【日曜コラム版】あなたが必死に登っているその『ハシゴ』、いったいどこへたどり着きますか?

こんにちは ワガハイです。
 
 
 

私自身がサラリーマンですので
サラリーマンを否定するつもりは無いのですが
「がんばるべきところはそこなのかな?」
と思うことが多いです。
 
 
 
今日は少し、そのことについて書かせて頂きます。
 
 
 
あなたがサラリーマンだとして
毎日頑張っているのはどういう理由でしょうか?
あるいは「どういうところ」で頑張っていますか?
 
 
 
・評価を上げて出世し、昇級したい。
・評価を上げてボーナスを増やしてもらいたい。
・評価を上げて左遷や解雇対象から逃れたい。

まあ、そんなところだと思います。

だからあなたを評価する立場である
「上司」にストレスを感じます。

また、ライバルでもある同僚が
みんな休日出勤しているから
あなたも渋々、休日出勤しています。
本当はみんな休みたいのに
お互いのせいで誰も休めません。
  
 
 
あるいは、あなたが出勤しなければ
職場が回らないように仕組まれています。
 
 
 
あなたの思惑通り、
あなたは会社で頑張れば
評価されて給料が上がったり
ボーナスが増えたりすることでしょう。
 
 
 
同期よりも目立って頑張れば、
同期と比べて昇進が早く
同期や先輩を部下にする立場に付けるかもしれません。

でもね。
ちょっと考えてみてください。

あなたが歯を食いしばって頑張って
評価が上がったとしても
それは「あなたの会社の中だけのお話」です。
 
 
 
例えばある会社の課長さんの年収が
隣の会社の係長さんよりも低い。
なんていうことが当たり前にありますよね。
 
 
 
あなたが一生懸命に
全てを犠牲にして40年間頑張っても
それはあなたの会社という
限られた組織だけの評価であって
社会全体の評価ではありません。

あなたが一生懸命に
ライバルを蹴落としながら登っているそのハシゴは
いったいどこに掛かっていますか?
登った先にはどんな場所があるのでしょうか?

「やった!部長になった!」
「家族を犠牲にして離婚してしまったけれど
同期の中では一番出世だ!」
・・・でも隣の会社の課長さんよりも年収が低かったら・・・。
 
 
 
じつはこういう人生って
ものすごく多いようです。
 
 
 
仕事がハードなだけならまだマシです。
上司に誘われれば体調が悪くても飲みに行く。
カラオケに付き合わされて
音痴な歌を手拍子で盛り上げる。
 
 
 
週末は家族を残してゴルフに参加。
これまた見え見えのお世辞でヨイショする。
上司のスコアが悪ければ
天気やコースの悪口を言わなければならない。
 
 
 
公私全てを犠牲にして
命と心を削ってまで
あなたが登っているそのハシゴは
どこに掛かっていますか?
 
 
 
登った先にあるものがわかったうえで
登っていますか?
 
 
 
昇級で年収を100万円上げるのはたいへんです。

最近は日本企業の給与が下がり続けていますので
係長から課長になったぐらいでは
100万円も増えません。
 
 
 
係長時代に毎日8時間働いていて
課長になったら労働時間が16時間に増えた。(倍)
でも給料は3割ふえただけ。
これでは実質、給料が下がったようなものです。

私はこのサラリーマンの仕組みが嫌で
逃げ出しました。

気が向かない上司とのつきあいを全てやめ
お世辞もゴマスリもしない、「変人」になりました。
 
 
 
私は「やりたくないことをやらずにすむ自由」を選びました。
 
 
 
なぜならそんな必要がなくなっていたからです。
 
 
 
自分で行きたいところへ登ることが出来る
目的地のハッキリしているハシゴを見つけたからです。
登った先がどんな世界か知ったうえで登っています。
 

サラリーマンが年収を100万円増やすのはたいへんですが
せどりでは簡単でした。

他人の評価で決まる昇級とは違い
実力の世界でしたからやりがいもありました。

せどりで稼げるかどうかは
誰のせいにも出来ない自己責任の世界です。
だからこそやりがいがありますし
稼げるようになってきたときの手応えや
目標を達成したときのうれしさはひとしおです。
 
 
 
 
あなたとあなたの上司の年収は
どれくらいの差があるでしょうか?

あなたが係長さんだったら
課長さんとは50~150万円
部長さんや次長さんとは150~200万円
社長さん(雇われ社長の場合)でも1千万円以内でしょう。
 
 
 
あなたが社長さんになれる確立やそれまでの苦労と
せどりで年収差を埋めるのとでは
どちらが簡単でストレスの無い生き方でしょうか。
 
 
 
ちなみに上場企業役員の平均的な給与(役員報酬)は
会長で3700万円
社長で3500万円
専務で2400万円だそうです。
平(ヒラ)の取締役だと1500万円程度でしょうか。
 
 
 
私達が上場企業の役員になることは
ほぼ100%あり得ませんが
役員クラスの収入なら手が届きそうです。
 
 

実際、せどりを始めてまだ3年の
会社では課長をしている私の年収は
副業収入を加えると
上場企業の役員レベルです。
 
 
 
しかも、節税が出来ているので
可処分所得は役員以上です。

副業に抜群に強い税理士さん
お任せしていることが大きいです
→ 
 
 
 
あなたも今のハシゴの先を
今一度確認して
本当に行きたい世界へハシゴを掛け直しませんか?
 
 
 
40年後、
「俺が来たかった場所はココでは無かった・・・」
と後悔する前に
副業で違う未来を目指しましょうよ。
 
 
 
上司にゴマをすり
命を削っている同僚には申し訳ないですが
会社の同僚に向かって
「頑張り方(ハシゴ)を間違えているよ!」
とは言えません。
 
  
 
しかし、
同じ目標を持つあなたになら
声を大きくして言えます。
「せどりで未来を変えましょう!」と。

せっかくの新年度ですから
これからあなたが目指していること
夢や目標を達成するために
会社でがんばる方がいいのか
給料以外の収入を伸ばすことに注力するのか。
 
 
 
仕入の手を止め、
時間を作ってでも
真剣に考えてみてください。

副業で頑張ると決めたのなら
もう迷わないことです。

私が応援しますから
安心して取り組んでください。
 
 
 
では今週も一緒に頑張っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://shiterun.com/wp/wp-trackback.php?p=4415