電脳せどりで中古品を専門に扱うとこんなに儲かりました。

こんにちは

これまでせどりの方法を4回に分けて考え
そのうち3つまでをご説明してきました。
もうあなたなら
かなり使い分けが出来てきて
それそれの効率が格段に上がっていることと思います。

4つの分け方は
・店舗せどりで新品を仕入れる
・店舗せどりで中古品を仕入れる
・電脳せどりで新品を仕入れる
・電脳せどりで中古品を仕入れる
でしたね。

今日は最後の「電脳+中古品」です。
私にとっては最後に取り組み始めたジャンルです。
最近、徐々に扱いを増やしています。

電脳で中古品を仕入れるとなると
仕入先はかなり絞られてきます。
・ヤフオク
・メルカリ
・ブックオフオンライン
・駿河屋さんくらいでしょうか

新品と違ってネットショップでセール品を見つけて
アマゾンでリサーチするというのは現実的ではなく
プレミアになっている商品を見つけてから在庫のあるネットショップや
ヤフオク、メルカリで検索するという流れになります。

そして、電脳で扱いやすい商品は
私の場合は主にメディア系です。
メディア系とは
・DVD
・Blu-Ray
・CD
・ゲームソフト
こういった商品ですね。

プリンタやヒーターなど家電製品を専門に扱う人もいますが
初心者には少し難度が高いと考えています。

その点、メディア系は素人でもコンディションを把握しやすいですし
相場が安定しているので損をするリスクがとても小さいです。
モノレートの過去の動きがそのまま推移しますので安心して仕入れが出来ます。

デメリットは同じ商品を大量に販売することが出来ず
一点、一点手間がかかることですね。

では、私のやり方をご説明します。
リサーチはやはり「せどぷれ」を使っています。

まず、せどぷれで私の考える条件に合う商品を抽出します。
抽出条件はせどぷれ上にパターン登録していますので
抽出にかかる時間は数秒です。
※せどぷれを持っていない人も読んでください。

抽出された商品は次のような条件になっています。
手動でリサーチするのでしたらこういう結果が出るようにしてください。
・新品の影響を受けない商品
・値崩れしない商品
・ライバルが少ない商品
・安定して売れている商品

こういった「入手すれば儲かる」と いう商品を決めてから
メルカリやヤフオクで探します。
実際にはヤフオクが9割です。

ヤフオクをメインにしている理由は主に次の二つです。
・ヤフオクには先日ご紹介したRSSリーダーを使ったリサーチ方法が活用できること
・商品名を検索キーワードに使ったときにヒットしやすい

メルカリは残念ながら商品名で検索しても結果が出ないことがあります。
たとえばデジカメの「ABC-123」という機種があったとして
ヤフオクですと出品者のほとんどは商品名を「ABC-123」として出品しますが
メルカリの出品者は商品名を簡易に「デジカメ」として出品してしまいます。
機種名・機種番号まで記載する人は稀です。

じつはこの「メルカリは商品名(タイトル)のつけ方が大雑把」というのは
メルカリで仕入れるときにも使えま す。
ノウハウというほどではなくちょっとしたコツです。

メルカリでは具体的な商品名ではヒットしないかわりに
「デジカメ」「プリンター」「ヒーター」などで
値打ちのある商品が相場を無視した価格で出品されています。
まだまだご家庭の不用品処分の場と考えている出品者が多いのです。

先日もデロンギのオイルヒーターが、単に「ヒーター」というタイトルで
びっくりするほど安く出品されていました。
これは!と思ってモノレートとFBAシミュレーターで儲かることを確認し
さあ、仕入れようとメルカリにもどったら既に刈り取られていました・・・。

つまり、「メルカリで仕入れるときは大雑把なキーワードで検索すること」
これがコツですね。

なお、メルカリ仕入れに特化した優れた教材があります。
メルカリ仕入れを極めたい方は導入してください。
私の自信作でもある特典も付けております。

さらにこんな商品も大好きです。
・中古品が新品を超える価格で取引されている。

こういう商品は仕入れ対象を中古品だけではなく新品にまで広げます。
もう何ヶ月も新品の出品が無く
中古品がどんどんプレミア化しているところに
新品を出品したらどうでしょうか?
まさに「オレ様価格」であっという間に売れていきます。

もっと面白いのが新品も中古品も売り切れになってしまって
アマゾンで扱いが停止になっているような商品です。

あなたにはなんどかご紹介させていただきましたが
私はこういった完全在庫切れの商品を見つけるのが大好きです。
完全在庫切れの商品は一旦アマゾンの商品ページから消えてしまいますので
こればかりはツールが無ければなかなか見つけられません。
つまりライバルがとても少ないのです。

例を挙げますね
新品の定価が3000円

先月まで中古品を10000円で出品しても
即日売切れてしまう。
・・・こんな商品がいくらでもあります。

こういった商品を多数、
RSSリーダーリサーチ方でヤフオクに網を張って待ち伏せます。

さらにセブンネットなど「入荷お知らせ」システムのあるショップに登録していきます。
毎日ネット上をさまよい歩かなくても
RSSリーダーが毎日巡回して出品を知らせてくれますし
ショップの方からメールで知らせてくれます。

たくさん登録しておけばある一定の確率でヒットして
なにかしら毎日仕入れが出来ます。

中古品は新品と比較して手間がかかる分、
利益率は高いです。
とくに資金が少ないうちは
積極的に取り組むとはやくお金が貯まります。

今日は以上です。
最後までお付き合い頂きましてありがとうございます(^O^)

 

※この記事を読んだ読者様の大半が
この電脳せどりツールを導入されています。
ワガハイ特典付きリサーチツール「せどぷれ」

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://shiterun.com/wp/wp-trackback.php?p=2340