(怒)インド人にNintendo Switch ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウセットを盗まれました(T_T)

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
先週、eBayのバイヤーからリターンリクエストが来まして
「は~い。返品を受け付けますよ」と返事をしました。
すると昨日突然、eBayから
「買い手に全額返金したからね~」という恐ろしいメールが。
 
 
 
全額って5万円くらいですよ。
しかも、商品は手元に戻ってきていないし。
慌ててeBayに文句を言いましたが
「買い手保護だから諦めてね」という理不尽な返事で終了。
 
 
 
お金も商品も獲られてしまいました。(T_T)
 
 
 
eBayってAmazonと同じくらい理不尽なところなんですよ。
  
 
 
その後、いろいろ調べましたので 
リターンリクエストが届いたときに
どういう行動を取っていれば少しはマシだったのかは理解できましたが
もう後の祭りです。
あまりにも高い授業料になりました。
 
 
 
悔しいのぉ、悔しいのぉ・・・
誰か私に変わってあのインド人に仕返しをしてくれる、
必殺仕事人は居ませんでしょうか?
「晴らせぬ恨みを晴らします・・・」という正義感の強い方。
 
 
 
ただ、AmazonやeBayのようなプラットフォームに依存した商売では
こういう理不尽なことはある程度避けられません。
(とくに相手が英語だと冷たく感じますが)
自力で商売するか(独自ネットショップ)
プラットフォームのルールに従うかの2択ですね。
 
 
 
しかし、実は売り手にかなり有利に出来ているプラットフォームがあります。
そう、BUYMAです。
BUYMAは完全に無在庫販売を前提にしていますし
買い手は自己都合ではキャンセルや返品ができません。
 
 
 
このルールがあるから
買い手は高額なブランドものを安心して買付(仕入れ)ることが出来るのです。
そういうこともあって
私は以前からBUYMAに取り組んでいますし
あなたにもお勧めしています。
 
 
 
先日からご紹介しているBUYMAで稼ぐノウハウですが
実はこのBUYMAが、今、スゴく熱いです。
なぜかというとBUYMAの利用者は年々増えているのに
ライバルがそれほど増えていないからです。
 
 
 
ライバルが少ないだけでなく
Amazonなんかに比べると
ライバルの実力もかなり低めです。
 
 
 
私達のようにAmazonやeBayで
切磋琢磨してきた人からすると楽勝な感があります。
 
 
 
ですので、きっちりしたノウハウと
今回ご紹介する必ず安く変える仕組みを利用すれば
あなたはほぼ間違いなく稼げるようになります。
 
 
 
ということで、
やはり注目度が高いのか、
公開してまだ間もないですが
多くの方が動画を見てくれています。 
  
 
 
じつはBUYMAをやっている人の大半が女性です。
お客さんも女性が多いですが
BUYMAセラーの8割くらいは女性だと言われています。
  
 
 
しかし最近では男性客もグングン増えていまして
需要に対して供給が追いついてい無い状態です。
BUYMAも男性客を呼び込もうと必死です。
だから私のようにメンズファッションを扱う人はさらにライバルが少なかったりします。
 
 
 
今日は女性向けのご紹介ページを置いてみます。
女性転売者が夢中になる理由がわかるはずです。
もちろん、男性のあなたにも勉強になるページになっていますよ。
 
 
 
<< 追伸 BUYMAビジネスの問題点とは? >>
 
ご存じのように私の姉もBUYMAで大きく稼いでいるのですが
BUYMAビジネスには一つだけ問題があります。
それは、ついつい、自分のものも買ってしまうことだそうです。
 
 
 
BUYMAをやっていると人気のある商品がわかってきてしまいますので
そんな人気アイテムを安く仕入れられるチャンスがあると
「自分へのご褒美ね!」とかいって、買ってしまいます。
 
 
 
長くやっていると見る目も肥えてきますので
上質な商品がわかってきます。
そうなるとファストファッションのような
使い捨てレベルの品質ものを買いにくくなってきたりします。
自分も上質なものに包まれたくなるからです。
 
 
 
また、お客さんがハイブランド品を
バンバン購入しているのを目にしていると
金銭感覚がマヒしてしまって
自分には分不相応なバッグ(エルメスとかグッチとか)を買ってしまい
思わぬ散財をしてしまいます。
 
 
 
もしあなたもBUYMAをやられるのでしたら
自制心を強く持って取り組まれることをお勧めします。(笑)
ハイブランド品の誘惑は強烈ですよ~(笑笑) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://shiterun.com/wp/wp-trackback.php?p=6745