【ブログ専用記事】Amazonがせどらーからの手数料収入よりも購入客を選んだのは当然だ

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
<<Amazonに何が起きているのか>>
 
 
 
もしあなたが自分で使うために
なにか電化製品を買おうとした場合です。
あなたならどちらから購入しますか?
 
 
 
・AmazonのFBA出品者○○商店 1万円
・ヨドバシドットコム    1万円
ポイントなどの付加価値は無しとします。
どちらへ注文しても翌日届きます。
 
 
 
私ならヨドバシドットコムで購入します。
あなたはどちらを選びましたか?
 
 
  
なぜ同じ値段なのに
Amazonで買わずにヨドバシで購入するのでしょうか?
それはヨドバシの方が
メーカー出荷時の品質で届くからですね。
 
 
 
Amazonマーケットプレイス商品は
・アウトレット品
・店頭長期在庫品
・転売品なので見た目がくたびれている。
などの可能性が高いと知っているからです。
 
 
 
私達せどらーは
Amazonマーケットプレイスの
仕組みを知っているから
まだ納得できる部分もあります。
 
 
 
しかし、転売品だと知らずに購入する
一般のお客様はどうでしょうか。
メーカー出荷品と見分けがつかない品質の場合は
なんの問題もありません。
 
 
 
しかし、化粧箱が日焼けしていたり
フィギュアのプラケースが擦り傷だらけだったり
保証書に量販店のハンコが押してあったら
「なんじゃこりゃ?!」ってなります。
 
 
 
そういう被害?にあう一般客が増えると
Amazonは存亡の危機となります。
当たり前です。
いままで野放しだった方が不思議です。
 
 
 
ですので、
「今回の規制はすぐに解除されるよ。」
「Amazonも様子見だよ。」
という楽観的な声もありますが、
普通に考えると商品の品質レベルを維持しないと
Amazonは市場から淘汰されるでしょう。
 
 
 
実際、私はせどらーから購入するくらいなら
自分で使うもの、特に電化製品は
多少高くてもヨドバシやジョーシンで購入します。
 
 
 
中国製のニセモノも問題になっています。
アカウントを削除されることを承知で
ニセモノを売り逃げるヤカラがいくらでもいます。
 
 
 
Amazonでヘッドフォンやイヤホンの
商品レビューを見てみてください。
絶対に購入する気になれないはずです。
 
 
 
<<Amazonがとった対策は?>>

「Amazonは不良品・二級品を新品として売っている」
「Amazonの商品は中国製のニセモノが多い」
という悪評を一掃する必要があります。
 
 
 
目標としては
最強のライバル、ヨドバシと同じ品質レベルにまで
向上する必要があります。
 
 
 
ですのでいくつかのブランドにおいて
「正規ルート」「正規品」の証明が必要となりました。 
Amazonが求めたのはなんと
「出品許可を得ていることを証明するブランド所有者が発行した認可書」
 
 
 
こんなの、無理難題ですよね。
完全に閉め出しです。
該当ブランドで生活していたせどらーは廃業宣告です。
 
 
 
<<では私達はどうするか?>>
 
 
 
「もうせどりは終了・・・」
とまでは言いませんが
警戒心が強くなってしまって
大手ブランドの新品商品を扱いにくくなりました。
 
 
 
今まで通りのせどりを続けながら
次のような方法に力を入れていくべきでしょう。
 
 
Amazon販売では 
・中国ノーブランド輸入
・ブックオフ・ヤフオク仕入れなど中古品
 
 
 
この2つの方法は
古くから存在していますが
ずっと安定しています。
 
 
 
新しい手法が生まれては消えていく中
ずっと稼ぎ続けていられる
確立されたせどり方法です。
  
 
 
また、
・ヤフオク販売
・メルカリ販売
も安定したビジネスになっています。
 
 
 
これらの方法は
単純転売+FBA納品と比べると
たしかに手間はかかりますが
ビジネスとしては優秀です。
リスクが小さくリターンは大きいです。
 
 
 
あなたが副業を
生活収入のもう一つの柱にするためには
必ず取り組むべきビジネスです。
どうかこの機会に真剣に検討してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://shiterun.com/wp/wp-trackback.php?p=4094