あなたにも出来るルイヴィトン転売・続報

こんにちは ワガハイです。

もう、ご覧になったと思いますが
こちらも無在庫販売です。
 
 
 
しかし、私がやっている方法とはかなり違います。
しかもリサーチも要らないという・・・。
いったいどんな方法なのでしょうか?
 
 
 
「ルイ・ヴィトンの話を聞くとテンションが上がります!」
というメッセージをいただきましたので続報を。
 
 
 
この方法、誰にでも出来るんです。
無在庫だし返品の心配はないし・・・庶民向けのビジネスです。
ノウハウをある程度まとめられたら
あなたにもお伝えできると思います。
どうぞお楽しみに。
 
 
 
昨日、どうやら風邪を引いたようで
朝方から軽い頭痛がありました。
それで一日中、調子が良くなりませんので
早めに帰らせていただいて薬を飲んで寝ちゃいました。
  
 
 
シャワーで身体と頭は洗ったのですが
ひげそりをする元気が無くて・・・。
 
 
 
今朝は少し寝坊しましたが、早く寝たおかげか、
頭痛は取れておりましたので出勤しました。
昨晩、ひげそりをしていないので
不本意ながらも無精ヒゲ状態。(ヒゲや体毛は薄い方です)
 
 
 
しかも、朝、寝ぼけていたのと
遅刻しそうになり慌てていたので
通勤電車の中で足下を見ると、なんとスニーカーを履いています。
・・・スラックスにスニーカー。かっこわるい・・。
 
 
 
「俺はニューヨーカーだからいいや!」とはなりませんが、
靴を履き換えに戻る時間はありませんので
そのまま出勤しました。
自称、ビジネスカジュアル! 
 
 
 
昼休みにスマホをチェックしてみると
BUYMAでルイ・ヴィトンの注文が2点入っています。
「おお、売れましたか~」と喜んで、 
仕入先に電話をかけて在庫を確保。
 
 
 
さて、夕方になってルイ・ヴィトンの仕入先へ向かうのですが
そこはハイブランドばかりを扱う会社ですので
従業員全員が恐ろしくおしゃれです。
全身、ハイブランドで包まれています。
 
 
 
出入りする顧客・業者も
ファッションリーダーのような人ばかりですので
場違いな私はいつもビクビクしながら仕入れに行っています。
  
 
 
そして、今日の私のスペックがこちら。
・無精ヒゲ
・くたびれたズック靴
・ユニクロのスラックス
・イオンで買ったカッターシャツ
  
 
 
しかも夕方から雨が降り始めましたので
会社のロッカーに置き傘としておいてある
透明ビニール傘(216円)が加わりました。
 
 
 
ユニクロ+ズック靴+ビニール傘⇒貧乏人3点セット完成!
 
 
 
「うわ、このかっこであそこへ行くのかよ・・・」
と嘆きましたが、どうしても今日中に仕入れて発送したかったので
勇気を振り絞って訪問。
 
 
 
もちろん何も言われませんが 
居心地の悪いことこの上なし。
  
 
 
支払いはクレジットカードですので
私が所有する唯一のブランド品である
アメリカンエキスプレスカードをアピールしましたが・・・。
 
 
 
いつもは色々と商談をするのですが
逃げるように飛んで帰りました。
いつもは玄関まで誰かが見送ってくれるのですが
この日は机で「じゃあ!」とお別れ。
  
 
 
やはり、場所にあった、
相手に失礼の無いファッションというものがありますね。
普段の身だしなみにも気を遣うようにしたいと思います。
 
 
 
今日、売れた2点は
いずれも外注さんが登録してくれた商品です。
早くも外注さんの威力が炸裂しました。
 
 
 
外注さんにもメールで感謝の気持ちを伝えて
サプライズボーナスをお支払いすることも伝えました。
 
 
 
私は件数ごとの支払いだけでなく
儲かったときには外注さんにも還元することにしています。
私だけ儲かっても外注さんのモチベーションは上がりません。
 
 
 
私が儲かるときには外注さんも儲かる。
つまり、運命共同体です。そういう関係を作りたいと思っています。
その方が外注さんはより売れやすい商品ページを作ってくれるでしょうし
登録点数も増やしていこうと考えるはずです。
   
 
 
なぜ私が外注さんを雇ってまで
登録点数を増やそうとしているのか
おわかりになるでしょうか?
 

 
BUYMA、eBayなどの無在庫ビジネス全般に言えることですが
売れるのには法則があります。
大げさに言うと宇宙の原理
シンプルに言うと「当たり前」の法則 
 
 
 
自分への戒めも込めてこの当たり前のことを書きます。

「出品しなければ売れるはずが無い」
「出品して初めて売れる可能性がある」
「出品数を2倍に増やすのは苦労も2倍に増えるが売上げも2倍になる」
「出品数を3倍に増やすのは苦労も3倍に増えるが売上げも3倍になる」
「売れてくると楽しいのでどんどん大きくしていける」
 
 
 
もう何度も申し上げておりますので
説明は省略しますが、とにかく手を動かしましょうね。
 
 
 
<<追伸>>

今、Amazonからの移籍先として最も注目されているのが
Yahoo!です。ヤフオクとヤフーショッピング。
 
 
 
私達せどらーはECサイトでは
Amazonが飛び抜けて強いと考えていますが
実は楽天といい勝負です。
 
 
 
オンラインショッピングサービスの利用者数は
「アマゾン」が4079万人、
「楽天市場」が4028万人、
「Yahoo!ショッピング」は2645万人。

日本の18~64歳の人口をもとに利用者数を算出した「リーチ」は、
「アマゾン」と「楽天市場」が56%、
「Yahoo!ショッピング」は37%。
 
 
 
Yahoo!ショッピングは顧客数ではAmazonや楽天に叶いません。
しかし、市場規模と出品者数の関係をみてみると
Yahoo!ショッピングが一番有利だとわかります。
 
 
 
Amazonと楽天市場は飽和状態、供給過剰です。
出品者同士のつぶし合いになっていますね。
 
 
 
中古品を扱うのならヤフオク
新品ならYahoo!ショッピングが穴場になっています。  
そしてこちらがYahoo!の達人を目指せる内容です。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://shiterun.com/wp/wp-trackback.php?p=6400