副業無在庫セラーの勝ち方=虫取り網で海をすくうのか?それとも 巨大な底引き網(ツール)で(市場を)根こそぎにかき取るのか?

こんにちは ワガハイです。
早いもので今日から2月ですね。
今月も目標を持って取り組んでいきましょう。
 
 
 
人気の船原さん案件です(笑)
一日たった1時間の作業で2ヶ月目から20万円を稼ぐ方法とは?
  
 
 
結果が全てを物語っていますので
あなたなら上の動画をご覧になれば「はは~ん」となると思います。
 
 
 
実は私も似たような方法を模索中だったんです。
手作業ながらeBay販売に応用しようと取り組んでいるところです。
転売の中ではかなり利益率が高くなりますので
他の薄利多売ビジネスと組み合わせると相乗効果が生まれると考えています。
  
 
 
<< 苦労してeBay輸出を再構築したお話 >>

さて、年末年始に商品構成と発送設定をリセットした私のeBay輸出ですが、
徐々に売上げが戻りつつあります。(ホントに苦労しました・・・)
 
 
 
商品構成をリセットしたいきさつはこういうものでした。
『薄利多売で梱包発送の手間がかかりすぎる』
『発送作業が遅れ、配達遅延クレームが続出した』
 
 
 
実際のところ、たいして利益が出ていないのに売れすぎてしまって、
外注化するコストを生み出せなくなり、自分でやることに。
「仕入れ」「梱包」「発送」が追いつかなくなって大パンクしたのです。
その後はひたすら悪循環が連鎖していきました。
 
 
 
パンクすると発送が遅れて
購入者に約束した納期が守られなくなります。
その結果、コストをかけて早く届く方法で発送するなど
配送コストが増大しました。
 
 
 
受注から一ヶ月ほどすると
未着のクレームが殺到しまして
またまた対応に時間を取られるようになりました。
 
 
 
薄利多売には送料コストを限りなく下げる必要がありました。
送料込みでライバルよりも安くなければ
私からは買ってもらえないからです。
ですから国内の普通郵便のように追跡番号無しで発送していました。
 
 
 
日本国内の通販ですと追跡番号があるのが当たり前ですよね。
でも、eBayの安価な商品ではSAL便といって
追跡番号無しで発送することが一般的です。
ですので、届かない場合、こちらが発送したという証拠がありません。
 
 
 
この結果、未着のクレームについては全て購入額を返金することになります。
この返金ダメージが大きかったです。
 
 
 
日本では昨年夏から秋にかけて自然災害が続き、
関西空港が水没するなど国際郵便事情に大きな影響が出ました。
この悪影響は半年間も続きました。
  
 
 
年末年始に
この半年間の経験(辛い経験)を振り返りながら
2019年の作戦を考えました。
  
 
 
・薄利多売からの脱却
・未着返金からの脱却
この2つを2019年取り組みの柱(メイン方針)としました。
 
 
 
この2つの方針を進めるためには
どうすればいいのか?
  
 
 
まず、未着クレームの多かった国を販売対象国から除外しました。
海外の郵便事情は日本とまるで違います。
ヨーロッパの先進国でもダメな国はダメです。
 
 
 
お客様はその国のセレブでも、国のインフラはサッパリだったりします。 
もともと国土が日本の何十倍っていう国がたくさんあります。
国土は広いけれど人口は日本の半分以下。
そんな国に郵便インフラが完備されているはずがありません。
   
 
 
次に販売商品を絞り込みました。
薄利多売すべきアイテムを20種類ほどに絞り込み
それらは常に一定量の在庫を持ち、
注文を受けたら当日や翌日には発送出来るようにしました。
 
 
 
追跡番号(=書留)コストを上乗せしても売れるような
比較的単価の高い商品を扱うようにしました。
 
 
 
なかなか売れるものではありませんが
無在庫の利点を活かすのはまさにこの部分です。
「数撃ちゃ当たる」ということで
ツールを使って販売の網をおおきく拡げました。
 
 
 
つまり、私の商品構成は
・薄利だけど安定した売上げを見込める20アイテム。
・滅多に売れないけれど、売れると利益率の高い9980アイテム。
こうなりました。
 
 
 
薄利多売の20アイテムはeBayでは最安値ですし
よく売れているのでeBayでは私の商品が上位表示されています。
おかげさまで安定して売れています。
仕入れも10日に一回、ポイントの多く付く日を選んで集中購入しています。
 
 
 
滅多に売れない商品が売れると
その商品を徹底的にリサーチします。
その商品がさらに売れるよう、販売ページをテコ入れしたり
ライバルの価格をチェックします。
 
 
 
さらにその関連商品もリサーチして
そのカテゴリーのシェアを狙っていきます。
 
 
 
そうです。物販は「シェア」を奪っていくことが
勝利につながっていくと私は考えているんです。
「何が何でもこの商品は自分がシェアを取る」
こんな気持ちで取り組んでいます。
  
 
 
「この商品は誰にも負けない!」という商品を
一つ、また一つと増やしていく作戦です。
 
 
 
無在庫転売で成功するには
ある程度の出品数(種類)が必要です。
ですから「販売リミット」のあるeBayでは
初心者のうちからひたすらリミットの拡大を目指します。
 
 
 
リミットが大きくなればなるほど
マーケットに被せていく投網(とあみ=魚を捕る網)を
大きくしていくことができます。
 
 
 
虫取り網で海をすくうよりも
大船団を組んで底引き網を仕掛ける方が
たくさんの、そして大きな魚を捕れるのです。
これがeBay無在庫転売の必勝法です。
 
 
 
そして、eBayにおける「大きな底引き網」に該当する道具が
「出品ツール」です。
私は出品ツールを使っていますので
副業でありながら膨大な出品作業を実現できています。
 
 
 
※出品ツールに興味がある場合は個別にご連絡ください。
eBay関連ツールでは飛び抜けて秀逸です。 
 
  
 
一月の上旬は再構築期間として苦しみました。
10日くらいまでの平均売上げは100ドルを割り込んでいました。
中旬は100ドル~200ドルと相変わらず低迷状態が続きました。
 
 
 
しかし、下旬にはポツポツと高単価商品が売れ始めました。
ここまで10日間、
平均して毎日500ドルを超える売上げが続いています。
  
 
 
狙い通り、利益率は昨年よりも格段に上がっていますし
未着クレームや返金はほぼゼロです。
薄利多売商品もこれまでより早く、確実に届くようになって
良い評価を毎日5~10件のペースでいただいています。
 
 
 
利益構造とアカウントの状態が急速に改善されています。
グローバル(アメリカ以外の国での販売)では
TopRatedSellarの称号をいただきました。
 
 
 
私の商品ページにはこのロゴが掲載されて目立ちますので
これによりさらに購入されやすくなっています。
 
 
 
ビジネスの再構築には勇気と根性が必要でしたが
なんとか20日程度の苦労で立て直すことが出来たようです。
 
 
 
年末よりも格段に楽をしながら
同程度の売上げを出せるようになりつつあります。
(現在の売上げはピーク時の4分の3程度まで回復)
  
 
 
一度、作り上げた自分のスタイルをぶちこわすのは
とても疲れることです。
誰もやりたくないことだと思います。
 
 
 
しかし、さらに上のステージを目指すのであれば
痛みを伴うチャレンジも必要ではないでしょうか?
私は「このままじゃダメだ!」と判断して
半年間の商品構成を全て捨ててイチからやり直しました。
  
 
 
あなたもがもし「停滞している」と感じているのでしたら
今のやり方に固執してしがみついているよりも
思い切って今のスタイルをぶち壊し、
あなたのビジネスを再構築してみてはいかがでしょうか?
 
 
 
<< 追伸 まさかの大幅値下げ(期間限定)>>
 
あなたがアフィリエイターであれば必須。
ネットショップを運営している、あるいは
今後、運営するつもりだ!という場合も必読です。
 
 
 
アフィリエイターというのは
成功している人の割合がとても少ないビジネスだそうです。
アフィリエイトで月に5000円以上稼いでいる人は
全体のわずか5%と言われます。
 
 
 
そんな厳しいアフィリエイト業界の中で
私が毎月100万円以上の利益を出せるようになったのは
この書籍の威力・影響が非常に大きいと考えています。
これまで何度も何度も読み返してきましたのでボロボロになっています。
 
 
 
『クロージングの心理技術21』
著:ドルー・エリック・ホイットマン 
  
 
 
この書籍に書かれているのは 
ネットショップだけでなく、
実店舗運営でも活かせる技術です。
もっといいますと、人間関係にも応用出来ることです。
 
 
 
クロージングというのは
商談を締めくくるということ。
つまり、「買わせる」ということですね。
 
 
 
この書籍の技術は
売るものが何であれ、あらゆるビジネスに有効です。
「悪用厳禁」とまでされている貴重な書籍です。
 
 

普段は3700円もする高額書籍ですが
ダイレクト出版さんから特別オファーをいただきました。
上記リンクからご購入の場合だけ
1980円で購入することが出来ます。
 
 
 
この書籍ではもう二度とこんなチャンスはないでしょう。
ぜひこの機会にご一読ください。
 
 
 
※現在、Amazonではプレミア価格になっておりますが
転売目的でのご購入はご遠慮ください。
ぜひご自身でお読みになって
この素晴らしい内容をあなたの武器にしてください。
 
 
 
★合わせて読みたい★
 
現代広告の心理技術101
 
 
 
アフィリエイターを志す方には
必ずお勧めしているのがこの2冊です。
成功しているアフィリエイターで
本日ご紹介した2冊を読んでいない人は絶対にひとりもいません。(断言します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://shiterun.com/wp/wp-trackback.php?p=6651