Amazonのリサーチスキルを他プラットフォームでも活用して稼ぐことが出来る

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
Amazonのリサーチスキルって
転売の基本と言いますか・・・・
他の媒体でもそのスキルを大活躍させることが出来ます。
 
 
 
私にとってAmazonせどりは
定番商品の大量販売先であり
プレミア商品の販売先です。
いわゆる「相乗り出品」からは完全に撤退しています。
  
 
 
このAmazonせどりで培ったリサーチ力、派生力を
今、eBayの無在庫販売で活かしています。
 
 
 
そう、Amazonで稼ぐ手法はそのままeBayでも応用が出来るんです。
しかも、eBayはAmazonと比べて
競争があまりにも緩い(ゆるい)んですよ。
 
 
 
eBayは各商品ごとのライバルが
Amazonの2分の一から10分の一しかいない、という感覚です。
 
 
 
では、私達がAmazonで培ったリサーチスキルって
いったいどんなものでしょうか?
 
 
 
たとえば電脳せどりのスキルでは
・全国のあらゆるネットショップから最安値のお店を見つけ出すことが出来る。 
・付与ポイントを使って実質の仕入れコストを極限まで下げることが出来る。
・関連商品リサーチで芋づる式に扱うべき商品を見つけ続けられる。
・セラーリサーチで売れる商品を芋づる式に見つけ続けられる。
・予約転売スキルを使って未発売の商品を高く売ることができる。
・複数個セット販売、セット販売(シャンプーとリンスセット)など差別化が出来る。
・・・などなど。
 
 
 
ですので最近ではフエールのレポートを
「eBayに応用出来るネタは無いかな???」と
違う視点で読み返しています。
すると、「あれも、これも、使えるじゃ無いの\(^o^)/」となっています。
 
 
 
自分で書いたレポートにも
「あっ!そうだ!」というモノがありました。
それは「付属品せどり」です。
 
 
 
Amazonせどりではメイン商品本体よりも
その付属品を狙うと稼げるのでしたね。
たとえば空気清浄機のフィルターやシェーバーの替え刃など。 
いわゆる「プリンタートナー商法」のマネをすることでした。
 
 
 
※キャノンやエプソンなどプリンターメーカー各社は
プリンター本体は赤字で(安価に)販売し、
その必需品である交換用インクカートリッジや
トナーカットリッジで大きく稼ぐ、という商法です。
 
 
 
本体はまだまだ使えるのに
消耗品の方は廃盤になってしまって
手に入りにくくなることに目を付けたせどりテクニックです。
 
 
 
また、大手メーカーの消耗品は
あなたの近所にある家電量販店やスーパーで取り寄せが可能です。 
このテクニックを、そのまま、eBay輸出でも応用することが出来ます。
  
 
 
たとえば、昨日もある電化製品の消耗品が売れました。
 
 
 
販売価格は約2千円で、
eBayの手数料(15%)を引かれると1700円の入金です。
ネットの最安値は商品代金が700円で送料が500円の計1200円。
さらに国際送料が300円かかるので
このままでは利益が200円(10%)しかありません。
 
 
 
しかし、会社帰りに近所のエディオンで取り寄せをお願いするとあっさりOKに。
商品代金だけで購入が出来ました。
利益は700円となり、利益率は35%。
さらにTポイントやクレジットカードのポイントもつきます。
 
 
 
もちろん、無在庫販売ですのでノーリスクです。
 
 
 
AmazonのスキルがこんなにeBayにも活かせるなんて嬉しいですね。
これまでAmazonを頑張っていて良かったです。
  
 
 
<< 追伸 >>

ずっと新品せどりばかりやってきた反動なのか
最近、「アンティーク」に興味を持っています。
アンティークというのは、
新しいものには無い希少性や芸術性、価値を認めるものです。
   
 
 
アンティークにはどんなものがあるでしょうか?
 

 
大きなものでは家具、つまりアンティーク家具。
ヨーロッパ製の家具なんかは何十万円も何百万円もします。
 
 
 
身近なところでは「なんでも鑑定団」で出てくるようなおもちゃ。
ブリキのおもちゃやお人形などに愛好家が多いようです。
洋食器(ロイヤルコペンハーゲンのカップアンドソーサーセットとか)は
国内にも愛好家が何万人も存在すると言われています。
 
 
 
私もメルカリで結構販売してきました。  
リサイクルショップで洋食器セットを買ってきて
メルカリで売るだけです。
1000円⇒1万円など、ビックリするような価格で売れて行きます。
 
 
 
そのほか、アンティークカメラ、
ミシンやタイプライター、
ランタンを集めている人もいます。 
 
 
 
カメオのブローチなども高額で取引されていますし
古いテディベアには何百万円もの値がついているもがあるとか。
 
  
 
大量生産される工業製品ではなく
熟練職人による手作り工芸品が多いように思います。
  
 
 
ヤフオクで「アンティーク」で検索してみてください。
その市場の大きさに驚くはずです。
 
 
 
もちろん、趣味として楽しむのもいいのですが
やはり私達としては稼ぐことを目的として扱いたいところです。
 
 
 
私の知人はアンティークコインで毎月100万円以上の利益を出しています。
ヨーロッパの古いコインをeBayや現地買付で入手して
これまたeBayやヤフオク、自分の独自ネットショップで販売しています。
もう10年くらい安定して続けています。
  
 
 
アンティークの価格には相場があるようで、
実はないという不思議な市場です。
なぜなら「一品モノ」を売りますので
コンディションや希少性、タイミングで値が大きく変わるのです。
 
 
 
一品モノを1対1で取引をするのですから
交渉次第で利益が大きく変動するという醍醐味もあります。
  
 
 
こういう、遊び心やロマンのあるビジネスを
取り入れていきたいと思っています。
 
 
 
ちなみに私自身はアンティークの腕時計に興味を持っています。
夏頃にアンティークの腕時計を一本、購入しまして
クロコダイルの革バンドに交換して愛用しています。
(オメガのシーマスターというモデルです。)
 
 
 
できれば、あと数個、所有したいと思っています。
カルティエとロレックス、IWCを探しているところです。
もちろん、自動巻で。(あまり詳しくは無い・・・)
  
 
 
そう遠く無い将来、アンティーク腕時計の
独自ネットショップを開きたいなぁ・・・と考えています。
 
 
 
もしあなたが
アンティーク腕時計に詳しいのでしたら
ぜひアドバイスをお願いいたします。(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://shiterun.com/wp/wp-trackback.php?p=6456