ヤフオク!

意外とよく売れるじゃないか!・・・自己発送の戦略とその可能性とは?

こんにちは ワガハイです。 
 
 
 
何度見ても
やっぱりこのメルカリノウハウは儲かると思います。
 
 
 
メルカリに限らず、
AmazonFBA販売以外の転売ではほぼ全て、
商品が売れると自己発送になりますよね。
  
 
 
しかし、私達はAmazon転売を始めた時から
「Amazonは大口出品者になってFBA倉庫を使うのが当たり前だ!」
と言われ続けてきました。
  
 
 
教材や高額スクールで
「いきなり大口出品者になりましょう!」
「月額料金なんてすぐに取り戻せますよ!」
「FBA出品で無ければカートを獲れないので売れません!」
 
 
 
こう洗脳されて育ちました(笑)
 
 
 
しかし、私は最近、この常識に疑問を持つようになりました。
きっかけは『慈善団体への寄付』です。
 
 
 
先月、私の友人から相談を受けました。
 
 
 
彼はもう何年もの間、とある慈善団体の活動に共感して
わずかではありますが寄付を続けてきました。
 
 
 
その団体の寄付先は
・災害被災地であったり
・交通遺児であったり
・障害者であったり
・生活保護などの困窮者でした。
 
 
 
とくに偏った(かたよった)政治色や宗教色の無い
純粋なボランティアだけで運営されている慈善団体でした。
 
 
 
最近になってその団体への寄付の約半分を出資してきた、
あるひとりのお金持ちのお年寄りが亡くなり、
その団体の活動はたちまち窮地に陥りました。
 
 
 
そういった事情を聞いて
私も微力ながら寄付に参加することにしたのです。
 
 
 
ほんとうならボランティアとして
自分の体を動かして人の役に立つべきなのでしょうが・・・。
とりあえず寄付をすることに決めたのです。
   
 
 
以前、このメルマガで
私が友人から無償で中古商品をもらい受けているお話を書きましたが
その売上げを全て寄付に回すことにしたのです。
  
 
 
とはいえ、FBA倉庫料金で赤字になるリスクは取れません。
赤字でやるくらいなら最初から現金を寄付した方がマシだからです、
 
 
 
商品自体は私の自宅や友人の事務所に保管しておき
出品中の商品が売れたら自己発送して
その収益金を寄付しようということになりました。
 
 
 
ちょうど私は、
日本郵便さんとゆうメールの特別料金契約を結んだばかりです。
文庫本程度なら一冊当たり121円で送ることが出来ます。
こんないきさつで中古商品の自己発送出品を始めたのです。
 
 
 
するとですね。意外なことに、
これがまたけっこう売れるんですよ。
ほぼ毎日、何かが売れて
「注文確定 – 商品を出荷してください」のメールが届きます。
 
 
 
もちろん、あまりにも人気の無い商品や
利益の出ない商品は時間の無駄ですので
最初から出品せずに違う方法で現金化します。
  
 
 
しかし、たとえば文庫本が400円で売れると
119円の利益が出るんです。
つまり利益率30%。
  
 
 
これがFBA納品ですと
利益は33円の利益率はわずか8%。
  
 
 
ということで、 
中古本でしたら毎日1~5冊くらい売れています。
なんせ、仕入値がタダですから
261円以上で売れば利益を出せるのです。
 
 
 
今のところ、平均すると1冊あたり400円の利益を出せています。 
毎月数万円の寄付金を集められたらいいねと友人と話しています。
  
 
 
さて、ここで自己発送の可能性について考察です。
FBA出品意外のセラーから買うお客様って
いったいどういう人達でしょうか?
 
 
 
わざわざ、カートを無視して
その他の出品者を見て回るお客様はどんな人??
  
 
 
この顧客心理を理解できれば
今後のAmazon戦略に活かせるかもしれません。
 
 
 
・納期を気にしない人
・とにかく1円でも安く買いたい人
・中古品コンディションに抵抗感の無い人
 
 
 
こんな顧客像が浮かんできます。
 
 
 
同じコンディションなら安い方が良い
  ↓
同じコンディションで同じ価格なら早く届く方が良い
  ↓
同じコンディションで同じ価格、納期も同じなら「送料無料」が良い
 
 
 
3つ目はどういうことかと言いますと
商品代金+送料の支払総額が同じ金額でも
顧客は送料ゼロ円と表示されている方を選ぶという法則があります。
Amazon自体も送料ゼロの砲を上位表示する傾向があります。
 
 
 
だから、自己発送の場合でも
送料は最初から商品代金に含めておいて
見かけ上は送料ゼロ円でがんばっているように装うのがコツです。
 
 
 
X 商品代金200円+送料300円=500円
〇 商品代金500円
 
 
 
もちろん、中古商品の自己発送の売れ行きは
商品ジャンルによって大きく変わると思われます。
 
 
 
しかし、自己発送でもよく売れるというのは
中古書籍に限ったモノではないようです。
新品商品でもある条件に合致すれば自己発送が選ばれます。
  
 
 
実は私は、
近所のスーパーに必ず売っているあるお菓子を何種類か
Amazonで無在庫販売しております。
  
 
 
100円くらいで売っているお菓子なのですが
限られたルートにしか卸していないことがわかりましたので
3個セットの商品カタログを作って
私一人が独占して出品しています。
 
 
 
3点で送料込み1500円で売っているのですが
月に何度か、細々と安定して売れているのです。

この商品はFBA納品した方が数十円、利益が多くなるのですが
賞味期限が短くリスキーなため
自己発送の無在庫販売を続けています。
 
 
 
他にも近所のスーパーを倉庫代わりに
無在庫の自己出品をしている商品がいくつかあります。
有在庫・無在庫を合わせて
自己発送での売上げが7月は10万円を超えています。
  
 
 
私は新品商品の相乗り出品をほぼゼロにできましたので
FBAセラーに対して自己発送が不利ということはなくなりました。
だってその商品の出品者は私だけですから、
お客様は選択の余地が無いのです。 
  
 
 
FBA倉庫に不良在庫の山を築くくらいなら
有在庫の自己発送や無在庫自己発送に力を入れた方がいいのかもしれませんね。
 
 
 
おそらくあなたはまだ
「FBAを利用しない」「自己発送」ということに
違和感があると思います。
 
 
 
しかしあなたも、
月商に占めるAmazonの割合が下がってくると
Amazonだけがとても特殊なプラットフォームであることに気付きます。
 
 
 
Amazonって月利3~5万円くらいまでは一番簡単に稼げるプラットフォームです。
しかし、月利10万円を狙おうと思えば
冒頭のメルカリやヤフオクの方が断然、簡単だとわかります。
 
 
 
ちなみにBUYMAとebayでは
月利10万円はかなり大変です。
 
 
 
BUYMAとebayは参入障壁がものすごいです。
そなくぁり参入障壁を越えてしまうと
今度はその参入障壁に守ってもらえます。
 
 
 
Amazonはとても参入しやすいけれど
最初の壁がものすごく近いところにある、というイメージを持っています。
新品相乗り出品の利益率があまりにも低いことと
莫大な在庫コストを抱えるというハイリスクが原因ですね。
 
 
 
資金の少ない人や初心者が
莫大な在庫を抱えると
どんどん不安になってしまって
どうしても値下げに頼り始めます。
  
 
 
そして、Amazonセラーの9割は初心者・資金の小さな人達ですから
中堅せどらーも大御所せどらーも
みんな巻き込まれてしまって
利益率がさらに悪化していきます。
 
 
 
Amazonで高利益率を維持するには
「誰もいないところで勝つ」
・・・・これしか有りません。 
 
 
 
もし、今のあなたが
「そろそろ俺もAmazonの中級者だよな・・・」
という自覚が出来てきたら、
新品FBA相乗り出品から抜け出して
次のステップを目指さなければならない時期ですね。
  
 
 
ただ、Amazonに独自商品を新規登録したり
中国でOEM生産をする手間をかけるくらいなら
メルカリ、ヤフオク、BUYMA、ebayで
一般の素人さんと同じように出品していた方が
楽だしリスクが小さいと気付いて欲しいですね。
 
 
 
メルカリやヤフオクでは、パソコンを持っておらず、
スマホだけで全ての作業と取引を完結し
月収100万円!なんている人が
ゴロゴロいるのです。
 
 
 
<< 追伸 >>
転売しても利益ので無い商品でクオカードを貯める方法
 
 
簡単です。あなたの街にもあると思います。
古紙回収ボックスに持って行って
重量によるポイントをためてQUOカードに替えています。
※アフィリリンクではありません。
 
 
 
仕入れの際に貯まっていく
空のダンボールや古新聞も
このボックスにガンガン放り込んでいます。
 
 
 
自治体の廃品回収日は月に一回しかありませんので
せどりをやっていると玄関を通れなくなるほど山積みになります。
こまめに処分できてクオカードまでもらえるなんて!! 

Amazonで販売すべき商品とヤフオクで販売すべき商品の使い分けで、利益を最大化する方法。

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
とうとう本日で無料公開受付を終了するそうです。
ライバルとの値下げ合戦から抜け出して、
堅実なビジネスを確立する方法について解説しています。
念のために置いておきますね。
→ https://fmclub.mambo.sg/ja/MbtU+G7Z2tabc+c+XHPUNoPg
 
 
 
  
最近、ヤフオクでの販売を強化しています。
もちろん、儲かるからなのですが、
理由はいくつかありまして、
そのうちの大きなものをいくつかあげてみます。
 
 
 
1.販売手数料が8.64%とプラットフォームで最低。
 しかも送料には手数料がかからない。
2.ヤフオクユーザーにあった商品を選べば一番高く売れる。
3.オークション形式を選択できる。
4.Amazonでは販売出来ない商品がある。
 
 
 
順に説明していきます。
 
 
 
1.販売手数料が安い
Amazonでは出品手数料、ヤフオクではシステム使用料と呼びます。
Amazonではカテゴリーによって違いますが多くは15%に設定されています。
ヤフオクは8.64%ですね。
売上げ1万円あたり636円の差が発生します。
月商100万円ですと6万円以上の差が発生し年間76万円の差になります。
 
 
 
じつはもっとすごいことが起きていまして
この手数料が実質タダになっています。
「Yahoo!マネーで受け取り、支払いをすると最大14%のTポイントがもらえるキャンペーン」
https://auctions.yahoo.co.jp/topic/promo/sell_pointback_cp/
※アフィリリンクではありません。
 
 
 
キャンペーンの期間が「いつまで」との記載がありませんので
これが恒常化する可能性があります。
そうなるとヤフーマネーで支払いの出来る
ヤフーショッピングやロハコなどが仕入れ対象になってきますね。
  
 
 
また、送料に手数料がかからないというのが
実はヤフオクでビジネスをしている人のキモになっています。
商品価格で利益が出なくても送料で儲けることが出来ます。
 
 
 
たとえばあるヤフオク出品者の送料表をご覧ください。
http://shiterun.com/wagahai/082001.png
 
 
 
こんな送料でもバンバン落札され支払いを受けています。
この落札者から収受する送料と
契約している運送屋さんへの支払いの差が利益になります。
 
 
 
上の例に挙げた出品者さんは青森県の方ですので
関西に住む私が落札すると送料は1320円になります。
私が契約している佐川急便さんの料金表を見ますと
青森~関西間は648円ですから672円の利益が出ます。
 
 
 
ちなみに私が契約している料金では
九州から関東ぐらいまでは400円から500円で発送出来ます。
落札者からいただく送料の約半額が利益です。
 
  
 
また、ヤフオクでの梱包材は
使い古しの段ボールでも問題ありませんので
新品の段ボールを使わなければならないネットショップよりも
大幅にコストダウンが出来ます。
 
 
 
2.ヤフオクユーザーにあった商品を選択。
趣味性の高いものを
その趣味の人の気持ちを考慮した商品ページをつくれば
びっくりするような価格にまで高騰します。
 
 
 
また、「古いことに価値がある」ことを理解すると
ヤフオクはもの凄くおもしろい市場になります。
廃品回収でも断られるようなゴミがお宝になります。
 
 
 
こういった、ヤフオクで高く売れそうな商品と
Amazonの方が高く売れる商品の違いを知れば
あなたの取るべき方向性が見えてきます。
 
 
 
Amazonで購入する人の立場で考えると
ヤフオクは不良品が届いても
返品に応じてもらえないのでは?
という心理的ブレーキがあります。
 
 
 
そうであれば
返品の可能性が低い商品は
Amazonで購入する必要がありません。
 
 
 
故障や破損など、不良品である可能性が低い商品。
購入者が商品知識に詳しく、
不良品でも自分で修理してしまうような商品。
こういったものの市場はヤフオクが中心です。
 
 
 
ですから、商品の特性と消費者像を考慮して
扱う商品とそれを販売するプラットフォームを選べばいいのです。
 

 
たとえば、 
Amazonでは新品の薄利多売や
本・CD・DVDなど商品説明不要の中古品を販売する。
ヤフオクではレアアイテムや趣味性の高い商品を販売する。
 
 
 
最初はおおざっぱでもいいので行動し始めると
どんどん経験値が上がっていき、
儲かる商品が必ず見つかります。
だからヤフオクには「〇〇専門出品者」が多いのでしょう。 
 
 
  
3.オークション形式を選択。
このオークションこそがヤフオクの醍醐味です。
たった二人、欲しい人を見つけるだけで値が釣り上がります。
送料差額で稼ぐつもりで出品した1円商品が
1万円を超えたりしてびっくりしてしまいます。
 
 
 
ヤフオクに限らず、ネットビジネスで重要なのは
「自分の価値観で商品の価値を決めない」ということです。
 
 
 
これはリサーチの段階でも言えることですが
「こんなもの、稼げないだろう」という先入観があると
モノレートでチェックする以前にスルーしてしまいます。
 
 
 
「買って保有している人がいる」ということは
「他にも買う人がいる」ということです。
 
 
 
ですから私が指導しているメルカリ仕入れでは
自分の価値観が邪魔にならない、
あるリサーチ方法を使っています。
 
 
 
生徒さんも「えっ、こんなものが!?」と
驚かれる商品がたくさんみつかり、
「仕入れの視野が大きく広がりました。」
と成長してくれています。
 
 
 
オークション形式ではとくにこの「消費者側の価値観」が
落札価格に反映しますので
目立たせオプションを上手に使えば
ゴミが大化けします。
 
 
 
4.Amazonでは販売出来ない商品がある。
カテゴリー申請の関係もそうですが
新品コンディションで無ければ販売出来ない商品があります。
 
 
 
衛生面で注意が必要な電化製品の中古品などです。
これはヤフオクやフリマアプリでしか売れません。
 
 
 
この「Amazonで売れないもの」を積極的に狙っていくと
案外、大きな利益になっていきます。
 
 
 
多くのライバルせどらーは
リサーチ中に「Amazonで販売出来ないや!」
という商品を一瞬にしてスルーする傾向があります。
おそらくせどらーの9割は同じ行動をしています。
 
 
 
このときに「ヤフオクではいくらで売れるかな?」
とリサーチするだけで違いが出ます。
 
 
 
消費者にしてもAmazonでは売っていないのですから
ヤフオクやメルカリで探すことになります。
そんな時にあなただけが出品していれば
どんなに割高でもあなたから購入するしかありません。
 
 
 
このことがどれほど大きな意味を持つのか
9割のせどらーは知りたくもないようです。
あなたはどうでしょうか。
 
 
 
AmazonのメリットはFBAの仕組みと
圧倒的な広告力・販売力です。
デメリットはライバルの多さと
利用コストの高さです。
 
 
 
ヤフオクのデメリットは
出品の手間と
取引の煩わしさ、売上金回収の手間でした。
 
 
 
しかし、メルカリに刺激を受けたヤフオクは
出品の手間をメルカリ並に簡素化しました。
取引も「取引ナビ」の進化で
無駄な社交辞令を省き、簡素化・スピードアップに成功しました。
 
 
 
売上金の回収もYahoo!決済の充実により
どのプラットフォームよりも素晴らしいものとなりました。
 
 
 
よく、「〇〇の住人」という言い方がありますが、
Amazonの利用者像
ヤフオクの利用者像
メルカリの利用者像
楽天の利用者像
 
 
 
この違いを知ってください。
それぞれの利用者にとって、理由があって利用しています。
その理由を理解すれば
何をどこで売るのが一番儲かるのかがわかります。
 
 

<< 追伸 >>
男性諸氏へ 男性諸氏へ 「それは無いだろう~」と言いたくなるかも。
ヤフオクが衝撃の「元彼グッズマーケット」を始めました。(大笑)
あなたから元彼女さんへのプレゼントが出品されていたりして・・・・。
 
 
 
https://auctions.yahoo.co.jp/recommend/topics/20170627/1600/
※アフィリリンクではありません。ヤフオクの公式ページにジャンプします。
  
 
 
私には心当たりが無いので大丈夫(たぶん)ですが、
「貢(みつぐ)君」だった人には
実にショッキングな話題ですね。(笑)

成功している人の視点、成功している人の思考、はこうなっている。今すぐあなたを強くする方法を解説。

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
昨日、姉のお話をしたところ
「私にもできるんじゃない?」
とメルカリやヤフオクに
興味を持ってくれた人が増えました。
 
 
 
では、姉が参考にしている人の
レポートを1つ、ご紹介します。
 
 
 
リサイクルショップで仕入れて
メルカリやヤフオクで販売している人のやり方です。
 
 
 
このやり方を知れば
「えっ、こんな簡単な方法で!?」
と必ず驚きます。
 
 
 
あまりのわかりやすさに
あなたはもう一度驚きます。
 
 
 
いとも簡単に2000円で仕入れたものが
2万円で売れていくのです。
 
 
 
その秘密は・・・・。
 
 
 
まずは、論より証拠、
この驚きの利益率70%の
ノウハウを試してみてください。
 
 
 
『毎日の入金がめっちゃ嬉しい♪
資金の回転重視ならヤフオク出品の大物狙い
○○○せどり 利益率は驚異の70%超え!
1980円仕入れで22000円で売る!』
→ 
 
 
 

さて、肝心なのはここからです。
あなたは上のレポートにより
同じように2千円で仕入れて
2万円で売れる商品の秘密はわかりました。
 
 
 
とても再現性の高いノウハウですから
あなたにも同じような結果を出せることでしょう。
 
 
 
ただし、ここで終わっては
もったい無いのです。
100点満点で30点です。
つまり、不合格です。(笑)
 
 

私や姉がこのレポートを知ったとき
どんな行動を取ると思いますか?

それは、
「このレポート作者の他のレポートも調べ尽くす。」
これが正解です。

上のレポートの作者は
他にもたくさんのレポートを出されています。
全てアパレル転売ネタです。
 
 
 
この人のノウハウのすごいところは
誰にでも同じように仕入れが出来て
出品するとあっという間に売れて行く点です。
ものすごい勢いで資金が増えていきます。
 
 
 
例えば・・・。

紳士靴は利益率50%越え

 
 
 
子供用フォーマル靴も50%』越えが当たり前
 

靴だけじゃなく子供用フォーマル服なら60%越え

 
 
 
柄だけ覚えれば仕入値の3倍で売れていく

 

 
さらに「売れる素材」を知っていれば仕入値の10倍で売れる

「中古の靴は売れる」200円で仕入れて9800円で売れるのはココにこだわればOK!

いかがでしょうか。
全部見たあなたは
もう気がついたと思います。
 
 
 
同じ作者のレポートを
読み続けてみると
「ああ、この人はこういうところに目を付けているんだな」
と、その人の「視点」がわかってくるのです。
 
 
 
儲けている人の「視点」と「思考」を
あなたのアタマに取り込むことで
あなたには応用する力がついています。
 
 
 
あなたが今日、
リサイクルショップへいけば
上のノウハウ以外にも
儲かる商品がピンと来るはずです。

「あっ、これって靴でも子供服でもないけど
利益が出る商品なんじゃ無いの?」
と、儲かる商品が目に飛び込んでくるのです。
 
 
 
上の7つのレポートを読んだあなたは
全てのノウハウに共通して存在する
ある一貫性に気づいています。
 
 
 
あなたは言葉ではうまく
説明が出来ないかもしれませんが
確実に次の状態になっているのです。
つまり、
「アパレルせどりのキモがわかるようになった」
 
 
 
だから1つのレポートで満足せず
儲けている人の視点や思考を
徹底的に盗むこと。
これがあなたをさらに強くする方法です。

中国輸入と国内セドリが好調

ヤフオクで中国輸入を始めた姉ですが、

毎日、千円~2千円を稼げるようになりました。

始めるまでは半信半疑だった姉ですが

売れ始めると俄然、楽しくなったようで

他になにか儲かる商品はないかな?とリサーチを始めたようです。

お友達と電話で長話を愉しんでいる最中にいくつか売れたので

「不労所得や~」と喜んでいました。

ネットビジネスのいいところは遊んでいるときや寝ている間に稼いでくれることですね。

今日も「すごくたくさん売れている商品を見つけたんやけどどこで仕入とんのかな?(神戸弁)」

というので見てみると、裁縫道具でした。

利益率は30%ぐらいでしょうか。

男性の僕では思いもよらない商品に目を付けますね。

さっそくタオパオで発注してみます。

姉には毎日千円を安定して稼ぐ商品を10個見つけるように言っています。

僕のほうは試験的に買った国内セドリ商品二つとも売れました。

返品にならなければいいのですが。

利益は2件で3640円です。

利益率は18%でした。

利益率は悪いですが、思いのほか回転が速かったのでホッとしています。

中国輸入と国内セドリで無在庫輸出と比較したデメリットを一つ感じています。

それは、クレジットカードを使わないと言うことです。

アメリカンエキスプレスカードをガンガン使ってマイルを貯めたいのですが、

中国輸入もヤフオクしいれも銀行振り込みです。

ヤフオクではかんたん決済でクレジットカード決済を選べるのですが、

手数料を5%ぐらい取られるので実際には使えません。

というわけで無在庫輸出をストップして以来、

マイルが貯まらずに寂しい思いをしています。

そのうち、ヤフオク以外のネットショップで国内セドリの仕入れを始めますので

それまで我慢ですね。

ヤフオクの発送が面倒くさいです

ヤフオクの発送が毎日4~5件あります。

全部同じ商品です。

ヤフオクはとにかく落札者との連絡が多いです。

販売手数料(落札手数料)が5%というのは嬉しいのですが

その分、自分でやることが多すぎます。

落札者への連絡

入金確認

発送作業

発送通知

評価

僕のように同じ商品ばかり扱っていると

落札者ごとの進捗状況がわからなくなって来ます。

Amazonやヤフーショッピングであれば

既に入金が済んでいますので

発送作業と発送通知だけで済みます。

発送通知も送り状番号を入力するだけですので楽勝です。

というわけでヤフオクも薄利多売はしんどくなってきました。

この商材は当分売れ続けると思いますので

最近ヤフオクを始めたけれどうまく稼げていない姉に譲ろうと思います。

ヤフオク初心者向け無料セミナーで復習です。けっこう有意義でした。

先日からヤフオクの初心者向けセミナーの動画が公開されていますので

「いまさら初心者向けでも無いけど~」と思いながらも見ています。

今のところ第1話と第2話までで、明日、第3話が公開されます。

第1話はホントに「これから始める方向け」の内容でした。

しかし、一つだけ興味を持ったことがありましたね。

それはクレジットカードのうまい使い方です。

ポイントは次の三つです。

1.なるべく締め日の翌日にまとめて仕入れる。

締め日から支払い美まで最長55日の感覚があることを利用して資金を上手に使うためです。

締め日に仕入れてしまうと20日後には支払うことになってしまいます。

2.米国仕入れでは締め日の翌日の16時以降に使用する。

これは時差屋日付変更線の関係です。

日本時間では締め日を過ぎていてもアメリカではまだ締め日当日だったりします。

1.にも関連しますのでご注意ください。

3.出来れば締め日が末日のカードと15日のカードの2種類を使い分ける。

これはいい作戦だと思いました。

僕のアメックスは20日が占めきりです。

毎月5日を締め日に指定できるカードがあれば便利ですね。

どなたかご存じのカードがありましたらぜひ教えてください。

第2話はリサーチ方法を解説していました。

第2話になると全くの初心者向けとは言えない濃い内容になっていました。

逆に、全くの初心者ではピントこないのでは無いかな?と思うようなお話もありましたね。

特に11分40秒当たりからのオークファンを活用したリサーチには

「えっ?!ナニナニ?なんだって?!」と二回、見直してしまいました。

オークファンは利用料が異常に安いこともあって簡単な確認程度にしか使ってこなかったのですが

こんなに活用している人もいるんですね。

関心するとともにこれまでの自分を反省しています。

もっと使いこなさなきゃもったいないことです。

それと、急に高くなりますけど、オークファンプロも使いたくなりました。

お試し期間を利用して見たいと思います。

輸入の人も輸出の人も初心者出ない人も、

とりあえず見てみると良い動画だと思います。

退屈することなく自分の知識の再確認と最新リサーチ法の確認が出来て有意義だと思います。

中級者にもお勧めするヤフオクでの稼ぎ方講座(動画)

毎月513円のオークファン利用はこちらです。

オークファン会員登録

毎月3066円もするけど、あっと驚く高機能をそろえていた上位バージョンはこちらです。

オークデータ会員登録

動画は明日、第3話が公開されるとのことですのでとても楽しみにしています。

僕はというとネットショップの拡販のためにブログを二つ開設しています。

一つは独自ドメイン錠でのをwordpresを使った店長ブログ。

もう一つはお店のブログへ誘導するためのアメブロのブログ。

アメブロは商用禁止なので直接カラーミーショップにリンクを張れないのです。

アメブロ → 独自ドメインブログ → カラーミーショップ へと誘導します。

ヤフオクがあまりによく売れるので再注目中

ヤフオク

僕のようにamazon無在庫輸出で無茶をしすぎて退場を命じられた人が

国内販売に転向しているようですね。

日本amazonやBUYMAへの転向が多いようですが

僕をはじめ一部の人はヤフオクに回帰しています。

これが意外にも良く売れます。

中国輸入とも親和性が高いので

中国輸入+ヤフオクで儲けている人がけっこう多いことがリサーチでよくわかりました。

ヤフオクはamazonと比較すると貧乏人が多いので(失礼!)

安物がメチャクチャ売れます。

薄利多売の世界です。

先日も書きましたように取引も手間がかかります。

でも、amazon輸出も自分でEMS送り状を作成して梱包して発送~という流れはほぼ同じです。

利益率が極端に低くなって、1点あたりの利益がなかなか千円を超えないのであれば

ヤフオクで安物を売るのとそんなに変わりません。

輸出の方がなんとなくかっこいいだけです。

何ヶ月もたって「届いてないよ」とか「壊れてたよ」などの日本人に理解しにくいクレームもありませんし、

アカウントの心配もありません。

・・・・というわけでネットショップが育つまではヤフオクで小銭を稼ごうとしています。

では僕がリサーチで「ん?はっは~ん!」と気付いたヤフオクで儲けている人のパターンをいくつか書かせていただきます。

1.ヒット商品を何点か持っている。たいていは中国輸入。

2.出品数がとても多い(千点以上)。後述

3.同じ商品をいろんなカテゴリーに出品している。

4.写真がきれい。写真が大きい。

5.文章が上手。

1.の見つけ方は先日書きましたので今日は省略。

2.ヤフオクに限らず、ネットショップでもamazonでも出品数の目安は「最低千点」といわれています。
  売る気がない商品でも何でもかんでも出品してとにかく千点そろえると変化が現れます。
  これは、SEOといってアクセスが急増するからです。
  もちろん文中に他の出品物も見てもらえるように誘導文を書かなくては意味がありません。
  商品ページの1ページ1ページがお店のような感覚で作りこんでいます。
  これは「マイオークション」という自分の出品物のページが自動的に作られていますので
  そのページにリンクを貼ります。
  通常はオークファンの機能をつかって黄色いバナーを作って誘導します。
  ほとんどの出品者がそうしていますからみなさんもよく目にされていると思います。
  さらに、昨日見つけた出品者は「関連商品を多数ヤフーショッピングでも扱っております。」といって
  自分のヤフーショッピングや楽天ショップにリンクを張っていました。
  これは僕もさっそく真似をさせていただきました。
  このあたりはamazonでは絶対出来ないことで、ヤフオクの集客力を利用することが出来ます。
  

3.これもさっそく真似しました。僕が最近見つけたヒット商品はバイク用品なのですが、
  同じ商品を同じ文面・同じ画像で「ホンダ」「ヤマハ」「カワサキ」「スズキ」「ハーレー」「その他」と
  合計6つのカテゴリーに出品しています。
  どれかが変わりばんこに売れているので結果的に毎日ずっと売れ続けています。

4.amazonのように有名メーカーの既製品で、どこで買っても同じ商品が届くのであれば
  買手は値段だけで売り手を選びます。
  そうでなければ写真で決めるそうです。
  写真の重要性については言わずもがなでしょうから細かく書きませんが、
  出来れば写真の枚数も増やしたいところです。
  マニアックな商品であるほど写真の重要性は増します。
  これも通常はオークファンの機能を使って3枚多く写真を掲載します。
  僕は、以前、自家用車やバイクを出品していたことがありましたが、
  外部リンクを貼って100枚から200枚ぐらい掲載していました。
  このため実車を見ないで100万円とかのクルマやバイクが売れていたものです。

5.美辞麗句を並べるのではなく、レイアウトよく完結に必要事項が箇条書きにされています。
  リスク回避についても網羅されています。
  これはご自分が出品されるカテゴリーの他の出品者の書き方を参考にしてください。
  これまたほとんどの人がオークファンやフリーのテンプレートを使っていますね。
  入札者もテンプレート化されているページは見慣れているので好評だと思います。

上記を押さえてやっとスタート地点です。最低条件です。
僕もこの状態です。

ネットで物販をしている方でオークファンを使っていない人はまずいないと思いますが

ビギナーの方などでまだの方は必須のツールですので今すぐ利用を開始してください。

一番安い、一ヶ月500円のプランで十分です。(ほとんどの方がこのプランです。)



ヤフオクや楽天、大手ショップサイトなど、国内で仕入れをしている方ならこちらも鉄板です。



完全無料です。輸出・輸入を問わず、ネットビジネスマンは僕を含めてほとんどの人がこのハピタス
を経由して仕入れています。

わずか1%と侮るなかれ、あっというまに1万円、2万円とたまりますよ。

ライバルに勝つためには仕入れのコストダウンあるのみです。

メチャクチャ儲けている人はもっともっといろんなノウハウをお持ちです。

そんなノウハウの動画を無料で公開していましたのでご紹介しますね。

ヤフオクでものすごく稼いでいる人のノウハウを公開している動画(感謝)

ついこの4月に開催されたセミナーの動画です。

ただ、主催者の目的としては将来的に教材を買って貰おうと思ってるでしょうから

選考投資のようなものでしょう。

それでもこの動画の主催者のGOROさんは業界ではしっかりとした実績を残している方ですので

惜しげも無く後悔しているのであればお言葉に甘えさせていただくこととします。

この動画までは無料なのでじっくり何回も見てノウハウを盗もうと思っています。

(僕はよっぽどで無ければ教材は買わずにその中身を推測して実施しています。)

ヤフオクはamazonと違って、出品者のノウハウで売れ方がまるで違うマーケットです。

なんとか勝ち組に加わりたいところですね。

「ヤフオク仕入れ」という選択肢

久しぶりに再開したヤフオク販売ですが、

やはり土日はよく売れますね。

住所の連絡や支払い連絡、支払い確認や発送連絡など

落札者(買手)との連絡回数が多い上に

かなりの部分が手作業ですので面倒です。

amazonやヤフーショッピングなら全部システム上で完結しますので楽チンなのですがね。

ヤフオクにもメリットがあります。

資金の回転が良いのです。

直接、自分の指定した口座に入金されるので

amazonのように2週間待たされることはありません。

このメリットはありがたいです。

ヤフオクでは安物の現物販売しかしていませんが、

コツコツと銀行口座残高が増えていきます。

ヤフオクで販売している商品の一部はamazonのFBA倉庫に保管していますので

マルチチャンネル発送を使ってスマホから発送指示を出せますので

昼休みなどに会社に居ながら発送業務が出来ます。

自己発送よりは割高ですがこの便利さはやめられませんね。

さて、今日は新しい取り組みとして「ヤフオクで仕入れる」ということについて書かせていただきます。

皆さんも目にされているかもしれませんが、

国内仕入 → 国内販売ですごく儲けている人がいます。

こういう販売形態を「せどり」と呼びますが、

このセドリを25年も続けているひとがいまして、このたび塾を始めるそうです。

僕もこの販売形態には興味を持っていまして少しずつリサーチをしています。

ヤフオクで仕入れて(落札して)amazonで売るのです。

仕入れて在庫を持ってからamazonに出品しますので

amazonで「いくらぐらいで」「必ず」「すぐに」うれるという確証が無ければなかなか踏み込めない世界です。

この人はネット上の無料サービスやご自信で作られたツールを駆使してガンガン販売しています。

というわけで何の知識も無いままヤフオクとamazonでシミュレーション(シュミレーション?)してみました。

上の名人は家電が専門ですが、あえて別カテゴリーで。

本格的にやるかもしれませんので今日のところはカテゴリーは内緒です。

ある商品は次のような感じでした。

amazon出品者数 12

amazon最安値(=ほぼ平均値でした) 21000円

amazon手数料引き去り後の入金予定額(85%) 17850円・・・A

ヤフオクの平均落札額(オークファン参照) 13000円

落札後、自宅までの送料 1000円として 仕入コストは14000円

amazonで売れてからの発送送料 500円として 総コスト14500円・・・B

粗利 3350円 ・・・C

C粗利 3350円は、B仕入コストに対して約23%です。

無在庫販売なら23%は良い数字ですが、在庫販売の場合は微妙です。

とくに今回の出品者は個人ですので保管状態がわからない(その分安いですが)、

ヤフオク特有の「ノークレーム・ノーリターン」が前提です。

ややギャンブルになりますので今回は入札を見送りました。

しかし、リサーチが早くなれば、一日に1万円を稼ぐのはワリと簡単な予感がします。

たとえば上述の商品は、amazonで一週間に一つから二つは売れている商品ですので

最安値で出品していればほぼ一週間で売り切れます。

「必ず売れる!!」という目利きが出来るようになれば儲けられる販売形態だと考えています。

今朝方問い合わせているサプリメントの件で

厚生労働省さんが「輸入しちゃ、ダメよ~ダメダメ!!」という判決を出した時点で

国内セドリに乗り換える可能性があります。

また随時ご報告しますね。

商品写真撮影 ライバルに勝つにはオリジナル画像を使うべきかと

昨日は久しぶりに何にも売れない寂しい一日でした。

こんなことはホントに久しぶりです。

あんまり不安にならないのが不思議ですが。

発送梱包作業が無くてヒマなのでかねてから準備していた写真撮影をしました。

新規出品予定商品が中国から届いていたのですが、

商品画像を撮っていなかったのです。

先日、LED照明を買ったというお話をしましたが、

イマイチでしたので返品しました。

中国製の粗悪品なので照度が足らないのとチラツキがひどかったのです。

かわりに山善の蛍光灯スタンドを購入しました。

山善(YAMAZEN) インバーター デスクスタンド ホワイト TDS-R27(W)

1845円と激安ですがLEDライトの何倍も明るいです。

机の上に置くような普通の電気スタンドです。

中国製だと思いますが、日本メーカーなので品質は素晴らしいです。

もともと所有していた蛍光灯スタンド2台とあわせて合計3台体制にしました。

真上からと前方左右から照らします。

2千円ぐらいで購入したミニ撮影スタジオに組み合わせて使うのです。

なぜか三脚だけは高級品です。

Velbon 三脚 レバー式 EX-440 4段 小型 3Way雲台クイックシュー付き アルミ製 301482

カメラを趣味にしようと思ったときに衝動買いしたものです。

でも、この三脚というのは侮ってはいけません。

ひょっとすると撮影機材で一番お金をかけるべき部分かもしれません。

といいながらも一番安いヤツですが(^^ゞ

良いものはメチャクチャ使い勝手がいいです。

カメラはミラーレス一眼レフのオリンパスE-PL5を使っています。

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL5 レンズキット ホワイト E-PL5 LKIT WHT

液晶部分の角度を変更できるので立ったまま画像の確認が出来てメチャクチャ便利なのです。

三脚固定している上、セルフタイマーを2秒にセットして撮影しますので手振れもありません。

撮影テクニックについてはネットやブログでコツを十分仕入れましたので

なかなか満足のいく写真が撮れました。

やはり商品写真は照度(明るさ)が命ですね。

それから画像処理ソフトでさらに背景を明るくしたり質感を調整しました。

ミニ撮影スタジオセットや画像処理ソフトの威力は大きいですね。

無ければ話になりませんから。

amazonとヤフオクに出品しておきました。

ヤフオクで朝方1個売れていました。

夕方もまた1個売れていました。

この調子なら初回輸入ロットの20個はすぐに売れてしまうかもしれません。

ウォッチリストもたくさん入ってます。

しっかりと利益計算したところ、ヤフオクの場合、

仕入れ値150円。

売値900円(送料込み)。

送料250円(定形外郵便)。

利益は500円でした。(思惑では600円)

利益率はものすごいですが現実的な利益はたったの500円です。

小さくて軽い商品ですので輸入ロットを増やせば利益は600円ぐらいまで伸ばせそうです。

それでもボカスカ売れる商品でもありませんから、お小遣い稼ぎ程度の貢献度ですね。

チリも積もれば何とやらですのでコツコツがんばります。

ヤフオクの落札率をグワッ!!と上げる方法

先日から参考にさせていただいている「輸入ビジネス幼稚園」さんの記事の中で

ヤフオクの落札率を上げる方法について書かれていました。

とても簡単なことでしたので早速、真似をして出品方法を変更していますが・・・・

ボカスカ売れ始めました。

amazonで悪い評価を付けられてさっぱり売れなくなったFBA在庫商品でしたが

毎日1個ずつ売れています。

ちなみに1個売れると1700円の利益が出ます。

もうこの商品は廃盤にして取扱いをやめようと思っていましたが追加輸入することにしました。

そのほかの出品物もドンドン売れています。

こういうところに目を付けることができる人って尊敬してしまいます。

このブログの信者になってしまいそうです。

ではもったいぶらずにボカスカ売れるようになった方法を書きますね。

それは「期間」の設定です。

みなさん、オークションの終了日時を週末の夜9時とか10時に設定していませんか?

それも7日間とか期間を出来るだけ長~く取って・・・・。

これをこのように変更するだけでボカスカ売れます。

期間を最短日(明日とか明後日とかですね)にして

終了時刻を夜9時~10時、あるいは夜10時~11時に設定して

自動出品回数をMAXの3回に設定します。

そうです。「終了時間が近い順」で並べ替えたときに表示されやすくするのです。

この作戦は、ヤフオク出品料が完全無料になったことで躊躇せず使えるようになりました。

昔の習慣で「7日間」に設定し続けていてもダメです。

ただし、一品もので1円出品する商品はこの限りではありません。

定番商品で定額出品の場合はドンドンこの方法で出品しましょう!!