サラリーマン特有の考え方をせどりに組み込むと・・・。

こんにちは ワガハイです。
 
  
 
モノレート、FBA料金シミュレーターと
同じくらい普及しそうな勢いですね。
とはいえ、人数限定ですので
早い者勝ちです。そろそろ終了と聞いています。
 
 
 
もう手に入らなくなりますので
念のため置いておきますね。
「探すのではなく受け取る」2017年最後の強力ツール
https://fmclub.mambo.sg/ja/MbK6cAtx/sYd5Q9TT4UZjMWw
 
 
 
ここ数日、
来年に向かって今年中に計画を立てよう!
売上げにこだわろう!
・・というお話を続けてきました。
 
 
 
このシリーズは、 
今日がとりあえず最終日です。(笑)
 
 
 
今日の私からのご提案は
「せどりにもポートフォリオの考え方を導入しよう!」
・・・というものです。
 
 
 
ポートフォリオというのはいろんな分野で使われる言葉ですが
私達労働者が身近に使うのは
株や投資信託の組み合わせのことですね。
 
 
 
たとえば株式投資をやっている人なら
日産自動車の株を1億円分持つよりも
・日産自動車株 5千万円分
・アサヒビール株 2千万円分
・日本郵政株 2千万円分
・ユニクロ株 1千万円分
という具合に分散して保有するのが普通です。
その組み合わせ内容をポートフォリオと呼びます。(たぶん)
 
 
 
投資信託も同様に
プロの投資家がいろんな株や
いろんな特徴を持つ債権を組み合わせて
組み立てています。
 
 
 
なぜこんなことをするかというと
「リスク回避」です。
 
 
 
たとえば日産自動車の株に全財産を突っ込んでいたとして
日産自動車の良いニュースがあれば
全財産が一気に増えます。
 
 
 
しかし、今回のように悪いニュースが出ると
全財産が一気にしぼみます。
 
 
 
この極端な浮き沈みを避けて
安定して資産を増やすことを狙いとして
様々な種類の株や債権で構成することが普通になっています。
 
 
 
上に上げた例では
・自動車製造業
・食品
・輸送サービス
・小売り
と異業種で構成されていることに気づかれると思います。
 
 
 
さて、私達のせどりです。
 
 
 
せどりをやっている人でも
「自分は〇〇せどらーだ!」と
特定の商品しか扱わない人がいます。
私はこれに反対の立場です。
 
 
 
たとえば「家電量販店せどらー」。
家電だけを扱っている人は
家電メーカーの規制強化で一気に収入を減らしました。
  
 
 
中古品せどらーやジャンク品せどらー。
もし、今後、Amazonが中古品の出品に
古物商の免許を提示するように求めだしたら
古物商を取得するまでの一ヶ月間は商売ができなくなります。
 
 
 
あるいは、ドラッグストアを専門に扱って稼いでいたとして
突然、ドラッグストアの優秀な教材が発売され
ドラッグストアカテゴリーにライバルが押し寄せたら
今までと同じように稼ぎ続けることはできなくなります。
 
 
 
このようなピンチが訪れたときに
いろんな商品を扱っていれば
一つのカテゴリーが潰れても
そのピンチを他のカテゴリーでカバーすることができます。
 
 
 
Amazonせどりだけでも
様々なカテゴリーを幅広く扱うことには
リスクを回避して破綻を避けるという
大きな意味を持っています。
 
 
 
さらに言いますと
「Amazonだけ」というのも
ご存じの通りアカウントリスクが大きすぎますので
生活の全てをかけていたのでは
いささか考えが甘すぎます。
 
 
 
もちろん、現在の転売ビジネスでは
Amazonが一番簡単に稼げますから
一番、力を入れるのは当然です。
 
 
 
しかし、Amazon100%でもいいのは
副業を始めたばかりの
お小遣い程度を狙っている時期だけです。
生活がかかっている場合には危険すぎます。
 
 
 
たとえばこんなポートフォリオはいかがでしょうか。
 
 
 
Amazonの売上げ 50%
ヤフオクの売上げ 20%
ebayの売上げ 20%
メルカリの売上げ 10%
 
 
 
あなたの収入源のうち
Amazon以外の販路で50%あれば
かなり健全な状態です。

 
 
もちろん、BUYMAや楽天、ヤフーショッピングなど
あなたが得意とする販路で構成すれば良いことです。
 
 
 
ポートフォリオ作戦の面白いところは
リスク回避で始めた販路が
大化けすることがあることです。
 
 
 
私の姉などは
Amazonでは大して売れませんでしたが
メルカリで大化けしましたし
最近はBUYMAでの売上げが急増しています。
  
 
 
誤解なさらないでいただきたいのですが 
Amazonを縮小しようと言っているのではありません。
他の販路を伸ばそう!と言いたいのです。
 
 
 
2018年は2017年よりも
・Amazonの売上げを2倍に!
・ヤフオクの売上げを5倍に!
・ebayの売上げを4倍に!
・メルカリの売上げを3倍に!
 
 
 
という風に、全ての販路を伸ばしながら
Amazon依存率を下げていきたいのです。
 
 
 
私達はAmazonせどりを趣味でやっているわけではなく
お金儲けの手段の一つとしてやっています。
 
 
 
生活を豊かにするためにやっているのですから
Amazonにアカウントを止められて
クレジット破産して人生を終了させるわけにはいかないのです。
 
 
 
考えたくもないことでしょうが、
もし、今日、あなたのアカウントと支払いが凍結されたとき
次回のクレジットカードの引き落としに影響はありませんか?
90日間、仕入れ品の支払いや生活支出に耐えられますか?
 
 
 
2018年はお小遣いかせぎ程度の状態から
ビジネスへと昇華させる年にしたいですね。
それがあなたの夢を実現させる最初の一歩だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://shiterun.com/wp/wp-trackback.php?p=5398