無在庫販売を含む「自己発送」という新戦略で今ままでの3倍稼ぐ方法

こんにちは ワガハイです。

今日の話題についてまずこちらの資料を見てください。
一通りご覧になられたら
またここへ戻って続きを読んでください。
断然、理解が深まります。
 
 
 
無在庫販売なのに利益率50%以上
たった一日1時間で20万円稼ぐ方法
※登録後、動画を視聴できます。(もちろん無料です)

 
 
 
10月になってから
佐川急便さんでの発送が急増しました。
これまではヤフオクやメルカリで売れた商品が中心でしたが
Amazonでの自己発送が増えているのです。
 
 
 
正直なところ、
Amazonの自己発送でこれほど売れるとは
想定外でした。
私はずっとFBA信者でしたから。
 
 
 
ところが、最近取り扱い始めた
ある商品がもとで、自己発送でも
「えっ?こんなに売れるの!?」
ということを体験しています。
 
 
 
もともと私は予約転売くらいしか
自己発送をしていませんでした。
しかし、この2週間ほどで
一気に自己発送を伸ばしています。
 
 
 
まずはその予約転売。
こちらは一ヶ月くらい前から再開していますが
かなりの売り上げを維持しています。
 
 
 
せどぷれの全機能が復活したことにより
プレミアになっている予約商品を
簡単にリストアップすることが出来るようになったため
まだ一般のネットショップが品切れになる前に
人気商品を押さえることが出来るようになりました。
 
 
 
この秋から正月にかけては予約転売の季節といわれるくらい
ゲームソフトを中心に予約商品の発売が続きます。
予約転売でキモとなる対象商品と仕入れ先も
今日、この場でお伝えしてしまいますね。
 
 
 
まず、対象商品。
これはせどぷれの設定通り、これから発売される商品のうち
カート価格が定価を超えている商品を抽出するだけです。
数秒でリストアップされます。
あなたがやるのはこのリストアップされた商品を
片っ端から商品登録することだけです。
 
 
 
あとは「果報は寝て待て」というわけで
Amazonが在庫切れを起こすのを
じっと待ち伏せするだけです。
  
 
 
Amazonは販売期間中に何度も在庫切れと在庫復活を繰り返します。
人気商品であれば100回以上、これを繰り返します。
 
 
 
Amazonが在庫を持っている期間は
Amazonがカートを保持しますので
私達は利益を出すことは出来ません。
 
 
 
私達予約転売せどらーが儲かるのは
Amazonが在庫切れを起こして
カートを手放した「一瞬」だけになります。
狩人のように待ち伏せて一気に売り抜けます。
 
 
 
このため、人気商品のカートを獲ることが出来れば
わずか一晩で50点、100点と売ることが出来ます。
ある意味、ギャンブル性の高いせどり手法です。
しかし、経験を積めばカートを獲りやすくなります。
  
 
 
そして、予約転売の仕入れ先は「楽天ブックス」の一択です。
ここだけで十分です。
他のショップは不要です。楽天ブックスだけで勝負できます。
 
 
 
楽天ブックスのメリットは
1.安い。
2.ネット上でキャンセル処理が出来る。
3.クレジットカード課金は商品発送のあと。
この三つです。重要なのは「2」です。
 
 
 
予約転売のデメリットにも触れておきます。
一番大きなデメリットは「手間がたいへん」ということ。
「数打ちゃ当たる」の世界ですので
とにかく予約商品の全てに対し商品登録をする必要があります。
 
 
 
Amazonが在庫切れを起こしたその瞬間に
その商品ページに名を連ねておくことが
権利を得るための最低条件です。
 
 
 
そして、予約期間中に売れなければ
仕入れをキャンセルした上で出品を削除する必要があります。
この管理がまた面倒くさいのです。
 
 
 
私はキャンセルすることを
何度も忘れてしまって、
納品された商品を見て驚いたモノです。(^^ゞ
 
 
 
予約転売で売れた商品は
ネットショップから自宅へ届きますので
その後、当然、自己発送となります。
 
 
 
さて、予約転売以外で
自己発送が増えた理由の最も大きな理由は
「メーカー仕入れ商品が売れている」というものです。
  
 
 
メーカー仕入れでは
常にメーカーの在庫をリアルタイムに把握できます。
また、昼過ぎまでに発注すれば
翌日午前中に納品されます。
 
 
 
この在庫の確実性と納品速度を利用して
Amazonで無在庫販売をしているのですが
これがじつによく売れているのです。
 
 
 
10月1日からこのメーカーの商品を扱い始め、
9日までに23万円の売上げがあります。
商品数も増やしているところですので
月間ではこのメーカー分だけで100万円を超えそうです。
 
 
 
ただ、この自己発送は
本来の目的ではありません。
売れ筋商品を見定め、
在庫リスクを取るべきかどうかをリサーチするためのモノです。
 
 
 
アパレルですので
同じ商品でも複数のSKUが存在します。
色やサイズの違いですね。
自己発送・無在庫販売でこのデータを取るのです。
 
 
 
約一週間のデータ取りにより
「売れ筋商品」があるていど判明しましたので
FBA倉庫への納品を開始しました。
 
 
 
ただ、うれしい誤算がありまして、
自己発送の状態でも注文が入り続けるため
FBA倉庫に納品する予定だった商品を
自己発送に回す必要が出てしまって
FBA納品出来ない状態が続いてしまいました。
 
 
 
売れ具合を読み切れなかったためです。
しかし、この経験も今後に活かせます。
やってみなければわからない、貴重な体験です。
 
 
  
昨日、ようやく、FBA倉庫での納品が完了しました。
商品ページに反映したとたんに
また、すさまじい売れ行きがはじまりました。
在庫があっという間に減っていきます。
 
 
 
本日、メーカーに大量発注しますが
一国もはやく納品したいところです。
自己発送分のバックオーダーも
かなり抱えてしまっています。
 
 
 
もう一つ、番外編ですが、
お盆過ぎから出品していた作業用のイスが売れました。
私が自宅で使っていたものですが
不要になったのでAmazonに出品していたモノです。
 
 
 
モノレートでは年に数回しか売れていない上に
大型商品のため保管料がけっこうかかる商品でしたので
自己発送のままにしておりました。
 
 
 
この作業用のイスに突然、注文が入ったのです。
購入してくださったのは
ある政党の選挙事務所さんでした。
こんなところに特需があるのかと驚きました。
 
 
 
予約転売以外で
自己発送で狙うべき商品と
その利用法についてまとめます。
 
 
 
自己発送で狙うべき商品 
・消費者が定期的・計画的に購入する定番商品。
・同じく日曜消耗品
※余裕を持って注文するので少しでも安く買いたい
 
 
・FBA出品者のいない商品
・大型商品(FBA保管料が割高)
 
 
 
自己発送の利用法
・在庫リスクを抱えてでもFBA納品すべき商品であるかどうかをテストする
 
  
・・・・ということになります。
  
 
 
今日ご紹介した内容は
無在庫販売・自己発送ノウハウの
ほんの一部です。
 
 
 
冒頭、ご紹介した動画(4本)では
様々な戦法について解説されますので
しっかりと学んであなたの武器にしてください。
→ 

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)