これだからAmazonは面白い。せどりの奥の深さが愉しくて仕方がない。Amazonトップページに隠された秘密とは?

こんにちは ワガハイです。 
 
 
 
そろそろ師走らしくなってきましたね。
おそらくあなたの勤め先も
かなり忙しくなっているはずです。
お互い、健康第一で頑張りましょう。
 
 
 
1.あっと驚くAmazon → Amazon転売
2.トレンドせどり再考
3.オススメ本 3冊
 
 
 
◆ あっと驚くAmazon → Amazon転売 ◆

まずは、論より証拠。
こちらの画像をご覧ください。
FBA料金シミュレーターです。
http://shiterun.com/wagahai/121901.png
 
 
 
これは
ラブライブ! サンシャイン!! Blu-ray 1 (特装限定版)
というブーレイ商品ですがカート価格は4170円です。
http://shiterun.com/wagahai/121902.png
 
 
 
出品者がやや多いのですが
DVDランキング778位ですから
それはもう、狂ったように売れています。 
 
 
 
しかし、この人気商品。
同じAmazonで新品を2518円で仕入れられます。
それもFBA出品者からです。
 
 
 
実はAmazonには
こんな商品が数え切れないくらい存在します。
まさに「知っている人だけ荒稼ぎ」
という世界です。
  
 
 
どういうことでしょうか?
 
 
 
いったい、どんな方法なのでしょうか?
 
 
 
実は、この方法。
Amazonのトップページに
ハッキリクッキリと
リンクが貼られています。
 
 
 
あなたもこれまで何千回も表示させている
Amazonのトップページです。
  
 
 
これだからAmazonは面白い。奥が深いです。
あなたが絶対に思いつかないこの方法。
こちらにあります。
→ http://www.tenbai-tosyokan.jp/search/detail/?book_id=3886&issuer_id=81
※注意点も詳しく書かれていますのでしっかり読み込んでくださいね。
 
 
 
◆ トレンドせどり再考 ◆
 
先日、リクエストにお応えして
再掲載させて頂いた、
トレンドせどりのお話ですが
なんと2回目は1回目を大きく超える大反響。
 
 
 
1回目の訪問数がすごかったので
2回目は見損なった人だけのために
リンクを置いてみたのですが
まさかの大評判となりました。
 
 
 
たしかにあの情報は
これまでのせどり手法が古く感じるほどの
新しい流れを感じましたね。
 
 
 
Amazonの出品規制は
電化製品だけに留まらず
アパレルにも拡大しています。
      
 
 
多くのせどらーが八方ふさがりになりました。
そんなタイミングで
「新しい王道」と評される、
このトレンドせどりという考え方。
 
 
 
繰り返しになりますが
ホントにAmazonは面白い。
せどりは奥が深いです。
こちらに置いておきますね。
→ http://topfrontier.biz/lp/8293/417060
 
 
 
◆ ワガハイオススメ本 ◆
 
よく、
「ワガハイさんのオススメ本を教えてください」
というメッセージをいただきます。
 
 
 
こういうお問合せをいただくのは
せどらーさんよりも
情報発信者さんの方が多いようです。
 
 
 
私が、せどりにしろ情報発信にしろ、
「ネットビジネスをやっている人は
100%、読んでおくべき」
と考えている本を3冊だけご紹介します。
 
 
 
いずれもダイレクト出版さんの書籍です。
なぜこのタイミングかと申しますと
久しぶりにセールをやっているからです。
いつもよりも2割も安い!
  
 
 
現代広告の心理技術101
http://directlink.jp/tracking/af/1294025/OhCZrcqd/
 
 
 
クロージングの心理技術21
http://directlink.jp/tracking/af/1294025/pSw71woV/
 
 
 
脳科学マーケティング100の心理技術
http://directlink.jp/tracking/af/1294025/Lcij7go5/
 
 
 
下記の無料の本も必ずもらっておいてください。
こんな有益な本を無料で貰えるチャンスは今だけです。
インターネットビジネスマニフェスト
http://directlink.jp/tracking/af/1406788/LE13HbYY/
 
 
 
年末年始、
お時間がありそうでしたら
ぜひ読破してください。
 
 
 
どれも、そこそこブ厚い書籍ですが
自分でもハッキリと自覚できるくらい
稼ぐ方法が見えてきます。
 
 
 
今日も最後までおつきあい頂きまして
どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://shiterun.com/wp/wp-trackback.php?p=4070