日曜コラム版

【日曜コラム版】やはり私達に必要なのは「情熱」と「成功するまで諦めない強い心」

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
今日ものんびりと録りためたテレビ番組を
お気に入りの珈琲を飲みながら観ておりました。
いつもの「カンブリア宮殿」と「ガイアの夜明け」です。
 
 
 
この二つの番組では
新しくビジネスを興し、成功した人々が
どんな理由でそのビジネスを始め
どんな風に難局を切り抜けたかを教えてくれます。
 
 
 
非常に興味深いですし勇気を与えてくれます。
今日はせどりのテクニックのお話はありませんが
良かったら少しだけおつきあいください。
 

  
まずは、3月15日放送のカンブリア宮殿。
岩手県の大船戸市の株式会社アマタケさんを取り上げていました。
 
 
 
あなたはサラダチキンってご存じでしょうか?
ボイルした鶏肉に味付けをしてパックした商品です。
スーパーやコンビニで人気になっています。
 
 
 
似たような商品は大手メーカーからも販売されていますが
アマタケさんは食の安全にこだわり、また
同社の合い言葉にもなっている「ひと手間」を武器に
大きく成長しました。
 
 
 
ただ、ここまでの道のりはたいへん苦しく、
震災の直接被害、それに続く風評被害で
倒産の危機を迎えます。
 
 
 
そんな危機を乗り越えた秘話や
経営者の信念=企業理念、
従業員のがんばりやおつきあい企業の応援など
素晴らしいお話を聞けました。
 
 
 
大手には出来ない発想や
小回りのきく企業規模を活かして
消費者の立場で商品開発を進めて成功していきます。
 
 
 
しかし、東北をおそった津波で
壊滅的な被害を受けます。
また、風評被害により販売額は4割にまで下がります。
 
 
 
「もうダメだ!」甘竹社長がそう思ったときに
創業者が同じ大船渡出身だったモスバーガーが
救いの手をさしのべます。
 
 
 
アマタケが素晴らしい企業だと知っていたモスバーガーが 
同社を救うためタイアップ商品を発売したのです。
その名も「岩手県産南部どりバーガー」
http://www.mos.co.jp/company/pr_pdf/pr_080118_1.pdf
 
 
 
東北の名称がついた食品に風評被害が広がる中、
モスバーガーにとってもリスクのある決断だったと思います。
しかし、この企画は大当たりし、南部どりバーガーは爆発的に売れます。
アマタケと岩手県の産業、人々を経済的に支える結果となりました。
 
 
 
4代目である社長 甘竹秀企さんの言葉が印象的でした。
「成功するまで諦めずにがんばること。」
「諦めない限りは失敗ではない」
 
 
 
やはり苦労して成功にたどり着いた人は
みんな、それこそ噛みしめるように
同じ言葉を口にされます。
  
 
 
次はガイアの夜明けから「下町ボブスレー」
 
 
 
東京都大田区の中小企業が
自分達で制作したボブスレーをオリンピックに送り込もうと
6年間もがんばっています。
国からの援助は無く自分達が資金を出し合っています。
 
 
 
ボブスレーって「そり」なのですが
氷上(ひょうじょう)のF1といわれるくらい、
技術の集大成でもあります。
ヨーロッパを中心に人気のあるウインタースポーツです。
 
 
 
「下町」からはソチ、平昌五輪へ送り込もうとしましたが
技術面や政治的?な問題で採用されず涙をのみました。
ちなみに供給するのは海外のチームです。
日本にはオリンピック参加資格に届く選手がまだいないようです。
 
 
 
下町チームでは、設計会社や鉄工所、溶接業者など
町工場の集積するメリットを活かして
様々な企業が得意分野で無償参加して
一台のボブスレーを作り上げていきます。
 
 
 
ボブスレーにはワールドカップがあるそうで
そういった海外の大会で試走してもらっては
そこから得たデータをフィードバックして改善していきます。
 
 
 
これまた失敗・・・というより挫折の連続でして
なにかうまくいかないことが発生する度に
時間とお金をかけて改善しなければなりません。
しかもテストはヨーロッパで行われるため輸送もたいへんです。
 
 
 
どこかのお金持ちが道楽でやっているのではなく
従業員の生活を守らなければならない、
中小企業の経営者達がギリギリのところで
このボブスレープロジェクトを支えています。
 
 
 
「彼らを支えているエネルギーはなんなのだろう?」
私がテレビ画面から感じたのは「情熱」でした。
「情熱が彼らを動かし、諦めさせないんだな」
・・・そう伝わってきました。
 
 
 
「下町チーム」では平昌オリンピックで
ジャマイカチームにボブスレーを提供することが決まっていて
ずっとジャマイカのある女性選手に密着して
彼女の意見をもとに改良を続けてきました。
 
 
 
「ブレが大きいから改善して」
「ハンドル(左右2本のレバー)を外側へ拡げて」
「ウエイト(レース規格でウエイトを載せます)の場所を変えて重心を低く」
 
 
彼女からのリクエストに下町の企業が全社で知恵と技術を持ち寄り
彼女のリクエストに答えていきます。 
そうやって下町ボブスレーはどんどん進化していき、
有名メーカーに性能で追いついていきました。
  
 
 
しかし、オリンピック直前になり
ジャマイカチームのドイツ人コーチの理不尽な策略により
コーチの関わりが深い他社ボブスレーに切り替えられてしまいます。
 
 
 
性能では勝っているのにオリンピックでの採用を
一方的に取り消されてしまったのです。
 
 
 
下町チームの落胆は大きく
また憤り(いきどおり)も抑えがたいものでした。
観ていた私も膝を叩いて悔しがったほどです。
 
 
 
結果、ジャマイカチームは平昌オリンピックにおいて
参加30ヶ国中、29位と惨敗します。
 
 
 
ゴール後、落胆しながらボブスレーから降り、
ヘルメットを脱いだ女性選手の目に飛び込んできたのは
ジャマイカの国旗を大きく振って健闘をたたえている
下町チームの人達でした。
 
 
 
下町チームは、ジャマイカチームに裏切られたにも関わらず
ジャマイカチームとその女性選手を応援するため
平昌オリンピック会場まで来ていたのです。
レース中も声を枯らして応援していました。
 
 
 
女性選手は「下町チームと大田区の人々が大好きだ」と
目に涙をいっぱいためて語っていました。
きっといろんな感情があふれたことでしょう。
 
 
 
ああ、あなたにもあの場面を見ていただきたかったな・・・。
私は感動しました。
 
 
 
下町ボブスレーチームは
まだ成功にたどり着いていません。
しかし、
いつかきっとたどり着くだろうなって思います。
 
 
 
4年に一度しかチャンスはありませんし
プロジェクトを支えるお金や手間もたいへんです。
関係者の全員に理解してもらえることでもありません。
文字には出来ないほどの障害があることでしょう。
  
 
 
でも彼らはきっと諦めないだろうと感じます。
 
 
 
「成功するまで絶対に諦めない」
「絶対に成功を諦めない」
 
 
 
日曜日の度にテレビ番組(録画)から勇気をいただいています。

【日曜コラム版】メルカリの達人はここまでやっているから強い。

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
先日、とても熱心な読者Kさんからメッセージをいただき
メルカリ販売について意見交換をしました。
Kさん、どうもありがとうございました。
 
 
 
Kさんへはメルカリ販売の成功方法について
私の思うところをお伝えしました。
今日はそのお話をさせてください。
 
 
 
私がKさんへした質問をここでも書いてみますので
あなたもぜひ心の中で答えてみてください。
 
 

Q1
あなたはたくさんのメルカリ出品者のうち
どの出品者が稼げているか見分けがつきますか?
 
 
 
Q2
メルカリではなぜブランディングが必要で
Amazonでは不要なのかわかりますか?
 
 
 
  
強いセラーは強いライバルセラーのことを理解できます。
これはあらゆる分野で共通する真理だと思っています。
  
 
 
太極拳や剣道、柔道などの達人は
相手の立ち姿を見ただけで強さがわかるといいます。
しかし、素人が見てもまったくわかりません。
 
 
 
経験豊富な大工さんは
他の職人さんが使っている道具を見ただけで
その職人さんの腕がわかると言います。
  
 
 
その道で鍛錬を続けた人は
相手が初心者なのか達人なのか
一見しただけで見抜くことが出来ます。
 
 
 
あなたの本業や趣味の世界でも
この法則は当てはまっているはずです。
  
 
 
メルカリも同じです。
 
 
 
苦労して、創意工夫して、何度も試行錯誤して
自分の商品ページをどんどん改善していった人は
商品名、写真、説明文など
全てにおいて成長しています。
 
 
 
強いセラーが初心者セラーの出品を見ると
「ああ、商品名はこうすればもっとお客様の興味を引けるのに」
「ああ、写真のアングルをちょっと変えるだけで見違えるようになるのに」
「ああ、文章にこのキーワードを入れるだけであと1000円高く売れるのに」
と、歯がゆくなります。
  
 
 
逆に、自分より強いセラーのことも理解できます。
「おお、この手があったのか!自分も使おう」
「おお、こういう写真のアングルは気づかなかった!」
「おお、なんて購買意欲をそそる説明文なんだ!真似しよう!」
  
 
 
自分でも試行錯誤(失敗と成功)を繰り返して
少しずつ上達したからこそ理解できるライバルの技。
 
 
 
ライバルを敵視するのではなく
ライバルの努力・向上心・すごさに敬意(尊敬)を払い、
そして、自分より優れている部分をどん欲に取り入れ、
自分を高めていこうとする姿勢。
 
 
 
苦労を避けて
いきなり答え(最終完成形)だけを知りたがる「教えてちゃん」セラーには
絶対にたどり着けない境地です。
 
 
 
私の姉、通称「ワガハイ姉」はこんなことをしています。
メルカリであらたに出品しようと考えたカテゴリーの
強者を研究するのです。
あるカテゴリーでは無敵でも違うカテゴリーにはさらなる強者がいるのです。
「この人はスゴイ!」と感じたら徹底的に分析します。
 
 
 
勉強だと考えてその人の出品物を購入します。
お金はかかりますがさらに大きく稼ぐためのコストだと考えます。
購入してからでないとわからない部分を知りたいからです。 
 
 
 
・購入してから最初の連絡までの時間
・最初のあいさつの文面
・発送までにかかった時間
・発送時の連絡文章
・外装の梱包状態
・商品自体の梱包状態
・サンキューメッセージの文面、カード 
・サプライズプレゼントの内容(オマケですね)
・どんな工夫、オリジナリティがあるのか
などなど。
  
 
 
なぜこの出品者はリピーターが多いのか
ブランディングのためにどんなことをやっているのか 
 
 
 
良い点はどんどん取り入れていき
また、ヒントになることはさらに改良していく。
 
 
 
より大きく稼いでいくためには
この積み重ねが必要ですし
その他大勢から飛び抜けて稼げている秘密でもあります。
 
 
 
お客様に商品を買っていただくためには流れが必要です。
お客様の立場になってこの流れを作り上げなければ
あなたの商品は買っていただけません。
  
 
 
メルカリではまず検索結果に写真と商品名が表示されますよね?
まず、目につくのは写真でそのあとに商品名を読みます。
お客様はずらりと並んだ写真の中から目にとまった写真を選び
その写真の下にある商品名を読みます。
 
 
 
重要なのはこの時点ではまだクリックされていないということです。
 
 
 
購入ボタンはクリックされたあとに表示されるのですから
あなたにとっての第一段階、第二段階、第三段階は
1「写真に目をとめていただくこと」
その次が
2「商品名でさらに興味をもたせて」
3「クリックしていただくこと」
 
 
 
つまり、第一段階である「写真」に目をつけていただけなければ
第二段階以降は見ていただけないのです。
見ていただけないのであれば
存在していないのと同じことです。
 
 
 
あなたがどれほど説明文に力を入れていても
その文章がお客様の目に触れることはありません。
あなたの説明文はクリックした向こう側にあるのですから
あなた以外にその内容を知る人はいないわけです。
  
 
 
まず、あなたが全力で取り組むべきなのは「写真」ということになります。
その次が商品名。
 
 
 
あなたはなんとしてもこの二つの項目で合格点を取り
お客様にクリックさせ、
商品説明を読ませ、購入ボタンを押させなければなりません。
  
 
 
本気でやっている出品者は
ネットや書籍で商品写真の撮り方を勉強しています。
一つの商品をいろんな角度で何十枚も撮影して
トップ画像を選んでいます。
 
 
 
トップ画像で失敗するとクリックしていただけませんから
あなたがいくら素晴らしい商品説明をしても
お客様が読むことはありません。
あなたの商品のトップ画像はお客様がクリックしたくなるような画像でしょうか?
  
 
 
私達メルマガライターの間ではこういう教えがあります。
「一行目は二行目を読んでいただくために存在する」
「二行目は三行目を読んでいただきために存在する」
「三行目は四行目を・・・・」以下繰り返し。
 
 
 
これをメルカリに当てはめると
写真と商品名は
購入ボタンの表示されている商品ページへ進ませるために存在する。
ということになります。
 
 
 
写真→商品名→写真2枚目、3枚目、4枚目→説明文→購入ボタン
この流れを途切れさせた時点で
あなたの出品は失敗に終わります。
 
 
 
「お客様を途中で離脱させずに購入ボタンまで連れて行く。」
・・・これがあなたの仕事のはずです。
いままでこういう事を気にしていましたでしょうか?
気にしていなかったとしたら少し本気度が不足しているのかもしれません。
   
 
 
現在、成功しているメルカリ出品者は
この興味を持っていただいてから
購入ボタンを押していただくまでの
流れ、誘導に命をかけています。
 
 
 
また、個人間売買では
購入者は必ず出品者の評価を確認します。
出品者にとって利益率の高い高額商品ほど
購入者は出品者の事を知りたがるのです。
 
 
 
購入者はその出品者の
その他の出品商品まで見にいって
質問への受け答えで出品者の人となりを見ようとします。
 
 
 
このことがわかっている出品者はその商品への回答が
自分のブランディングにつながることまで計算しています。
質問者一人への回答と考えるのではなく
何百人への自分の売り込みチャンスと捉えて真剣に対応しているのです。
 
 
 
だから質問への回答後に
「見送ります」のような返事をしてきた質問者に対しても
とても丁寧に対応しています。
 
 

「今回はご希望に添えず申し訳ありませんでした」
「また機会があればぜひよろしくお願いします」
「〇〇様が素敵なワンピース(バッグ、お財布)に巡り会えますように・・・」
 
 
 
などなど、そのやりとりを見た他のメルカリ利用者に
自分がいかに誠意のある、心の広い、
良心的なセラーであるかをさりげなくアピールするのです。
  
 
 
「この出品者さんは素敵な人だな」
「この出品者さんは信頼できる人だ」
「この出品者さんの商品なら安心だな」
「この出品者さんから買いたい!」
    
 
 
ワガハイ姉レベルのメルカリ勝者はここまで考えています。
あらゆるチャンスを活かして
ブランディングしているのです。
 
 
 
こういうことは頭の中で突然思いつくわけではなく
何百、何千というライバルのやりとりを
必死に分析していて初めて気づく技なのです。
 
 
 
メルカリで成功するノウハウはもっともっと
いくらでもあります。
 
 
 
・提案型商品ページノウハウ
・リピーター戦略
メルカリのあの限られたスペースでも
勝者はこういったノウハウ・戦略を駆使して爆発的に稼いでいます。
  
  
 
詳細について書くと姉に殺されてしまいますのでかけませんが(笑)
彼女が参考にしているのはライバルだけではありません。
・実店舗
・テレビコマーシャル
・雑誌、他媒体ネットショップ
・街の人々 
 
 
 
生活のあらゆる機会をメルカリに関連づけています。
 
 
 
1万円で仕入れた商品を2万円で出品しても売れなかった。
その売れ残り商品を
100円ショップで買ってきた商品でアレンジしたら3万円で売れた。
 
 
 
身の回りのちょっとしたことをヒントに
稼ぎに結びつけることが出来るというすごさ。
逆に、常にアンテナを拡げて情報を集め
その情報を稼ぐために加工するという努力。
※「努力」には「力」という文字が二つも入っているんですね。
 
  
 
こういった「すごさ」「強さ」はそれぞれ「力」です。
力、つまり実力です。そして、実力をつけるには練習が必要です。
一朝一夕には身につきませんし
ましてや教材のマニュアルにも載っていません。
 
 
 
教材・マニュアルは買うことに意味があるのではなく
実践して実力をつけるために買うものだと思っています。
実力をつけるための練習方法を解説しているのがマニュアルです。
 
 
 
今、兵庫県西宮市の甲子園球場では
春の選抜高校野球大会が開催されています。
彼らはマニュアルを読んだだけで野球がうまくなったのではありませんよね。
歯を食いしばって練習を続けたからこそ
あの舞台に立てる実力を身につけました。
 
 
 
応援・観戦している私達も
彼らが多くのことを犠牲にしながらも
努力を続けてきたと知っているからこそ
感動(心を揺さぶられること)するのだと思います。
   
     
  
あなたが「楽して簡単に稼げる方法」ばかり追い求めている間に
着実に苦労と経験を重ねているセラーは
どんどん先に進んでいるかもしれません。
 
 
 
逆に、あなたがまだ初心者だとしたら
あなたには無限の可能可能性があるわけです。
私から見ればうらやましいくらいの大きな可能性が。
 
 
 
そうです。
あなたには無限の可能性・伸びしろがあるのです。
眠らせていてはもったいないですね。
 
 
 
この春、ぜひあなたの可能性を開花させてください。 

【(火曜日ですが)日曜コラム版】せどりで成功した人の特徴。あなたの夢の実現は、今の生活の延長線上にはない。

people-2572605_960_720

こんにちは ワガハイです。
お盆休みも終盤ですね。
いかがお過ごしでしょうか。 
 
 
 
私はこれまでたくさんの読者さんと交流してきまして
それぞれ、目標を手に入れられた方と
途中であきらめてしまった方との
2通りの結果を見てきました。
 
 
  
今日はそんな2通りの結果について
私個人の感想を交えて
体験談をお話ししますので
あなたの参考になれば幸いです。
 
 
  
途中であきらめた人、挫折した人が
その後どうなるかと言いますと
実は何にも変わりません。
 
 
 
おそらくそれまで通り、
平和に暮らされています。
  
 
 
別にせどりや情報発信で挫折したからといっても
たいへんな事態に落ちるわけではありません。
何事も無かったかのように
それまでと同じ生活を続けていくだけです。
   
 
 
逆に、目指していた生活を手に入れた人も
数限りなく見て参りました。
 
 
 
そんな人はずっと交流がありますので
その後、どうなったかも把握できています。
 
 
  
いろんな「その後」がありますが
一言でいいますと、みんな「お金持ち」になりました。
 
 
 
お金持ちになれた人のことを「成功」と仮定するならば 
成功するまでの過程から、
・どんな人が成功出来て
・どんな人が成功出来ないか
私にはこれがわかるようになってきました。
 
 
  
ですから、現在、成功に向けてがんばっている人の中で
成功しそうなひとには
「あなたは成功するタイプの人ですね」
「だから今のペースを少し上げていきましょう」
「あなたに不足しているのはこういうところだけですよ」
などとアドバイスすることが出来るようになりました。
  
 
 
反対に、このままでは絶対に成功しないであろうひとには
何度も(ワリと厳しい)警告をするようにしていますが
そのうち、嫌になるのか
返信もされなくなりご縁が途絶えます。
 
 
 
私が見てきた成功する人の特徴を
二つだけ挙げますね。
成功しない人の特徴はその反対だと思ってください。
  
 
 
「最初の覚悟が出来ている人」
   と
「努力を続けられた人」 
 
 
 
私はせどりを
よくダイエットにたとえます。
 
 
 
ダイエットに成功出来ない人は
せどりでも成功出来ないと勝手に決めつけています(笑)
 
 
 
ちなみに私自身、ダイエットにチャレンジしてみまして
見事に成功出来ました。(笑)
全くリバウンドもありません。
  
 
 
よく、ダイエットに成功して
もの凄くスリムになった人のことを
「わぁ、あなた、別人みたいになったわね!」
って言いますよね。
 
 
 
そうなんです。
 
 
 
ダイエット、減量、体型改善では
全身のDNAを書き換えるぐらいの覚悟で
別人になるつもりで取り組まないと
絶対にやせられないんです。
 
 
 
・食べることの習慣
・睡眠・休養を取ることの習慣
・運動をする習慣
 
 
 
それまでと同じ習慣、同じ生活をしていたのでは
それまでと同じ体型か
加齢によってそれまでよりも醜い体型しか
手に入れることは出来ません。
 
 
 
あなたの目指す体型が
今の体型とは全く違うものであるなら
あなたの全ての生活習慣は
今とは全く違うものにする必要があります。
 
 
 
ここまではご理解いただけますでしょうか?
 
 
 
「あれだけ食べる量を減らして
あれだけハードな運動を続けていたら
そりゃあ誰だってあれくらい痩せるよぉ」
と誰もが思うくらいがんばらないと痩せられません。
 
 
 
あなたの周りでダイエットに成功している人がいたとしたら
その人は何も無かったかのようにニコニコ微笑んでいても
陰ではたいへんな努力をしています。
 
 
 
しかもダイエットの効果が出始めるのは
早くても数ヶ月後です。
 
 
 
この誘惑の強い現代社会で
数ヶ月以上の努力を続けてきたことになります。
 
 
 
ダイエットであれば
食習慣、睡眠習慣を切り替えた上に
運動の習慣をプラスすることになります。
 
 
 
さて、ようやく、
ここからはせどりのお話になります。
 
 
 
副業の場合はダイエットよりもたいへんかもしれません。
 
 
 
今の生活にプラスして
多くの作業を増やす必要があります。
新しい習慣を身につける必要があります。
 
 
 
タダでさえヘトヘトになるまで働いて
さらに家事もしなくてはならないのに
わずかな自分の自由になる時間や睡眠時間を削って
リスクのある副業に取り組むことになります。
 
 
 
ですから私が指導させていただく際には
その目的意識を強く強く持っていただくようにしています。
 
 
 
目的意識が弱いと
絶対に挫折してしまうと知っているからです。
 
 
 
そして、その目標達成に向けて動き始めるわけですが
「これからたいへんな苦労が始まる」
ということを覚悟していただくようにしています。
甘い考えを捨てていただくことから始めます。 
 
 
 
あなたが目標としている生活が
今のあなたの生活と全く違うものであるならば
今と同じ生活をしていたのでは
絶対に手に入れることは出来ません。
 
 
 
今の生活の延長線上には
あなたの目的地は無いのです。
 
 
 
このことに気がついていない人が多すぎます。
 
 
 
なんとなくせどりをやっていれば
そのうちお金持ちになるだろう・・・。
 
 
 
あなたが心のどこかでこんな考え方をしているのでしたら
今すぐ、考え直す必要があります。
残念ながら、どうやら成功というのは
そんな甘い考えの人のところにはやってこないようです。 
 
 
 
上のダイエットの話でも書いたように
あなたの生活の全てを換える覚悟、
あなたの全身のDNAを書き換える覚悟、
これまでとは違う決断力、行動量、継続力が必要です。
  
 
 
今の快適な暮らしを変えないまま
「おっ、知らないうちにこんなに金持ちになっていたぞ!」
な~んて話は無いのです。
 
 
 
MSMPのLPにも書きましたが
何度も何度も挫折しますし
闘っている最中に甘い誘惑がおそってきます。
あなたを楽な方へ楽な方へと導こうとします。
 
 
 
成功した人がたどった道は
「おまえが快適さと引き替えにしてまで手に入れたいモノは何なんだ!?」
と自問自答を繰り返し、葛藤を繰り返しながら
歯を食いしばって乗り越えて行くイバラの道でした。
    
 
 
ただし、冒頭でも書きましたように
上のような覚悟でせどりに取り組み
見事に成功を手にした人が
読者さんの中にはいくらでもいらっしゃいます。
 
 
 
毎日毎日、
残業の日も休みの日も
睡眠不足と闘いながら仕入れを続け
小さな成果を積み上げていった人たち。
 
 
 
何度も挫折しそうになりながら
壁に貼った自分の目標を何度も確認して自分を取り戻し
行動量と継続力を身につけていった人たち。
 
 
 
毎日1千円の仕入れをノルマとして始めた
まったくのせどり初心者さんが、
3ヶ月後には毎日3万円を仕入れられるようになり、
一年後にはコンスタントに月商300万円を続けている。
 
 
 
そんな人がいくらでもいます。
誰も特別な人はいません。
普通の人たちががんばり続けて
大きな結果を出せる人に成長したのです。
  
 
 
あなたや私と同じ、
どこにでもいるような平凡なサラリーマンや
主婦の方ばかりです。 
 
 
 
稼ぐとことを絶対にあきらめなかった人、
稼ぐことを黙々と続けた人。
 
 
 
ものすごくなだらかな右肩あがりを登り続け
気がついたらとても高いところにたどり着いた人。
 
 
 
小さなことを積み重ねることで
いつの日か信じられないようなところに立っている。
それがせどりで成功している人の
共通のスタイルでした。

【日曜コラム版】今日は根性論・精神論ですのでこういった話が嫌いな方は無理して読む必要はありません。

こんにちは ワガハイです。

先週、
「目標と目的の違いがわかっていないと稼げるようになれませんよ」
という点について
詳しくお話をするお約束をしておりました。

では、早速。

私はいつもあなたに
「あなたの目標はどんなことですか?」
「あなたの夢は?」
と、目標についておたずねしています。

あなたには目標をしっかり持って
その目標に向かってがんばって欲しいと思うからです。

ただ、実際のあなたは
目標があるのに稼げていないのではありませんか?
これはどうしてでしょうか?

今日はその問題を解決しますね。

目標にはその目標を実現したい理由=目的が必要です。
それも「非常に強い目的意識」が必要です。
ぼんやりとしたあこがれ程度の目標では弱いのです。

たとえばあなたの目標がお金持ちになることだとします。

その目標を達成するためには
「なぜその目標を達成したいのか?」
という明確で強固な目的が必要なのです。

目標と目的を混同してはいけません。

目標自体、何度も夢に見るくらい
しっかりと細かくイメージできるほど
明確で無ければなりませんし
その目標を達成したい理由も重要です。

お金は少ないよりも多い方がいい。
という程度では実現しないと言われています。

例を挙げますね。

あなたの目標が「川の向こう岸に行くこと」
だとします。

あなたの目の前に
幅が100メートルもある川があります。

あなたはその川の向こう岸に行きたいのですが
あなたの近くには橋もボートも無く、
あなたが向こう岸に行くためには
川に飛び込んで泳いでいくしかありません。

その川の流れはかなり急で
水も濁っていて深さもわかりません。

あなたは「川の向こう岸に行きたい」
という目標のために
その川に飛び込むでしょうか?

普通は飛び込みませんよね。

そんな苦労はしたくありませんし
危険かもしれないと考えるはずです。

「川の向こう岸に行きたい」という
あなたの目標よりも
「川には飛び込まない」ということを
選択するはずです。

私もきっとあなたと同じ選択をするでしょう。

しかし、もし、次のような状況だったらどうでしょうか。

川の向こう岸には
あなたの小さな子どもさんがいて
悪い男に今にも連れ去られようとしています。
今、あなたが追いかけなければ誘拐されてしまいます。

あなたは川へ飛び込むことを
迷うでしょうか?

迷いませんよね。
死にものぐるいで川に飛び込んで
あなたの子どもを悪い男から
守ろうとするはずです。

ではなぜあなたは
目標である「川を渡る」ということについて
今度は行動したのでしょうか?

それは「子どもを守る」という
強い目的があったからです。

人は目標を実現するのに
強い目的・理由が必要です。

例を変えます。

テレビなどの推理ドラマや刑事ドラマでは
殺人事件などでよくこんなシーンが出てきます。

刑事:
「あいつが犯人に間違いないのだが
あいつには彼女を殺す動機が見当たらないんだよ・・・」

そうです。
刑事ドラマでは犯人を特定するために
・凶器
・アリバイ
の他に必ず「犯行の動機」があると考えるのです。

検察官も
「状況証拠はあいつが犯人だと指し示しているのに
あいつには動機が無いんだ・・・。起訴できない!」
な~んてやっています。

大きな事件(行動)を起こすには
強い動機が必要とされているのです。

たとえが悪くてすみません。

私達の崇高な目標と凶悪犯行とでは
もちろん違います。

それでも
大きな目標を実現するには
強い動機=理由=目的が必要なのです。

目的意識が弱いとどうなるのでしょうか?

私はよくダイエットにたとえます。

ここに「やせたい」という目標を持つ女性がいます。

彼女の目的が漠然と「やせたいなあ」という場合と
下の場合とではどう違ってくると思いますか?

「もう2年も片思いで恋い焦がれている彼は
スリムな女性が好みなのか・・・
よおし、彼に気に入ってもらえるように
あと5キロやせるぞ!」

この女性がダイエット(目標)に成功しやすいのは
やせるための目的が無いときと
やせる目的が明確で強い場合との
どちらだと思いますか?

ここまで書けば
目標を達成するために
明確な目的意識を強く持つ
ということを再認識していただけたと思います。

目的の次に大切なことは
行動を起こして継続すること。

実は目的・理由・動機が明確になっても
人にはまだ大きな困難があります。
それは「人はすぐに元の生活に戻ろうとする」
というコンファタブルゾーンの法則です。

今、あなたはやる気に満ちて
目標を達成した自分自身の姿をイメージし、
とても張り切った状態です。
もう、何でも出来るような気がします。

しかし、ここまで準備が出来ても
行動に移さない人の方が多いのです。
明日、おそらく9割の人は
昨日と同じ生活をしているはずです。

1時間早く起きてリサーチをしたり
会社帰りにヤマダ電機や
ブックオフへ行く人は
1割もいないのです。

では反対に、
明日、行動を起こした10%の人はどんな人だと思いますか?

他の9割の人よりも
より目的がはっきりしている人
より動機が強い人だと思いませんか?

たとえば、せどりです。

「毎日仕入れをする!」
と自分でルール(目標)を作ったとします。

しかし、仕事でトラブルがあったり
体調が悪かったりで
会社帰りにブックオフへ行くのが
とてもおっくうです。面倒くさいです。

別に今日からじゃ無くても
明日、2日分がんばれば追いつきます。
「今日は帰ってビールを飲んで
また明日からがんばればいいや・・・」

9割の人はこうやって
普段の生活から抜け出すことが出来ません。

人には「コンファタブルゾーン」という
居心地のいい場所から出たくないという本能があります。

ダイエットに失敗する人は
おやつを食べたり
脂っこい食事をしている今の生活が
とても居心地がいいから抜け出したくないのです。

厳しい食事制限や
苦しい運動をするくらいなら
デブで醜い姿の今の生活を選んでしまうのです。

今まで仕入れをしてこなかった人は
貴重な時間を犠牲にしたり
リスクをとって仕入れをしたりするよりも
家で野球を見ながらビールを飲む方が快適なのです。
 

この慣れ親しんだ快適な生活から抜け出すのは
並大抵の努力・決意では無理なのです。

生活をがらりと変える勇気。
DNAを書き換えるぐらいの覚悟が必要です。
昨日の延長では何も変わらないのです。

それくらい、
人は行動を起こすのに
強烈なエネルギーが必要です。

そして、続けるのはもっと大変です。

もし、すぐに結果が出なかったとしたら
あなたは何日、今のモチベーションを
保ち続けることが出来ますか?

よく三日坊主と言いますが
ここでも9割以上の人は
3日も続けられません。

話題を目標に戻します。

せどりのような
ネットビジネスでよくあることですが
ネット上には「月収100万円!」
とかの人がたくさんいます。

読者さんに目標を聞くと多くの人が同じように
「100万円稼げるようになりたいです」
と答えてくれます。

それはそれで結構です。
目標は高くなければ意味がありませんし
ネットビジネスなら100万円は
それほど難しい額ではありません。

ただ、初心者によくある間違いは
「いきなり100万円を目標にしてしまう」
ということです。

今、月に1000円も稼げていない人が
いきなり100万円を目指しても
しばらくは目標に遠く及びません。

目標と現実に大きなギャップがあることを
認識できないまま動いています。

このギャップの大きさに
モチベーションを蝕(むしば)まれてしまうのです。
自分のイメージ通りに事が運ばないと
人は混乱して立ち止まってしまうのです。

せどりで100万円を稼げるようになるためには
その前にまず10万円を稼げるようにならないといけません。

せどりで10万円を稼げるようになるためには
その前にまず5万円を稼げるようにならないといけません。
そしてその前に3万円を稼げる実力が必要です。

つまり、
第1段階の目標 月に3万円稼げるようになる。
第2段階の目標 月に5万円稼げるようになる。
第3段階の目標 月に10万円稼げるようになる。
第4段階の目標 月に30万円稼げるようになる。
第5段階の目標 月に50万円稼げるようになる。
第6段階の目標 月に100万円稼げるようになる。

このように段階を踏んで成長するイメージが無ければなりません。

月に3万円稼げるようになるには
毎日1000円稼げるようになればいいのです。

月に3万円の人は、一ヶ月を30日で割れば
毎日1000円の利益を出していけば達成できます。
月に5万円の人は毎日のノルマが1667円です。

月に100万円を稼ぐことを最初の目標にした人は
毎日の利益が1000円しか無ければ
挫折感を味わうことでしょう。
だから退場していきます。

しかし、目先の目標を3万円にして
毎日1000円という小さな成功を積み重ねた人は
3万円の目標を達成した後、
今度は月に5万円を稼ぐために
毎日1667円のノルマに挑み続けることが出来ます。

毎日1667円のノルマを達成できるようになった人は
次は毎日のノルマを3333円に上方修正していきます。

毎日の利益ノルマが3333円というのは
中古家電を毎日一つか二つ仕入れていけば
楽々、達成できる金額です。

それまで本業以外に1円も稼げていなかった人が
こうやって毎日コツコツと
小さな成功体験を積み重ねていくうちに
気がつけば月に10万円も稼げるようになっています。

これが継続の力です。

月に10万円と言えば
サラリーマンでは2階級くらい昇進しなければ
増えない金額です。

一ヶ月の利益が10万円。
せどりではコツコツ継続していくだけで
数ヶ月程度で必ず達成できる金額です。

9割の人は
「何もしなくても良い快適な元の生活」
に戻ってしまいますが
目標と目的を明確にしている人は
コンファタブルゾーンを変えていくことに成功してしまいます。

月に10万円を稼げるようになった人は
すでに生活を変えることに成功していますので
かなりの確率で30万円、50万円、100万円と伸ばしていきます。

伸ばしていく途中で
必ず壁にぶち当たりますが
壁を打ち破る武器もやはり目的意識の強さ、
成功への動機の強さです。

もしあなたが
「お金持ちになりたい」と考えるようになってから
既にかなりの時間が経過しているのに
まだお金持ちになれていないのでしたら
一度、上の事柄について自問自答してみてください。

「俺の目標はなんなんだ?」
「なぜ俺はそれを実現したいんだ?」
「本当に、どうしても、何が何でも、命がけで実現したいのか?」

あなたには
・川に飛び込んで向こう岸へたどり着くべき目的
(行動を起こす目的)
・どんなに川の流れが強くても向こう岸まで泳ぎ続ける目的
(行動を続ける目的)
このことを常にしっかりと認識して欲しいのです。

今日は根性論、精神論になってしまいましたが
ずっとあなたに伝えたいと思っていました。

今日の言葉は
私自身への戒め、叱咤激励でもあります。

私自身、とても弱い人間だと自覚しています。
だからこそ、あなたと励まし合って
同じ方向をめざして
ともにがんばっていきたいと思っています。

【日曜コラム版】まだ稼げていないあなたが目指すステージ(収入ランク)にたどり着くための正攻法を簡潔に解説してみました。

こんにちは ワガハイです。

このメルマガでは一貫して
「自分や家族の夢を叶えるために副業をがんばろう!」
「そのために転売で稼げるようになろう!」
というお話をしています。

また、そのためのノウハウやマインドについて
私の信念や経験を交えてお話ししています。
結果的に「お金を稼げるようになる」ことを
ゴールの一つにしています。

世の中には「お金がすべてじゃない!」
という考え方があることを理解していますし
私自身も少なからずそう考えています。

ただ、使えるお金が増えることで
不都合なことがかなり少なくなると思っています。

アメリカ研究者による幸せに関する研究では
年収が500万円以下だと
日常的にお金のストレスを感じている
というデータがあります。

どれだけお金があれば幸せになれるのかは
個人の生活レベルによりますが
ある程度の経済的な豊かさは
幸せにとって不可欠だと思います。

商品の値段を全く気にせずに(確認せずに)
ポンポンとお買い物ができるのは
年収が3千万円以上だと聞いたことがあります。

ただ、年収3千万円は
私達にはいまひとつピンと来ない、
現実的ではない数字です。

私達にはとりあえず
月収100万円、年収1200万円あたりが
目標とするのにちょうどいいと思います。
だって、手が届きそうですよね。

では利益・収入で月に100万円稼ぐというのは
どんなレベルなのか考えてみましょう。

まず、サラリーマンで月給が100万円。

会社があなたに100万円を払うためには
あなた自身が会社に毎月300~500万円程度の
利益を提供する人間でなければなりません。

100万円の利益を出せない人に
100万円の報酬を払っていたら赤字ですからね。
しかも会社はあなたへの福利厚生費用など
給与以外に数倍のコストをかけています。

あなたが月に数百万円の利益を出しているとしたら
優秀な部下をまとめてチームで仕事をする、
チームを使って結果を出せるスキルのある人物、
提案力、交渉力、影響力を持つ人物・立場でいなければなりません。

今からがんばってそのポジションへ行けそうでしょうか?

あなたが商売人、自営業であれば
かなり独創的な商品やサービスを提供していなければ
単月の利益で100万円というのは
じつはなかなか難しいです。

同業他社となんの差別化もできていなければ
「サラリーマンでもやっていた方がマシ」
という程度にしか稼げません。
ライバルとは違う視点、アイデア、努力が必要です。

企業に雇われて収入を増やしていくにあたっては
5つの壁があるといわれています。

最初の収入の壁は年収200万円。
フリーターになった人の壁です。

正社員ではなく、日雇いやアルバイトだと
なかなかこれ以上に年収が増えません。
この壁を乗り越えるためには
安定した仕事を得るしかありません。

次の壁は年収600万円です。

普通に就職して
普通レベルの仕事をしていると
だいたいこのあたりで収入が止まります。

会社側からすると600万円も払えば
そのポジションを巡ってたくさんの人が応募してきます。
だからそれ以上の給料を払う必要がなくなりますので
ほとんどのサラリーマンの収入はこのラインで頭打ちになります。

この600万円の壁を乗り越えるためには
「その他大勢」のレースから頭一つ飛び出すほどの
「目に見えて優秀である」必要があります。

企業でいいますと、課長グループから抜け出して
次長や部長になれる人でしょうか。
サラリーマン全体の2割もいません。

次の壁が年収1千万円。
そのあと、3千万円、1億円と続きますが
カルロスゴーンレベルの話ですので割愛します。

ちなみに
国税庁の平成27年度民間給与実態統計調査によれば、
給与所得者の平均給与は420万円
(男性:521万円、女性276万円)となっています。

そして、年収1000万円以上の給与所得者の割合、人数は以下の通りとなります。

給与所得者数:47,940千人
年収1,000万~1,500万:人数…1,539千人、割合…3.2%
年収1,500万~2,000万:人数…335千人、割合…0.7%
年収2,000万~2,500万:人数…101千人、割合…0.2%
年収2,500万以上:人数…117千人、割合…0.2%

「会社勤め」で年収を増やすことが
どれほど大変なことかご理解いただけたと思います。

では私たちはお金持ちになることを
あきらめなければならないのか?
といいますと、決してそうではありませんよね。

『本業ではほとんど無理だけど
私たちには副業で稼ぐという選択肢・可能性がある。』

『本業では上位数%のスーパーサラリーマンに勝てないけど
副業で逆転してみせる』

これが私たちのテーマです。

本業を辞める必要はありません。
(過労死するほどキツい職場は別ですが)

本業収入+副業収入で
とりあえず月収100万円。
年収1200万円を達成しましょう。

せどりだけでも月収100万円は
そんなにたいへんな世界ではありません。
アマゾンで500万円の売り上げがあれば達成できます。

このメルマガでは全くの初心者から
月商1千万円オーバーの成功者が
いくらでも現れています。

成功した人の共通点はたった一つだけです。
「成功するまで行動し続けたこと」
つまり、あきらめなかっただけ。

逆に言えば
稼ぐことをあきらめずに行動し続ければ
稼ぐためのノウハウがこれだけそろっているのですから
誰でも成功することができます。

ただ、この「行動し続ける」というのが
どうにも難しいようです。

続けるために重要なことは2つあります。
「何度も何度も自分を奮い起こせること」
「成功への思いがどれだけ強いか」

人間ならだれでも
時間がたつと初心を忘れてだらけてしまいます。

結果を出せないと自暴自棄になってやめてしまいます。

自分にやる気がなくなっていることに気づいても
どうしようもなくなってしまいます。

そんな時でも自分の顔をパシパシ叩いて
目を覚まし、奮い起こせる人は成功します。

あなたはいかがでしょうか。

あなたが目指すステージはどのあたりでしょうか。

そしてあなたはどれほど強く
そのステージにたどり着きたいと
思っているのでしょうか。

思いが弱ければ行動に移せません。
思いが強ければ
いてもたってもいられなくなるはずです。

「まあ、明日からやってみようかな」
という程度でしたら
あなたの思いは弱すぎます。
考え直した方が良いでしょう。

「背水の陣」という言葉があります。
あなた自身をとことん追い込んで
成功への思いを強くする必要があります。

あなたは今日、いろんなメルマガで
いろんなノウハウを目にしたはずです。

会社帰りや帰宅した後
どれか一つでも実践するのでしょうか。

おそらくほとんどの人は何も実践しません。
ノウハウを教えてもらっても
実践する人は100人に一人もいないという統計があります。

(このことを知っているから
教材販売者は惜しげも無くノウハウをさらすのです)

今日知ったノウハウを
どれか一つでも実践してみた人は
たったそれだけで
その他大勢に大きな差をつけることができます。

明日も違うノウハウを実践してみれば
二日間、なにもしなかった人よりも
かなり目標に近づけます。

こうやってせどりでは
稼いでいく人と
全く稼げない人に二極化していきます。

このメルマガでは
「このツールやノウハウを使って
あなたの稼ぎを加速させましょう!」
と呼びかけることがあります。

しかし、立ち止まっている人は
加速のしようがありません。

動き始めた人だけが
加速したり、方向を変えたり、
助走をつけてジャンプすることができます。

今日からでかまいません。

毎日、何か一つでもノウハウを実践してみる。
毎日、何か一つでも仕入れてみる。

とにかくあなたのその重いお尻を
椅子から浮かせて歩き出してください。
なにかが変わります。必ず。

※明日からは
あなたが「行動を始めた」という前提で
仕入れや販売に必要なノウハウをお伝えしていきます。
がんばって実践してくださいね。

【日曜コラム版】あなたが必死に登っているその『ハシゴ』、いったいどこへたどり着きますか?

こんにちは ワガハイです。
 
 
 

私自身がサラリーマンですので
サラリーマンを否定するつもりは無いのですが
「がんばるべきところはそこなのかな?」
と思うことが多いです。
 
 
 
今日は少し、そのことについて書かせて頂きます。
 
 
 
あなたがサラリーマンだとして
毎日頑張っているのはどういう理由でしょうか?
あるいは「どういうところ」で頑張っていますか?
 
 
 
・評価を上げて出世し、昇級したい。
・評価を上げてボーナスを増やしてもらいたい。
・評価を上げて左遷や解雇対象から逃れたい。

まあ、そんなところだと思います。

だからあなたを評価する立場である
「上司」にストレスを感じます。

また、ライバルでもある同僚が
みんな休日出勤しているから
あなたも渋々、休日出勤しています。
本当はみんな休みたいのに
お互いのせいで誰も休めません。
  
 
 
あるいは、あなたが出勤しなければ
職場が回らないように仕組まれています。
 
 
 
あなたの思惑通り、
あなたは会社で頑張れば
評価されて給料が上がったり
ボーナスが増えたりすることでしょう。
 
 
 
同期よりも目立って頑張れば、
同期と比べて昇進が早く
同期や先輩を部下にする立場に付けるかもしれません。

でもね。
ちょっと考えてみてください。

あなたが歯を食いしばって頑張って
評価が上がったとしても
それは「あなたの会社の中だけのお話」です。
 
 
 
例えばある会社の課長さんの年収が
隣の会社の係長さんよりも低い。
なんていうことが当たり前にありますよね。
 
 
 
あなたが一生懸命に
全てを犠牲にして40年間頑張っても
それはあなたの会社という
限られた組織だけの評価であって
社会全体の評価ではありません。

あなたが一生懸命に
ライバルを蹴落としながら登っているそのハシゴは
いったいどこに掛かっていますか?
登った先にはどんな場所があるのでしょうか?

「やった!部長になった!」
「家族を犠牲にして離婚してしまったけれど
同期の中では一番出世だ!」
・・・でも隣の会社の課長さんよりも年収が低かったら・・・。
 
 
 
じつはこういう人生って
ものすごく多いようです。
 
 
 
仕事がハードなだけならまだマシです。
上司に誘われれば体調が悪くても飲みに行く。
カラオケに付き合わされて
音痴な歌を手拍子で盛り上げる。
 
 
 
週末は家族を残してゴルフに参加。
これまた見え見えのお世辞でヨイショする。
上司のスコアが悪ければ
天気やコースの悪口を言わなければならない。
 
 
 
公私全てを犠牲にして
命と心を削ってまで
あなたが登っているそのハシゴは
どこに掛かっていますか?
 
 
 
登った先にあるものがわかったうえで
登っていますか?
 
 
 
昇級で年収を100万円上げるのはたいへんです。

最近は日本企業の給与が下がり続けていますので
係長から課長になったぐらいでは
100万円も増えません。
 
 
 
係長時代に毎日8時間働いていて
課長になったら労働時間が16時間に増えた。(倍)
でも給料は3割ふえただけ。
これでは実質、給料が下がったようなものです。

私はこのサラリーマンの仕組みが嫌で
逃げ出しました。

気が向かない上司とのつきあいを全てやめ
お世辞もゴマスリもしない、「変人」になりました。
 
 
 
私は「やりたくないことをやらずにすむ自由」を選びました。
 
 
 
なぜならそんな必要がなくなっていたからです。
 
 
 
自分で行きたいところへ登ることが出来る
目的地のハッキリしているハシゴを見つけたからです。
登った先がどんな世界か知ったうえで登っています。
 

サラリーマンが年収を100万円増やすのはたいへんですが
せどりでは簡単でした。

他人の評価で決まる昇級とは違い
実力の世界でしたからやりがいもありました。

せどりで稼げるかどうかは
誰のせいにも出来ない自己責任の世界です。
だからこそやりがいがありますし
稼げるようになってきたときの手応えや
目標を達成したときのうれしさはひとしおです。
 
 
 
 
あなたとあなたの上司の年収は
どれくらいの差があるでしょうか?

あなたが係長さんだったら
課長さんとは50~150万円
部長さんや次長さんとは150~200万円
社長さん(雇われ社長の場合)でも1千万円以内でしょう。
 
 
 
あなたが社長さんになれる確立やそれまでの苦労と
せどりで年収差を埋めるのとでは
どちらが簡単でストレスの無い生き方でしょうか。
 
 
 
ちなみに上場企業役員の平均的な給与(役員報酬)は
会長で3700万円
社長で3500万円
専務で2400万円だそうです。
平(ヒラ)の取締役だと1500万円程度でしょうか。
 
 
 
私達が上場企業の役員になることは
ほぼ100%あり得ませんが
役員クラスの収入なら手が届きそうです。
 
 

実際、せどりを始めてまだ3年の
会社では課長をしている私の年収は
副業収入を加えると
上場企業の役員レベルです。
 
 
 
しかも、節税が出来ているので
可処分所得は役員以上です。

副業に抜群に強い税理士さん
お任せしていることが大きいです
→ 
 
 
 
あなたも今のハシゴの先を
今一度確認して
本当に行きたい世界へハシゴを掛け直しませんか?
 
 
 
40年後、
「俺が来たかった場所はココでは無かった・・・」
と後悔する前に
副業で違う未来を目指しましょうよ。
 
 
 
上司にゴマをすり
命を削っている同僚には申し訳ないですが
会社の同僚に向かって
「頑張り方(ハシゴ)を間違えているよ!」
とは言えません。
 
  
 
しかし、
同じ目標を持つあなたになら
声を大きくして言えます。
「せどりで未来を変えましょう!」と。

せっかくの新年度ですから
これからあなたが目指していること
夢や目標を達成するために
会社でがんばる方がいいのか
給料以外の収入を伸ばすことに注力するのか。
 
 
 
仕入の手を止め、
時間を作ってでも
真剣に考えてみてください。

副業で頑張ると決めたのなら
もう迷わないことです。

私が応援しますから
安心して取り組んでください。
 
 
 
では今週も一緒に頑張っていきましょう。

【日曜コラム版】平均的なサラリーマンは60歳時点で3200万円不足するという現実。では私達がこの悪夢から抜け出す方法は?

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
先日、会社から
「確定拠出年金」の
従業員教育用リーフレットを配布されました。
 
 
 
会社側の責務として
従業員に対し定期的に
確定拠出年金について
教育をする必要があるようです。
 
 
 
ご存知のように確定拠出年金は
「従業員自らの責任で」運用するものでして
元本保証はありませんし
ちゃんと運用手数料も取られます。
 
 
 
さて、
なんのために確定拠出年金があるのかといいますと
「年金」と言うぐらいですから
「老後の備え」のためということになります。
 
 
 
なぜ老後に備えが必要かと言いますと
一般的なサラリーマンの場合、
定年後にはお金が不足することが
ハッキリしているからです。
 
 
 
リーフレットには
こんな試算が載っています。
 
 
 
60歳で退職後、
夫婦二人で平均寿命(男83、女89)
まで生きた場合の試算です。
 
 
 
平均的な生活(月26.5万円)の生活をした場合
60歳以降、
生活費は約8800万円が必要です。
 
 
 
ゆとりのある生活(月35.4万円)では
同じく60歳以降、
生活費は約1億2千万円も必要です。
 
 
 
対して、収入となる公的年金
(サラリーマンの場合は厚生年金)は
約5600万円です。
 
 
 
つまり、
平均的な生活をしたいと思っても
約3200万円不足します。
家が買えるような金額ですね。
 
 
 
また、ゆとりある生活をしたいと思っても
約6400万円も不足します。
 
 
 
不足ですよ?!不足。
このままでは誰も平均的な生活が出来ないんです。
 
 
 
では不足分をどうするか?
リーフレットでは3通りの答えが載っています。
1.節約する。
2.働く。
3.運用する。
 
 
 
1.の節約ですが
年金暮らし(年収250万円)の人が節約して
毎年100万円もお金を貯められますでしょうか?
 
 
 
2.の働くについても60歳から何歳まで働けば
平均的な生活が出来るのでしょうか?
 
 
 
というわけで3.の運用をしましょう!
というのが政府のお勧めのようです。
 
 
 
先ほどの平均的な生活のために必要な
8800万円についてですが
一般的なサラリーマンは次のようになります。
 
 
 
・公的年金が5600万円
・会社の退職金1000万円
・確定拠出年金400万円
不足分=1800万円
 
 
 
退職金で住宅ローンを返そうと計画している人は
絶対無理だとわかりますよね。
 
 
 
会社の退職金が少ない人も同じです。
 
 
 
上の例では60歳の退職までに
全ての借金が返済されていて
預金が1800万円あれば
なんとか生きていける計算になります。
 
 
 
賃貸住宅に住む場合はもっと出費が多いでしょうし
持ち家でもマンションでしたら
修繕積立金や共益費など
毎年30~40万円は必要でしょう。
 
 
 
引きこもりの息子がいたり
大きな借金が有る場合、
60歳でリタイアというのは
もう絶望的です。
 
 
 
文字通り、「死ぬまで」働くしかありません。
実際、街では
「このおじいさん、いったい何歳なんだろう?」
というような人を見かけますよね。
 
 
 
昔、
大企業には「企業年金」という制度がありました。
公的な年金も60歳から支給され
一般的なサラリーマンは
60歳以降、働く必要はありませんでした。
 
 
 
しかし、金利の低下から
企業年金は破綻し
企業には従業員の老後を守る力は無くなりました。
 
 
 
公的年金も65歳支給となり
日本国民の労働定年は65歳となりました。
今、70歳にしようかという動きもあります。
 
 
 
政府はもうとっくに
国民にゆとりある老後を過ごさせることを
あきらめてしまっています。
 
 
 
「ちょっとギャンブルになっちゃうけど
自分の老後のお金は自分で用意してね~」
という時代になりました。
それが確定拠出年金です。
 
 
運用結果の責任は私達が負わされますが
採用された運用会社は
結果がどうであれ、手数料をきっちりと持っていきます。

 
 
 
少し、話は変わりますが
あなたはせどり以外に
なにか収入源はありますか?
 
 
 
私は最近、よく他のせどらーさんと
お話をするのですが
みなさん、けっこう、いろんなことに取り組んでいます。
 
 
 
サラリーマンで無い人が多く、
毎月5万円の国民年金など
だれも当てにしていないから
自分で老後のお金を貯めようと頑張っているのです。
 
 
 
民泊であったり不動産投資であったり
株や債権、FXをやっている人も多いです。
 
 
 
FXもいいと思いますよ。
もちろん、あまりレバレッジを大きくして
ギャンブルになってしまってはダメですが。
 
 
 
最近はローリスクローリターンの
自動売買方法が確立されつつあって
ホームランは無いものの
堅実に増やすという「本来の投資方法」が支持されています。
 
 
 
私のように不動産投資も良いと思います。
 
 
 
せどりは70歳や80歳になると
さすがにしんどくなってくるはずです。
せどりの場合は仕入が投資と言えなくも無いですが
結局は労働です。
 
 
 
つまり、仕入、発送などの
労働をやめたとたんに
収入が途絶えてしまいます。
資産型の投資ではなく労働型の投資ですね。 
 
 
 
資産型の投資というのは
不動産業、自動販売機業
株の配当(インカムゲイン)など、
利回りは低いけれど
ほったらかしでお金が増える仕組みのことです。
 
 
 
せどりはキャピタルゲインですね。

 
 
あなたにとって今は
せどりでどんどんお金を増やしていくべき時期ですが
他のせどらーのように
老後を睨んで別の収入源を確立し始める時期でもあります。
 
 
 
今のままでは、本当に
「死ぬまで働く」「死ぬまで貧乏」というコースに
どっぷりつかっているのですから。
 
 
 
もう一度言いますね。
今のままだと「絶対に」お金が足らなくなります。
冗談抜きで、死ぬまで働くことになります。
政府が作ったリーフレットに載っていることです。
 
 
 
60歳や70歳になって
「生活が苦しい」「カラダが動かない」
と悲鳴をあげても、政府や元勤め先は
「あ~あ、だから老後に備えなさいってあれほど言ったのに」
というだけで何もしてくれません。
 
 
 
つまり、私達は、今、
死ぬ直前までずっと貧乏人というコースの
ど真ん中を歩いているわけです。
 
 
 
あなたは「自分だけは例外」なんて
現実逃避をしている場合では無いのです。
  
 
 
「老後は家族で海外旅行♪」
なんて夢のままで人生を終えることになります。
あなたの奥さんは
あなたに付き合って
同じように貧乏なまま人生を終えます。 
 
 
 
あなたの奥さんは息を引き取る前に
「ああ、一度でいいから温泉旅行に連れて行って欲しかった」
と言い残すことでしょう。
 
 
 
・・・と、
ここまでとてもネガティブな
しかし現実の状況を再確認して頂きました。
 
 
 
いかがですか?
もちろん、こんなストーリーは
いやですよね?
 
 
 
私だってそうです。
死ぬまで貧乏のまま働き続けるなんて
まっぴらごめんです。
 
 
 
だからこそ私達は
今、必死になって
この貧乏人コースから抜け出さなければなりません。
 
 
 
私からあなたにアドバイス出来るとしたら
次のことしかありません。
 
 
 
・毎日仕入を続けること。
・稼ぐことを絶対にあきらめないこと。
・モチベーションを維持すること。 
 
 
 
今日はとくに3つめの
モチベーションを維持することについて
少しだけお伝えします。
  
 
 
ヒトはどんなに上手くいっていても
飽きてしまって続けられなくなるイキモノだそうです。
 
 
 
頑張ったのに結果が出ないと
やる気がなくなりますよね。
 
 
結果が出ていても
単調だと飽きてしまいます。
 
 
 
しかし、私達がやっているのは
趣味や道楽ではなくビジネス(商売)ですよね。
死ぬまで貧乏人コースから抜け出すための
唯一の希望の灯です。
 
 
 
こんなに大切な「希望の灯」なのに
「飽きてしまった・・・」と
吹き消してしまうひとが
とても多いのです。
 
 
 
私の住む関西地方では
昔、ビジネスのことを「商い」と呼んでいました。
商い=あきない=飽きない
決して偶然では無いと思っています。
 
 
 
ビジネスとは
飽きずにコツコツ続けていくもの
 
 
 
途中で投げ出さず継続出来たひとだけが
成功出来たのは
今も昔も同じなのだと思います。
 
 
 
せどりを始めたヒトの
実に90%は成功出来ずに
やめてしまうという統計結果があります。
 
 
 
通勤電車の中でスマホゲームをする人もいれば
ショップからのセール情報をみて
電車の中で注文してしまうヒトもいます。
 
 
 
楽な方へ流されるのは簡単です。
だから自分で自分にノルマを作って
小さな成功を積み重ねて
「商い」をあなたの習慣にしてください。
 
 
 
このメルマガを閉じた後、
ネットショップで仕入れた千円の商品が
将来、あなたに豊かな暮らしをもたらしてくれる
きっかけになるかもしれません。
 
 
 
今日は根性論になってしまいましたが
「このままではもうどうにもならないこと」
「成功するまで歯を食いしばって続けること」
この2つをあなたに真剣に考えて欲しいと思って書かせて頂きました。
 
 
 
あなたにはいろんな事情があることを
私は十分に理解しています。
本当にたいへんだと思います。
よく頑張っていると思っています。
 
 
 
しかし、どんな事情があっても
どんな環境にいるとしても
結果を受け止めるのは
あなたとご家族です。
 
 
 
もし、今日がお休みで時間があるのなら
少しだけ真剣に考えてみてくださいね。
 
 
 
では、お互い、
ともにまた明日から頑張りましょう。
今の死ぬまで貧乏コースから抜け出すために。

【日曜コラム版】せどらーにとっての資産(お金を生み続けるもの)ってなんだ?せどらーは何に投資すればいいのか?

メリークリスマス♪ ワガハイです。
いかがお過ごしですか?
  
 
 
 
私は子供の頃
父親に教えてもらって
自転車に乗れるようになりました。
(何度も転びながら・・・)
 
 
 
そのおかげで
大人になってからバイクにも乗るようになり
日本中をハーレーで旅行することが出来ています。
  
 
 
私は大学を卒業してすぐに
スキューバダイビングのライセンスを取得しました。
 
 
 
そのおかげで
海の中へ飛び込んでいくという
人生観がひっくり返るような
素晴らしい体験をすることが出来ました。
 
 
 
その反面、後悔していることもあります。
 
 
 
私は英会話が出来ません。
何度もチャレンジしましたが挫折してしまいました。
私がもし英語を話せたら
私の人生は大きく変わっていたことでしょう。
 
 
 
私は字が下手です。
子供の頃に習字教室に通わせてもらっていたのですが
いつもサボって草野球をしていました。
大人になった今、
私の悪筆は大きなコンプレックスになっています。
 
 
 
自転車に乗れること。
スキューバダイビングが出来ること。
これは私にとって資産です。
ずっと私に幸せを運び続けてくれる資産です。
 
 
 
英会話が出来ないこと。
字が下手なこと。
資産に出来なかったことがらです。
今後も私にずっとつきまとうコンプレックスです。 
 
 
 
 
昨日、資産形成術について
少し触れさせて頂いたところ
「まだ読んでいないのですが、
不動産を買った方がいいのでしょうか?」
というご質問をいただきました。
 
 
 
すみません。(汗)
そうではありません。私の説明不足でした。
これからあなたをずっと稼がせる資産について
わかりやすくご説明します。  
 
 
 
そもそも資産とはなんでしょうか?
それは「利益を産むもの・仕組み」
のことです。
 
 
 
一度手に入れてしまえば
長く利益を産み続けてくれるもの
それが資産です。
 
 
 
世間では不動産だったり
株式(売買利益では無く配当利益)であったり
ジュースやたばこの自動販売機であったりします。
ほったらかしでもお金が入り続けます。
 
 
 
私達、せどらーで言いますと
知識やスキル、ノウハウがこれにあたります。
 
 
 
正々堂々とした方法での知識・スキル。
王道に近い知識・スキルであれば
環境が変わっても長く稼ぎ続けることが出来ます。
 
 
 
その反面、資産にならない知識やノウハウもあります。
 
 
 
「メルカリ本部をダマしてツールで最上位表示させる方法」
「ワンクリックで百万円稼ぐ方法」  
「コピペだけで1億円稼ぐ方法」
 
 
 
一瞬は稼げるかもしれませんが
環境が変わってしまうと
もう稼げません。
 
 
 
しかし、次のようなスキルは資産です。
 
 
 
「ヤフオクで仕入れてメルカリで売る方法」
「メルカリで高く売れるブランドを知る方法」
「中国輸入で独自ブランドを構築する方法」
 
 
 
こういった、いつまでも通用するノウハウ。
あなたの資産になる知識
スキルを手に入れるための投資は
とても有効です。
 
 
 
今、多少の借金をしてでも
こういった知識・スキルを手に入れるためには
投資すべきだと考えます。
(もちろん、失敗したときに試合終了になるような
ギャンブル的な金額はのぞきます) 
  
 
 
例えばあなたが
将来、せどりで月に100万円稼ぐようになる人だとします。
その「将来」が1年後の場合と
3ヶ月後の場合とを比較してみましょう。
   
 
 
1年後に100万円を達成して
その状態をずっと続ける場合。
 
 
 
3ヶ月後に100万円を達成して
その状態をずっと続ける場合。 
 
 
 
いずれ、あなたは
100万円せどらーになるのですが
それなら少しでも早いほうがいいですよね?
その方が生涯収入が大きくなるのですから。
 
 
 
全く自己投資しないで
1年後に100万円せどらーになるよりも
今、1万円とか2万円で教材やコンサルを買って
3ヶ月後に100万円せどらーになる方が
圧倒的に得ですよね。
(この例では900万円、得をします)
 
 
 
自己投資すべきかどうかは
「=時間を買うべきかどうか」
「=生涯収入を増やせるかどうか」
という問題になるのです。
 
 
 
例えば、今、
ヤマダ電機で毎月10万円稼げるようになる教材が
5万円で売られているとします。
その教材は奇をてらったものでは無く
ずっと稼ぎ続けられる基本に忠実な教材です。
 
 
 
あなたならこの教材を購入しますか?
私なら迷わず購入します。
 
 
 
こんな得な話はそうそう転がっていません。
 
 
 
なぜなら
一ヶ月目に10万円稼いでも
一年で120万円稼いでも
かかるコストはわずか5万円だけです。
 
 
 
そのスキル・ノウハウが
私に利益を与え続ける資産になると
わかっているから安心して買えるのです。
 
 
 
しかし、
「ワンクリックで1億円」
「コピペだけで1億円」
という教材はたとえ千円でも買いません。
資産になるわけが無いからです。
 
 
 
人はなぜ
「ワンクリックで1億円」
という教材を買ってしまうのでしょうか?
 
 
 
それは、スキルを身につけたくないからです。
スキルを身につけずに
楽をして稼げる方法を知りたいのです。
 
 
 
そういった考えの人が
ダマされて買ってしまいます。
 
 
 
自分の資産になるものを追い求める人は 
こういうつまらない教材に
ダマされることはありません。
  
 
 
ここまでをまとめますね。
 
 
 
せどらーにとって
唯一、そして一番大切な
投資すべき資産は「知識」です。
 
 
 
一度身につければ
あなたをずっと稼がせてくれる
「知識・スキル」
これこそあなたが手に入れるべき資産です。
 
 
 
だから私は
せどりメルマガとしては異例で
他の誰もやらない、
「本を薦める」ということを続けています。
 
 
 
あなたに、
あなたがずっと稼ぎ続けることの出来る
資産を手に入れて欲しいからです。
 
 
 
私が稼ぐためのマインドを作り上げたのは本でした。
「思考は現実化する ナポレオン・ヒル」
※Amazonで1円で買えます。
 
 
 
ぜったいにあきらめないことや
続けることの大切さを学んだのも本でした。
「エジソン(伝記)」
「松下幸之助(伝記)」
「スティーブジョブス(伝記)」
「スラムダンク」
「キャプテン(ちばあきお)」
他多数
※あなたもきっと読んで共感したはずです。
 
 
 
消費者心理を勉強することによって
ヤフオクやメルカリでの売上が何倍にも増えました。

  
 
 
私自身、
最近、20万円もする教材を購入しました。
来年、チャレンジしてみたいと思っていた
ビジネスについての教材です。
 
 
 
高額ですのでさすがに少し迷いましたが
購入して良かったです。とても満足しています。
この20万円の投資は
何百倍にもなって戻ってくることでしょう。
 
 
 
私にとっては
1円で買いそろえたナポレオンヒルの書籍も
今回の20万円の教材も
同じくらい大切なものです。
どちらが欠けていても私の目指す夢に届かなかったことでしょう。
 
 
 
あなたもぜひ、
ご自分やご家族の資産になるものへ
積極的に投資をなさってください。
 
 

投資には「お金」と「時間」
この2種類があります。 
 
 
 
あなたが手にいれる資産には
自転車の練習のように
1円も使わなくても
あなたの人生を豊にするものもあるのです。
 
 
 
あなたとあなたのご家族にとって
いちばん効果的な投資。
 
 
 
あなたとあなたのご家族に
ずっと幸せをもたらせ続ける資産。
 
 
 
2017年は有形・無形の
資産作りの一年にしましょう。