少額不動産投資、2軒目を購入します\(^o^)/

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
不動産投資ブログも好評です。
よかったらのぞきに来てください。
ワガハイの100万円から始める格安戸建て・区分マンション不動産投資術
 
 
 
2015年に改訂版が出版されましたが
ロバートキヨサキさんの
「金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法」
が日本で出版されたのは2003年のことです。
 
 
 
このシリーズの第一作、「金持ち父さん 貧乏父さん」は
日本では2000年に出版されました。
今から17年前のことです。
私は35歳でした。
 
 
 
当時、この本をむさぼるように読み込みました。
分厚く重い本でしたが
何度もボロボロになるまで読み
世界観が変わりました。
  
 
 
「40歳までに不労所得で生活できるようになってやるぞ!」
と張り切っておりましたが
その当時はせどりはまだメジャーではなく
何の計画性もなく試行錯誤を繰り返しておりました。
 
 
 
最初に「ビジネス」っぽいことをやったのは
平成19年です。
中古車をヤフオクで売るというビジネスを始めました。
 
 
 
いくらかは利益を出せましたが
素人が成功出来る世界ではありませんでした。
なんと言ってもお客様にとって
プロのふりをした素人は迷惑な存在でしかありませんでした。
 
 
 
で、40代はあっという間に過ぎ去り
ようやく50を過ぎたあたりから成功っぽくなってきました。
せどりとアフィリエイトで成功したのです。
 
 
 
そしてせどりとアフィリエイトで稼いだお金を元手に
ようやく、52歳の9月に一軒目の不動産投資を行いました。
「金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法」を読んで
14年もかかりました。
 
 
 
「金持ち父さん 貧乏父さん」からは17年です。
 
 
 
ああ、少年老い易く学成り難し。
 
 
 
ただ、実に幸せな17年でした。
ずっとチャレンジし続け
稼ぐことをあきらめませんでした。
 
 
 
とはいえ、不動産投資はまだまだ始めたばかりです。
全然、成功していません。
これからたくさんの失敗をして
たくさんの経験を積んでいくのでしょう。
 
 
 
せどりを始めたときに
一緒にスタートしたのがこのブログです。
日々の備忘録であり、
失敗記録日記でもあります。
 
 
 
銀行にお金が貯まっていると
なんだか安心ですが
お金はインフレと共に目減りしていきます。
 

  
ロバートキヨサキさんに言わせると
お金は貯めておくものではなくて
「働かせて稼ぐための道具」だそうです。
 
 
 
ロバートキヨサキさんだけでなく
世の中のお金持ちは口をそろえて
「お金を働かせてお金を稼がせる」
と言い切ります。
 
 
 
お金持ちになったことのない私が
いくら考えても答えは出ないのですから
お金持ちの言葉を信じて
「お金に働いてもらう」ことを決めました。
  
 
 
これまでの人生とは
お金に対する考え方が180度変わる出来事です。
 
 
 
今、私のお金(貯金)が不動産に形を変えました。
不動産は他人からお金を集めてきてくれます。(家賃)
 
 
 
せどりでは自分で商品を探してきて
自分でお金を支払って商品を仕入れ
自分で販売して
自分で配達し
自分でお金を集金します。
 
 
 
お金を使うのは私ですが
働いているのも私です。
 
 
 
今はまだ体が動くので働けますが
20代の頃ほどバリバリとは働けません。
70代になったらもっと働けなくなるでしょう。
 
 
 
お金は70代になっても80代になっても必要です。
でも自分では働いて稼ぐことが出来ません。
 
 
 
だから今のうちから老後に向けて
自分の代わりに働いてくれる存在を
用意していくことがとても大切だと考えているのです。
 
 
 
私が購入する不動産は
高齢のボロ家・ボロマンションですので
私が大往生するまで
建っていないかもしれません。
私より先に朽ちてしまう可能性もあります。(笑)
 
 
 
それでも私は
コレまでの17年間と同様、
ブレずにチャレンジしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://shiterun.com/wp/wp-trackback.php?p=5302