起業とアイデア

堀江貴文さんのゼロと百田さんの永遠のゼロ

僕は結構な本好きです。

年間100冊以上読むんです。

今週は2冊の「ゼロ」を読みました。

どちらもベストセラーですね。いまさらと思われるかもしれませんね。

百田さんの「永遠のゼロ」はあまり好きな内容ではありませんでした。

時代小説の「影法師」が素晴らしかっただけに残念でした。

安倍首相と思想が近いこともあってNHKの委員に選ばれいろいろ言われていますね。右翼思想だとか。

この小説も反戦派の僕からするとそんな風に見えました。

対するホリエモン。

僕のようにネットビジネスをしている人の多くはホリエモンが好きなようです。

あこがれてもいます。

内容はこれまでの「稼ぐが勝ち」などの著書とはかなり変わっていました。

堀江さん自身、いろいろと考え方が変わったんでしょうね。

「いい人」になっていました。

この本は学生さんや、行き詰まっている人にお勧めです。

僕たちのようなポジティブな人間には「そうだよね~」と同感して終わりですが、

ネガティブな人にはよく効く本だと思います。

大学を中退しそうな甥っ子にプレゼントしようと思います。

起業って簡単なんですね。

会社にしがみついているのがばかばかしくなりました。

堀江さんの言葉はとてもストレートです。

単純明快。

自分の考えを肯定してもらって背中を押してもらえました。

副業でがんばっている仲間の皆さんにもぜひ読んでいただきたいです。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村

↑  ↑  よろしくお願いします。 ↑  ↑