ネットショッピング

なぜあなたはAmazonせどりにストレスを感じているのか?ではどうすればそのストレスから解放されるのか?というお話

こんにちは ワガハイです。
 
 

昨日、 
独自ネットショップについて
少しだけご説明いたしましたが
思いの外、たくさんの方が興味を持ってくださいました。
やはり「Amazon依存」の恐怖は
あなたも気になっているところなのでしょう。
 
 
 
私はここ3年くらい、
ネットビジネスの最終目標は
独自ネットショップの構築です。
・・・と書き続けてきました。
 
 
 
とはいえ、あなたには
最初にそのデメリットについて
しっかりと理解しておいて
欲しいと思います。
 
 
 
ネットショップというのは
1つの「お店」です。
実際の店舗を作って運営するのと
まったく同じことをやっていきます。
 
 
  
ネットショップ構築の流れは
次のようなものになります。
 
 
 
「商材を決める。」
「お店の屋号を決める。」
「お店を出すサーバーをレンタルする。」
「出店する。」
 
 
 
どれもあなたがこれまで
やったことの無いことばかりです。
 
 
 
しかし、カラーミーショップや
STORE’Sなど
既にシステムが出来ていまして
気軽に利用出来ます。
難しい知識は不要です。
 
 
 
店舗が出来たら
次は
「商品を出品する」
つまり商品ページを作ります。
 
 
 
Amazonですと
自分で商品ページを作らなくても
既に存在するページに相乗りするだけです。
 
 
 
しかし、自分で商品ページを作るためには
・商品名
・商品の説明文
・商品の写真
:商品価格
などを決めたり作ったりする必要があります。
 
 
 
必要がある、と書きましたが
これは他の誰でも無い、
あなた自身がやらなければなりません。
 
 
 
もちろん、あなたが
他の誰かに指示・命令をしても良いのですが
当然ながらお金がかかります。
 
 

 
また、自分がやったことの無い作業を
他人に指示命令を出来るはずがありませんので
高額でプロに依頼するか
先に自分で経験して覚えるしかありません。
 
 
 
商品ページがいくつかできて
品揃えが充実し
お店のサイトが賑やかになってきても
まだまだあなたの商品は
全く売れません。
 
 
 
SEOと言いまして
あなたのお店がGoogleやYahoo!で
上位表示されなければ
誰もあなたのお店の存在に気づかないからです。
 
 
 
ですので
あなたのお店で商品が売れ始めるのは
順調に作業を続けられても
数ヶ月後からになります。
 

 
売れたあともお客様へのフォローがたいへんです。
アパレルであれば返品も多いです。
・サイズが合わない。
・思っていた色では無かった。
・肌触りが気に入らない。
 
 
 
もちろん、返品、交換を受付ないという選択も
店主であるあなたの自由なのですが
今時、それではまったく売れません。
 
 
 
消費者がネットで気軽にお買い物が出来るのは
「どんな理由でも返品できる」
という安心感、リスクのなさが理由です。
 
 
 
売れた時には商品にお礼状を入れて
リピーターになっていただく努力をします。
 
 
 
定期的にセール情報を送ったり
お客様の誕生日には
プレゼントとして自店の商品券を贈るなど
とことんライフバリューを追求します。
 
 
 
商品に対する質問も多いです。
無在庫販売も出来ますが
実際に商品を見たことが無ければ
まともに返事が出来ません。
 
 
 
などなど、
とにかく、手間がかかるのです。
AmazonのFBA販売が
どれだけ楽ちんなのか
よくおわかりになると思います。
 
 
 
しかし、それでも私が
物販の最終形態として
独自ネットショップの構築を目指すのは
その楽しさと安定感からです。
 
 
 
独自ネットショップを運営すると
お客様との交流が生まれます。
 
 
 
「お客様の声」などをお願いして
商品やお店の感想をいただき、
ショップのサイトに掲載したり
私から購入してくださった服を着ている
写真を送って貰えることもあります。
 
 
 
「彼氏へのプレゼントなので
かっこいい包装紙でお願いします。」
「母の日のプレゼントなんです。」
「3年間貯金してやっと念願のダッフルコートを注文出来ます」
 
 
 
いろんなドラマに立ち会えます。
 
 
 
セレクトショップというのでしょうか。
自分で探して仕入れた商品を
お客様が気に入っていただける。
とても嬉しいことなんです。
 
 
 
Amazonではなかなかお客様のことをイメージ出来ません。
 
 
 
おそらくあなたも
お客様への気配りよりも
Amazonの機嫌を損ねることの方が
恐いと思っているはずです。
 
 
 
Amazonの顔色ばかりうかがって
肝心の真のお客様のことなんか
まったくアタマに無いはずです。
 
 
 
Amazonではあなたのリピーター客なんてあり得ません。
わざわざあなたの出品商品を探して
購入してくれるような人はいません。
 
 
 
独自ショップの運営は
手間がかかるけれど
とてもやりがいのある仕事です。
 
 
 
しかし、よく考えてみてください。
世の中にある、
全ての実店舗は同じ行程を経て今の姿があります。
 
 
 
店作り
商品の仕入・販売
お店の維持・管理
顧客のメンテナンス
宣伝・広告
 
 
 
Amazonの方が特殊なのです。
誰でも簡単に参加出来るから
あなたの周りにはライバルがあふれかえっているのです。
 
 
 
手間がかかるし
自分のサイトを目立たせる方法なんて
まったくわからない、
自分には無理だ・・・。
 
 
 
そう思ってチャレンジしない人ばかりですので
Amazonにばかりライバルが集中して
全員が儲からない場所になっています。
 
 
 
あなたは副業という収入を確保することで
会社へのストレスがいくらか軽減しましたよね。

 

販路も同じです。
あなたにはAmazonしかないから
Amazonに恐怖を感じているのです。
 
 
 
セラーセントラルからメールが届く度に
心臓が凍り付きそうになるのです。
 
 
 
ネットショップ構築・運営は
やるべきことがたくさんあって
それも未体験のことばかりで
とてもたいへんに感じることでしょう。 
 

しかし、今は
そう、たいへんなことでもないんですよ。
 
 
 
すでに、
素人でも、パソコン知識が無くても
少しの努力で成功出来るノウハウが
ちゃんと構築されています。
 
 
 
お店のつくりかたも
商品の選び方も
お客様の集め方も
リピーターになってもらう方法も 
 
 
 
じつはちゃ~んと完成しています。
まるで階段を上がるように
きちんとゴールにたどり着ける方法が
確立されています。

 
 
この私も実践したその方法です。
私の信条にもなっている
「お客様に喜んでいただけて自分も儲かる」
という素晴らしい世界が待っていました。 
  

あなたがずっと探していたものは
じつはこういう場所だったのかもしれません。 
 
 
 
ぜひその素晴らしい世界を
こちらの無料動画でご確認ください。
→  
 
 

Amazonの下請け状態から抜け出して
お客様に喜んでもらえて
自分の生活も充実させることが出来るビジネス。
 
  
 
それなりに努力は必要ですが
やるだけの価値のある世界です。 
構築した後はストレスの無い
理想的なビジネスだと理解できるはずです。。

ネットショップ 海外送金とライバル出現

ネットショップでごく稀に注文があります。
今月はまだ2件です。

ネットショップに注文が入った場合の流れは次のようになります。
1 注文が入る
2 仕入れ先(=海外ネットショップ)のサイト上で在庫確認
3 お客様に「在庫を確保したのでPaypalで払ってください」のメッセージ送信
4 入金確認
5 仕入れ先に発注(=ネットショッピング)
6 自宅に届いたら検品してお客様に発送

簡単に書きますと上のようなことになります。
もちろん、途中でお客様に何度かメッセージを送って安心して貰います。
お客様が支払い方法をPaypalではなく銀行振込を選択された場合は銀行口座をお伝えしてお振込を待ちます。

ところが今回はトラブル発生です。

今月最初の注文分が在庫切れとのこと。
「ごめ~~ん。サイト上では在庫有りになってたけど、調べて見ると在庫切れだったよ
お金は返すからね~」
という冷たいメールが・・・・
実はここ、そのブランドの本社なのです。

ネットショップなのでAmazonやヤフオクと違ってキャンセルは簡単です。
アカウントにも悪影響はありません。

しかし、これも経験だと思って他の仕入れ先を調べました。
某ヨーロッパのメーカーなのですがそのブランドを扱っているお店はその某国ぐらいしかありません。
ちなみに英語の国ではありません。

なんとか同じ商品を扱っているお店をいくつか発見。
しかし、どのお店もEU圏内にしか発送してくれません。
片っ端からメッセージを送ってみました。
「オラ、日本なんだけど送ってくんろ~」
2件だけ返事がきました。
途中で1店は音信が途絶え、望みは最後の1店だけです。

「在庫あるよ~。日本まで送るよ~」とのこと。
しかも送料はそのブランド本社よりも安い!!

飛び上がって喜び、早速注文・・・・・出来ません。
ネットショップなので購入者(届け先=僕の自宅)を入力するのですが、
国名を選ぶプルダウンメニューに「Japan」が無いのです。
EU諸国しか選べません(^^ゞ

「ああ、そうか。EU以外の人が注文してくるなんて想定してなかったんだもん!」
「Paypalで請求してよ!」
「Paypal持ってないよ」(ヨーロッパではまだまだ普及していない)

ということで銀行振込になりました。

過去、何度か海外送金したことがあるのですが
めんどくさい上に手数料がバカ高い・・・。
楽天銀行が750円と最安値のようですが、やり方がわからないのでゆうちょ銀行へ行きました。
受付のおねえさんとアレコレ悩みながらなんとか手続き終了。
ゆうちょ銀行での送金手数料は2500円でしたが
途中、経由する銀行でも手数料が発生するとのこと。
それはいくらになるかわからないとのことでした。
結果的に売り手側には入金額が不足すると思うのですが、商品を送ってくれるのでしょうか?
メールで「手数料が発生したらちゃんと払うから言ってね!!」と送っておきました。

日本からヨーロッパへは送金に4~5日かかるそうです。
早く発送して欲しいンですけどね~。

ちなみにユーロの為替相場は1ユーロ=137.64円にっていました。
ヤフーファイナンスでは136.75円ですから1円弱ですね。
コレは良心的ですね。
たぶん民間銀行なら2~3円は上乗せされるでしょう。

それと、昨日気付いたのですが
僕が扱っているブランドにライバルが現れました。
たぶん同じモリ塾の生徒です。
生徒同士でつぶし合いになるとは・・・。
ちなみに今のところ相手のお店の方が断然素晴らしいです。
商品数、サイトの構成、完成度・・・プロが作ったようなショップです。
それに比べると僕のサイトは素人サイト・・・_| ̄|○
SEOも強いようで僕のサイトよりも上位表示されているページも多いです。

しかし、これで燃えてきました。
ライバルはつぶし合うためにあるのではなく
お互いに高め合うことが出来ます。(相手はどう思っているか知りませんが)

同じようなサイト構成、商品構成、写真も同じ(同じサイトからパクっているから)です。
お客様がみたら関係会社かと思うくらい。
商品価格は僕の方がかなり安いです。
ライバルはおそらく気が遠くなるような、膨大な作業量をこなして現在のショップを作ったのだと思います。
コストもかかっているようです。(プロによるバナー作成とか商品登録の外注とか)
おそらく僕と同じ価格では利益が出ないと思います。
申し訳ないなあ(うっしっし・・・)

ゴールデンウィークは売れませんね~

ゴールデンウィーク中はめちゃくちゃ売れ行きが悪かったです。
セラー仲間の間でも「全然売れませ~ん」と投げやりな会話が続いています。
明日からの反動に期待したいところです。

僕はGW前にせっせと注文していた商品が続々と届いたのでひたすらFBA納品作業をしていました。
最近はCDやDVDなど「ワレモノ」が多いので箱詰めにテクニックが必要です。
プラスティックケースが割れると商品価値が落ちちゃいますので
ダンボールの中にたっぷり緩衝材を入れています。

ネットショップの翻訳を外注している人から納期延期の申し入れがありました。
思いの外専門用が多く、苦戦しているとのことです。

そうなんですよね。翻訳や通訳は日常英会話が出来るだけじゃ対応出来ない世界ですよね。
まあ、頑張ってくれているようですので信頼して待ってみます。

僕と同じように、「いつかはAmazon依存症から抜け出してネットショップで稼ぎたい!」
という野望を抱いている方は、僕と同じこちらの塾で頑張ってみてください。
塾の先輩としてアドバイス出来ることがあるかもしれません(まだ結果を出せていませんが)
モリ式愛されるネットショップ構築塾2期生

オール・ユー・ニード・イズ・キル【初回限定生産】(2枚組/デジタルコピー付 ブルーレイディスク&DVDセット)

モリ式愛されるネットショップ構築塾 レビュー・評判 0円で月商2000万!後発組が圧倒的な結果を出す秘訣

いままでやや放置気味だったネットショップですが、
最近、俄然やる気が出てしまって大改造に取り組んでいます。

そこで一日の作業時間の半分以上をネットショップ再構築に費やしています。

ゴールデンウィークは作業に没頭する良い機会ですので
とことん取り組もうと思います。

さて、平日の場合、僕の使える作業時間は約2時間です。
ですので次のように時間割を作りました。

・セドリに1時間
・ネットショップに1時間

ただし、セドリの方は毎日の仕入れノルマを達成したらそこまでとします。
5月の場合は毎日の仕入れ目標を5万円としていますので
5万円分の注文をしたらネットショップ作業に切り変えます。

やはりネットショップの安定性は魅力です。
ネットビジネスで食べていくためには倒れない柱が何本か必要です。
Amazonはいつテロ(Amazon神様の気まぐれや同業者の嫌がらせ)でアカウントを失い無職となるかわかりません。
独立国であるネットショップはそんな心配がありませんからその収入に依存するにしてもストレスが小さいのです。

僕が習ったネットショップ塾ですが、2期目を始めるそうですね。
モリ式愛されるネットショップ構築塾

業界騒然!成功者続出!というコピーを見て思わずのけぞってしまいました。(^^ゞ
キャッチコピーほど再現性の高い内容ではありません。

いや、この塾の再現性が低いといっているのではなく、ネットショップというカテゴリーがたいへんなのです。
モリ先生のノウハウは素晴らしいのですが、
受講生本人のスキルや取り組み姿勢により結果には大きな差が出ます。
これはモリ先生の責任ではありません。

(でもあんまり簡単そうな書き方で集客するのには抵抗を覚えます・・・やや誇大広告かな・・・。)

もしあなたが、html,css,画像作成,画像処理,seo,googleanlytics,キーワード,PPC広告などの言葉の意味がわからないのであれば
かな~~~り苦戦することでしょう。
おそらくうんざりして挫折することでしょう。
実際、100名ほどの塾生のうち、結果を出せている人(月の利益が数万円以上)、
教材代の元が取れた人はほとんどいないようです。
僕のようにあきらめの悪い生徒もいますからまだまだ結果は語れませんが・・・。
塾で勧めている内容も扱う商品によっては効果に濃淡があるようです。
・・・というわけでPC初心者にはおすすめ出来ません。
この塾に入る前にhtml,css,画像処理ソフト,エディタの使い方などを勉強する塾に入りましょう。

既にそういったスキルがあって、既にショップを何軒か持っている方、
既存店の売上げをもっともっと増やしたい!と言う方には最適だと思います。
ゼロから始めようとする人には向かない塾です。

ちなみに塾代以外に
毎月、カラーミーショップの料金や
ヤフーやGoogleに支払う広告料が発生しますので
商売が軌道に乗るまでは延々、ずっ~と赤字が続きます。

上のようなリスクを聞いても立ち向かっていける人は必ずや成功することでしょう。
そんな方はぜひ僕と励まし合いましょう!

これまでのパターンからするとメルマガ登録すればしばらくの間メールで案内がきて、動画で塾の説明が続くと思います。
その後、プロモーターの船原氏との対談動画が続いて
最後に集客生徒募集へと続くはずです。

モリ式「愛されるネットショップ構築塾」

前回(僕が参加した回)は
・資料だけ 29,800円  (まったくの放置 フォローなし)
・資料と月2回のWebセミナー 98,000円  (セミナーでは質問可能 個別指導はメールすらなし)
・直接指導付き 298,000円
だったと記憶しています。

僕は98,000円のコースでした。
10万円近く払って個別指導を受けられない塾は始めてでした。

数少ない成功者は298,000円のコースからだけのようです。

ネットショップはプロに見てもらって指摘を受けながら修正していかなければ
素人サイトはいつまでたっても素人サイトのままです。
絶対に売れません。
どうせ入塾するのなら298,000円のコースにしましょう。

前回と今回は、おそらく同じ内容ですので
もし万が一値上がりしていたら
モリさんはネットショップ運営者から
あっちの世界(ノウハウ販売業)へいってしまったのだと勝手に判断しま~す。

フルハウス ファースト セット1 (3枚組 期間限定)

ネットショップ、成果が増えつつあります。

泣かず飛ばずだったネットショップですが、

3月2件、4月に入ってまた1件のご注文をいただきました。

「売れないよりはマシ」と考えて、利益率は15%ぐらいにまで下げています。

ネットショップはSEO効果が現れてきて、検索エンジンでの表示が上がってきて始めて売れ始めます。

太平洋の無人島から少しずつ引っ越しを重ね、少しでも多くの人が住んでいる街を目指していきます。

目標は検索サイトの1ページ目。東京でたとえると六本木でしょうか?

現在は検索サイトの6から10ページ目にいますので地方名で言うと鳥取県の山村でしょうか?(近所の方、申し訳ありません)

amazonやヤフオクなど「プラットフォーム脱却!」が目標ですので

このネットショップを副業の中心に据えなければならないのですが

ネットショップ運営は

・ものすごく手間がかかって面倒くさい。

・売れないのでモチベーションが上がらない。

・カラーミーショップなどコストがかかるので売れるまでは赤字。

と、よほど根気の続く人しか成功しない世界だと思います。

ですので唯一のモチベーション維持方法は「売れてくれること」です。

このブログでいつも書いていますが

ネットビジネスで成功する方法の一つは「ライバルの真似をすること」だと思います。

そこで、よく売れている、あるいは自分でも開拓なるお店の研究を続けています。

モリユウキさんの塾でも耳にタコが出来るくらい何度も教わりましたが、

「買う人の身になってショップを見る。」というのは本当に大切な事だと思います。

お客様はサイトに少しでも不信感を覚えたり、不安な事があると買ってくれません。

僕のお店では「返品・交換OK!」と言うことを前面に打ち出して書いていますが、

そのこと自体、信じてもらえなければ買ってもらえません。

「あんなこと書いているけど、いざ、返品しようとしたら難癖付けて対応してくれないんじゃないか?」など。

そこで、さらにそういう懐疑心を払拭する対策を取ります。

ここから先は塾のノウハウに関わることなので具体策は書けませんが、

あの手、この手でお客様の不安を無くしていきお店のファンになってもらう努力を続けます。

モリユウキさんの塾ではブログによる店長日記の発信です。

高い買い物をする人は店長の人柄を見に来ます。

信用できる人から買いたいのが人情です。

そのために売れない日々も延々、店長日記を書いています。

つまり、僕は、このブログの他にもブログを運営しています。

こちらのブログは自分への忘備録を兼ねていますので好き放題書いていますが、

店長日記はそうはいきません。

良い人柄を演じなければなりません。

根がいい人なので問題ありませんが(笑)

僕が扱っている商品は平均単価が4万円前後です。

まずは月商50万円を目指しています。

初めて売れた商品を発送しました。【ネットショップ】

みなさんこんにちは

ヨーロッパに注文していた商品が到着しました。

関税も消費税も請求されませんでした。

個人消費の扱いとなったのでしょうか?

早速、マニュアルどおり、返信用封筒とアンケートを同封して発送します。

僕が佐川急便と契約している運賃は関西から東北へは税込み520円です。

「配達ドライバーさんへ」のシールを貼って完成です。

さて、VAT関係ですが、クレジットカードの明細では換算レートは147.601/ユーロ。

日本円で20811円 現地通貨141ユーロということでVATの支払いは不要だったようです。

今回の取引を整理しますと

販売額 37,800円

GMOポイント 10円

仕入額 96ユーロ(14,170円)

国際送料 45ユーロ(6,642円)

国内送料 520円

VATと消費税、輸入関税はゼロ

となりました。

利益16,458円ということで満足のいく取引でした。

輸入関税は後で課税されるかもしれませんので相当分をプールしておきます。

あとは「返品・交換」とならないことを祈るばかりです。

カラーミーショップにPaypal経由のクレジットカードを設定する方法

ペイパルクレジットカードロゴ2

カラーミーショップには同じ運営会社が経営する決済会社「イプシロン」というのがありまして

クレジットカードやコンビニ決済を利用するにはイプシロンとの契約が必要です。

しかし、手数料や入金サイクルを考えるとどうしてもPaypalを利用したくなります。

いろいろ調べてやっと導入方法が分かりました。

カラーミーショップの設定画面で「決済情報」を選択。

決済方法で「その他」を選択。

名称は「クレジットカード(Paypal経由)」などで良いでしょう。

受注 → メール送信 → お客様は手持ちのクレジットカード情報を入力 →
Paypalが回収 → 銀行振り込み指示 → 入金

となります。

最短、一週間ほどで入金になります。

決済手数料は3.9%と他社の5%~よりもかなりお得です。

デメリットはメール送信の部分です。

ワンクッション置くことで顧客が逃げないか心配ですね。

ネットショップ構築 扱いブランドの選定

昨晩21時にようやく教材が届きまして

マニュアルを読み込んでいるところです。

マニュアル=ノウハウですね。

簡単に書きますと、

1.なぜネットショップか?メリット、デメリット
2.商材選定
3.ショップ構築(カラーミーショップ
です。)
4.SEO対策
5.広告
6.ゼロ円集客
7.売上げ最大化

その他、テンプレートなどが豊富です。

セドリなどと比べるとPDFのページ数が多い方ではありません。

ページ数は多い方ではありませんが、作業量は膨大です。

ここらあたりがプラットフォームとは全然違いますね。

「産みの苦しみ」がめちゃくちゃ大きいと感じました。

今日は丸一日、商材の選定に没頭しておりました。

商材というのは扱うブランドのことです。

モリ式では特定のブランド専門店を作り上げることによって差別化を図っています。

いくつか候補を見つけてはモリ式の基準に合うか調べています。

なかなかしんどい作業です。

どうにかこうにか一つ、「これにしようかな?」というブランドを見つけましたので今日のノルマは達成です。

このあと、ショップ名を決めてカラーミーショップでオープンしてみます。

先は長いです。売上げがタチ始めるのは貼るになると思います。(T^T)

ネットショップの塾に入りました。

もう募集は終わりましたが、この塾に入りました。

モリ式愛されるネットショップ構築塾

これをもってAmazonはしばらく在庫処分のみとします。

ヤフオクは儲かるので続けます。

最近、Amazonの理不尽な対応にホトホト嫌気がさしました。

「こんな一方的なプラットフォームに人生をゆだねることは出来ない」と確信しました。

売り手の立場があまりにも弱すぎます。下請けいじめもいいところです。

先日、ブラウンの女性用脱毛器の新品をFBA販売したところ、

人毛まみれ、外箱も説明書も保証書も捨てられゴミ袋に入った状態で返品されて全額返金されてました。

先月は5万円もするパソコン周辺機器が「壊れている」との返金リクエストを受け、

「返品してくれて、検品が済んだら返金しますよ」と返事をしているのに一ヶ月たっても返品してこない人がいて

「返品してこないな~?!もういいのかな?」と安心していたら返金保証申請を食らって5万円が保証金コーナーに保留されちゃいました。

しかも、このせいでアカウントヘルスが「注意!」に。

Amazonからも「このままアカウントヘルスが悪いとアカウント閉鎖しますよ~」と警告が。

・・・・やってられん!!(激怒)

ヤフオクで貧乏人相手に中国製品を売っている方が精神衛生上、よっぽど良いです。

現在の在庫を売り切ったらAmazonとは絶縁します。

それまで4ヶ月はネットショップ構築に没頭します。

塾は16日からですのでまた随時ご報告しますね。

売れやすい商材選定の基準とは? 独自ネットショップ

モリユウキさんが公開中のネットショップ構築ノウハウに沿って

ネットショップ開店に取り組み始めました。

いよいよ商材選定について詳しく書かれていましたので早速、印刷して熟読しています。

僕はブログを発信しているくせにディスプレイを眺めていても情報が頭に入ってこないため

こういったPDF教材などはいつもプリントアウトして読んでいます。

せっかくのマルチディスプレイなのに・・・・紙代とインク代が無駄ですね。(^_^;)

今回のモリ式商品選定 前編は32ページあるのですが、

特に気になっていた15ページ以降だけを印刷しました。

内容は先日の「商材選定5つの条件」について具体的に

「ファリエロサリティ」というレディースブランドを例に挙げて説明してくれていました。

聞いたことのないブランドです。

Googleで検索してみると専門店が既にありました

いやあ、脱線してつい見てしまったこのお店、すごくいいんじゃないでしょうか?

このお店なら安心して注文出来る気がします。

ひょっとしたらモリユウキさんの関係者かもしれません(笑)

納期が2週間とのことですので無在庫販売なのでしょう。(一部、即納の商品もありました。定番品でしょう。)

ネットショップはプラットフォームと違って、こういう風にブランド名で検索したときに上位表示されることが大切です。

これまでこのブログではプラットフォーム依存だったためSEOなどに触れずに来ましたが

今後は重要になってきます。

モリユウキさんの作戦はこのSEO対策に

1.開店当初はグーグルやヤフーの有料広告を利用。

2.三ヶ月後を目処にブログによるSEO効果で集客。

という2段構えのようです。

案外、無料なのにノウハウをバンバン出してくれているので有料教材は不要になるかもしれませんね。

で、僕の実際の行動は次のように計画しています。

1.いろんなブランドを扱うセレクトショップ → ヤフーショッピング

2.モリユウキサンの方法100%の特性ブランドショップ → 独自ネットショップ

この2店舗を作ろうと思います。

1.はサプリメントで一度やってみたことがあるのですが、薬事法にひっかかって閉店しました。

アパレルで再チャレンジです。

早く2のブランドを選定したいと思いますが、まだ「後編」を読んでいないのでどうしようかな・・・。