからは輸出に力を入れていきますっ!」
と大風呂敷を広げましたので
有言実行です。
 
 
 
今は転売者がAmazonに集中していますので
ebayはヤフオク並に稼ぎやすいとみています。
 
 
 
私達が毎日愛用している「フエール」にも
ebay関連の有料級ノウハウがゴロゴロ転がっています。
 
 
 
出し惜しみして2つだけご紹介しますね。(笑)
 
 
 
まず、メルカリでマドンナ関連商品を300円で買って
ebayでウン万円でURって儲ける方法。

 
 
 
昨日、早速、メルカリでリサーチしましたが、
ここまで日米の価格差があるとは・・・
しかもマドンナの中古品ですから
二束三文で売られています。
メルカリはebay転売屋にとって宝の山ですね。
 
 
 
こちらはAmazonで値崩れしたお菓子などを
ebayで売りまくる方法です。

 
 
 
これまたAmazonの公式ページを
少し見てまわっただけですが
それでも笑いが止まらないくらい儲かる商品が見つかります。
Amazonの値下げ合戦がありがたくさえ感じてしまいます。 
 
 
 
もっといいますと
私達がいつも買い物をしているスーパーで
いくらでも仕入れられます。
売れてから仕入れに行けば十分です。
 
 
 
会社帰りに仕入れてもいいですし
自分で仕入れに行かなくても
奥さんに「買い物のついでにコレを買っておいて~」
と頼んでおけばいいのです。
 
 
 
このレベルでebay輸出が出来るとなれば
販路拡大をもくろむ私達にとって朗報ですね。
 
 
 
輸出は「消費税の還付」や
EMSの数量割引など
規模を大きくすればするほど
利益を出しやすくなるビジネスです。
 
 
 
というわけで、
今日はヤフーショッピングとebay輸出へのお誘いでした。
  
 
 
追伸:
もう一つ、とても印象深いツイートがありました。
 
 
 
小学校→個性は認めない
中学校→個性は認めない
高校→個性は認めない
大学→個性的な人かっこいい
就活→あなたの個性を見せて
社会人→個性は認めない
@shinjukushake
 
 
 
うむむむむ・・・。考えさせられますね~。
どう思われます? 

ヤフーショッピング 複雑版

ヤフーショッピングの出店でライト版から複雑版に切り替えたのですが、

全く売れていませんでした。

ふと気になっていろいろ設定を見ていると

いろんな通知メールの受信アドレスを間違っていました。

といいますのも、受信アドレスにフリーメールを指定できないので

滅多に使わない独自ドメインのメールアドレスを仮入力していたからです。

よく見ると9日に2個売れていました。(^^ゞ

メールアドレスについては自動的に受信メールをいつも使っているヤフーのメールに転送するよう設定しておきました。

ヤフーショッピングの複雑版ではかなりの機能が利用できます。

サンキューメール、出荷通知メール、評価お願いメールなど

また、請求書や納品書も印刷できます。

アクセス解析も秀逸です。

いろんなプロモーションもガンガンやってくれますし、

売れるための様々なアドバイスをもらえます。

アフィリエイト経由で売れたことも分かります。

これだけの機能がそろっていて無料というのは夢のようです。

とはいえ、まだ使いこなせていない機能も多いです。

もっともっとマニュアルを読み込んで使いこなしたいです。

今日は

AmazonFBAが5個 利益3000円

Amazon自宅発送が2個 利益3700円

ヤフーショッピングが2個 利益2800円

といろんな売り方が出来ました。

それぞれの商品種類が増えて、ヤフオクも売れ始めると安定感が増し、

僕の心の安定感も増すのですが(笑)

祝オープン!!Yahoo!ショッピング 

ヤフーショッピングから連絡が届きまして、

無事に開店いたしました\(^o^)/

しかし、自分のサイトを見てみるとこの世のモノとは思えないくらい殺風景(笑)

だれがこんなインチキくさいお店で買い物をするのでしょうか?

僕ならこのお店ではお買い物したくありませんね。

まず、表紙のページが全然ダメ。

ネットショップの体をなしておりません。

お客様を商品に導く導線が全然なっていません。

商品数を増やしていくことも大切ですが、

さ~~て、どうやって見栄えを良くしていったら良いのでしょうか?

デザインを外注すべきでしょうか?

今のところSTORESJP以下ですね。

それと、僕の売れ筋キラーアイテムをたくさんのライバル店が扱っていることが判明し、

ショックを受けています。(僕が最安値だけど)

ヤフーショッピングでの成功はなかなか簡単では無い予感がします。

Yahoo!ショッピング 開店審査

審査中

 

Yahoo!ショッピングの一通りの構築が終了しまして

昨日、申請を出しておりました。

すると、「開店前審査室」というような部署から不備を2カ所指摘してくださいました。

コンビニ支払い時の手数料に関する記述と

ペイジー支払時の手数料に関する記述です。

Yahoo!ショッピングには実に多種多様な支払い法ほうが用意されています。

銀行振り込みや代引き、クレジットカードでの支払いはもちろん、

最近人気のあるコンビニ支払いも完備しています。

ペイジーというのはよく分からないのですが、

これも最近普及が進んでいる決済方法だそうです。

僕の場合は代引き手数料意外はすべて僕が負担するようにしています。

商品代金が300円高くても気にしませんが、支払手数料が300円かかるのは我慢できない!!っていう気持ち、ありませんか?

僕は支払手数料と送料を払うのがものすごく馬鹿馬鹿しく感じるタチなのです。

ですので将来的には送料も手数料も僕が負担したいと思っています。

代引きだけ有料にしているのは、

今のところ佐川急便のシステムが使えませんので、郵便局の窓口まで行く必要があるからです。

仕組みがすべて整えばこれも僕が負担して買い手のストレスを限りなくゼロにしていこうと思います。

とはいえ、今でも注文10件に1件か2件は代引きですが・・・。

最近よく売れているサプリメントはそこそこの年齢の人が注文しているのか、代引きが人気です。

手数料を支払ってでも代引きが良いんだそうです。

・・・というか、クレジットカードの番号をネットに打ち込むのに抵抗がある人って多いのでしょうか?

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
いつもクリック応援をありがとうございます。

Yahoo!ショッピングとりあえず完成

設定にかなり手こずっていたヤフーショッピングの複雑バージョンですが、

ようやく開店申請までこぎ着けました。

特定商取引法やらプライバシーポリシーやら・・・

設定することがてんこ盛りでした。

普段読み飛ばしているネットショップも

こういった設定を乗り越えて出店されてたんですね。尊敬です。

入力内容をヤフーが審査して、問題なければめでたくオープンとなります。

商品登録はまだ10点足らずですし、お店の見栄えもかなりお粗末です。

それでも売れそうな予感がします(^^ゞ

とにかく1000点出品を目標にがんばりまっす!!

ヤフーショッピングの使い勝手(感想)

昨日、一つ売れたヤフーショッピングについて

現在の感想を書かせていただきます。

amazonでの販売と比較してみます。

売れた後の処理についてです。

売れた直後にメールで「売れたよ」とお知らせが来るのは同じです。

メールを確認したら販売ページに行きます。

amazonで言うセラーセントラルのような管理画面です。

二つ、違和感を覚えたことがあります。

まず、納品書を印刷する機能がありません。

納品書は自分で作るか、いっそのこと納品書を同梱しないことになります。

納品書が入っていないと購入者も戸惑うのではないでしょうか?

二つ目。

僕は郵パックで発送しているのですが、発送通知ボタンに送り状の番号を入力する昨日がありません。

購入者は「発送はされたようだけど、いつどこの業者が持ってくるのかな?しばらく留守に出来なくて不便だな」ということになります。

購入者のメールアドレスや電話番号はわかるので

僕の場合はメールでサンキューメール&発送通知として送り状番号を案内しました。

これはヤフーショッピングのシステムを使うのではなく、自分のメールアドレスから直接送ります。

このあたりはamazonと比べて面倒ですね。

ただ、商売人にとって購入者のメールアドレスは財産に当たるそうです。

リピーターになっていただく努力が出来るからだそうです。

サンキュー&発送通知のメールはテンプレートを作成しましたので使い回しが簡単です。

今後はこれまでやったことの無い「顧客リストの作成&活用」を勉強したいです。

今回の商品は消耗品ですのでリピートが見込まれます。

リピートしてもらうときにヤフーショッピングを通さず直接注文していただければ大幅なコストダウンになりますね。

リピーター用のサービスクーポン券やお友達紹介クーポン券を同梱するなどして直接取引を増やしたいです。

このあたりはリアル店舗の戦法を真似しようと思います。

なんだか楽しいですね。

ネットショッピング運営のノウハウを勉強中

ヤフーショッピングの出店形式を簡単形式(ライト出店)から複雑形式(プロフェッショナル出店)に切り替えました。

この二つの違いはこちらに詳しく書かれています。

切り替えといいましてもそのまま移行できるわけではなくて、
複雑形式の方式に申込からやり直しになります。

複雑形式は多機能ですが、それなりにやるべきことが多く複雑ですので
途中で挫折するかもしれません。

簡単形式のほうはそのまま残しておこうと思います。

ネットショッピングのノウハウを学ぼうと評判の良い情報商材を物色したりしています。

有名なのところでは船原さんのマネートラップがありますが、
発売からかなり時間がたっていることと
内容を漏れ聞くところではカラーミーショップでネットショップを作って
PPC広告を打って集客するということらしいので
誰かのブログを読むだけでもマネが出来そうです。
もちろん、ノウハウが詰まっていると思いますので6万円は安いと感じています。

その船原さんのメルマガでタイミングよくネットショップ運営スクールの広告が出ていましたので、その広告サイトをじっくり読んでみました。

内容はとてもいいと思いますが、返金保証付で198,000円は高すぎるのでやめました。
どうせならスクール代金は無料にして、売上の0.1%を払い続ける・・・とかのほうが嬉しいのですが無理でしょうね。

ネットショップは集客をPPC広告に頼るのが一般的です。
ですので開店してからも費用がかかります。

というわけで当面は自力でやってみます。
せっかくなのでヤフーショッピングのカスタマーサービスを使い倒してやろうと思います。

Yahoo ショッピング 開店しました!!

Yahooショッピングのネットショップが開店しました。

なんとまあ殺風景なお店でしょう。

売れる気がしません。(^^ゞ

今回は完全無料の「ライトコース」を選択しているのですが、

これだけ殺風景だと有料コースにする気がしません。

支払い方法はクレジットカードだけです。

このクレジットカード手数料の3.7%がYahoo側の儲けです。

しかもオーケー草間が使えるカードはVISAとMasterだけというお粗末さです。

代引きも銀行振り込みも使えません。

Amazonと違っておもしろいな!と思うのはアフィリエイト設定とポイント還元率の自由設定です。

どちらもデフォルトでは1%になっています。

つまり、1万円の商品が売れると

クレジットカード手数料が3.7%

お客様へのポイント還元が1%

アフィリエイターへ1%

さらにそのアフィリエイターへの手数料の30%がヤフーに吸い取られます。

クレジットカード手数料370円

お客様へポイント100円

アフィリエイターへ100円

ヤフーへ30円

合計手数料は500円つまり5%です。

これはAmazonの15%よりも断然安いです。

せっかく安いYahooショッピングの手数料ですが

僕はアフィリエイターへの手数料を15%にしてみました。

僕はもとアフィリエイターですのでアフィリエイターの威力をよく知っています。

この15%というのはアフィリエイターにとって十分に魅力的な数字です。

商品単価が8千円から2万円ですので1個売れると1200円から3000円も儲かります。

これは僕の儲けよりも大きいです。がんばって売って欲しい物です。

合計の販売手数料は19%ですね。

これで売れるのならありがたいものです。

手数料を見越して販売単価をAmazonよりも大幅に高く設定しています。

僕はネットショップではリスティング広告やアフィリエイトを使って売ろうと考えていますので

手数料には力を入れています。

15%は高すぎるかもしれませんが、1円でも利益が出ればそれでいいと思います。

売れなければ話は始まりませんから。

今のところ商品数はわずか6点です。

今月中に50点。最大で1000点ぐらいには持って行きたいところです。

Yahooショッピング準備中

Yahooショッピングの開店に向けて準備中です。

体裁を整えて商品登録などをしているところです。

出品画面はかなり使いやすい物です。

僕はstores.jpも使っていますが、それよりも数段使い勝手が良いです。

stores.jpはseoに全く取り組んでいないようで全く売れません。

Yahooショッピングもそうかもしれません。

売れなければYahooには一銭も入ってきませんのでリソースの無駄です。

楽天並みに集客に力を入れていただきたいと期待しています。

今回はとりあえず無料プランです。

Amazonで反応の良かったものだけを販売しています。

Amazonの販売手数料15%に対しYahooは5%と良心的です。

ですのでAmazonよりも価格設定を安く出来ます。

孫正義社長のやることですからいずれ手数料を上げてくるかもしれませんが。

同じ商品にたくさんの出品者が群がるAmazonと違って

ネットショップですから商品説明一つとっても個性を出せます。

手間はかかりますが、これはこれでなかなか楽しいです。