難易度への挑戦 成長可能性への投資 ようそこの若いの俺の話を聞いてくれ!

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
宇野選手のチャレンジに感動しました。
 
 
 
フィギュアスケートの得点は
技の難易度ごとにこまかく決められているのですが
宇野選手はあえて難易度の高い技で演技を構成しました。
※毎日新聞の記事にリンクしています。 
  
 
 
結果はご存じの通り、着地失敗による転倒・減点や
完成度の違いから羽生選手が金メダル。
宇野選手は銀メダルとなりました。
しかし、銀メダルってスゴイ快挙です。
 
 
 
華やかな羽生選手の陰で目立たないのが残念ですが
あの大舞台で難易度の高い技に果敢に挑戦した宇野選手に
私は勇気と感動を貰いました。
宇野選手の銀メダルを羽生選手の金メダルと同じくらい祝福したいと思います。 
 
 
 
はやくも4年後のオリンピックでの二人の対決が楽しみです。
そして私達についても4年後はどうなっているでしょうか?
 
 
 
4年間もモチベーションを持ち続けるのはなかなかたいへんですが
今年のオリンピックで悔し涙を流した選手達は
負けたその時から4年後の今日が早く来ればいいのにと
熱いハートを持って練習を始めているはずです。
 
 
 
残酷なほど勝ち負けという結果がハッキリでるスポーツと比べて
私達の勝負、チャレンジは結果が明確ではありません。
自分が勝ったのか負けたのかは自分で判定するしかありません。
  
  
 
スポーツ選手が金メダルを目指すように
あなたもご自分の目標・ゴールを明確にして
その目標に向かって必死にがんばっていきましょう。
私の好きな歌詞を引用させていただきます。
  
 
  
とかく忘れてしまいがちだけど
とかく錯覚してしまいがちだけど
例えば芸能人やらスポーツ選手やらが
特別あからさまなだけで
必死じゃない大人なんていないのさ
by 竹原ピストル ※音が出ます

 
  
 
昨日は神戸新聞社主催、金融庁講演の
投資信託のセミナーに参加してきました。
 
 
 
ホテルオークラの「平安の間」という会場を借り切っての講演会でした。
聴講者は400名くらいだったでしょうか?
資産をお持ちの人ばかりですので
私一人、なんだか場違いな気がしました(^^ゞ
 
 
 
世間は仮想通貨が大流行ですが
私は長期的な資産系という意味で
株式投資や投資信託に注目しています。
(少しは投資しています)
 
 
 
テレビやラジオで人気の山田真哉さんがメイン講演者でした。

トークの上手な方でとても楽しく勉強することができました。
 
 
 
投資信託や金融投資について詳しくは書きませんが 
約4時間の講演で理解したのは
「投資は成長に対して行うものだ」ということです。
 
 
 
株にしろ仮想通貨にしろ
投資する場合はその企業、その通貨が
今後、成長していくことが前提です。
成長しきってしまったものに投資しても意味がありません。
 
 
 
もし、あなたが仮想通貨に興味があるのでしたら 
ビットコインのように値上がりしてしまった通貨よりも
これから新しく販売される通貨を
1円の時に5千円分など購入しておく方が将来性がありますよね。
 
 
 
株の場合も同じです。
1.世界中でその名を知らない人はいないトヨタ自動車やソニー。
2.まだ規模も資金も小さいが独創的な技術を持っている新規公開株
5年後、10年後に株価が5倍、10倍になる可能性があるのは
どちらの企業でしょうか?
 
 
 
あなた自身の副業も同じだと思います。
あなたの貴重な時間と仕入れ資金を
どんなことに使うのか?
時間と資金の投資先です。
 
 
 
1.みんなが成功しているというAmazonの相乗り出品。
2.まだ誰も取り組んでいない形態での販売。
5年後、10年後にあなたの資産が5倍、10倍になっているのは
どちらのビジネスに取り組んだ場合でしょうか。
ぜひ、あなた自身を成長させられると思えることに投資してください。
 
 
 
あなたに時間がある場合は時間を投資する。
あなたにお金がある場合はお金を投資する。
投資の判断基準はあなた自身を成長させられるものであること。
 
 
 
ぜひいろんなことに興味を持って取り組んでいってください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://shiterun.com/wp/wp-trackback.php?p=5649