一ヶ月にたった2つ売るだけで生活出来てしまう方法

こんにちは ワガハイです。
 
 

本日のお品書き(笑)
・一ヶ月にたった2つ売るだけで生活出来てしまう方法
・雇用しようかどうか思案中
・Dメール(国際郵便)作戦 続報
・お客様に商品を買わせる技術 
 
 
  
半年前に希望者が殺到しましたが、
あっというまに締め切りになってしまってほとんどのヒトが涙をのんだ、
あの、コイン転売ノウハウについてようやく情報が入ってきました。
 
 
 
このビジネスモデルの特徴は、
とにかく扱う数量が少ないということ。
1個当たりの利益額や利益率がケタ違いですので
「一品入魂」で大きな利益を狙っていきます。
 
 
 
1個売って10万円とか50万円とか・・・・100万円など。
(もちろん、数千円の利益からでも気軽に始められます。)
 
 
 
目利きやノウハウ、コツ、知識といった部分が
とても重要になってくるビジネスモデルですので
私のやっている、薄利多売転売とは正反対のモデルといえます。
だからこそ、今回こそ取り入れたい。
 
 
 
解説動画は今日の18時に公開されるということですので
あなたにもすぐにチェックしていただきたいと思いまして
この時間にメルマガを配信させていただきました。
じっくりと観てください。(出来ればメモをとりながら)
 
 
 
<< 雇用について >>

さて、またまた悩んでいることがあります。
それは「ヒトを雇用するかどうか」です。
 
 
 
雇用してやってもらいたいことは・・・
1.仕入れ品の荷受け
2.梱包・発送
3.商品登録・出品
主にこの3つです。
 
 
 
物販の業界では、
外注と言って内職的な依託方法をとるのが一般的です。
作業単価は40円~50円程度。
発送代行業務は業者さんが存在しますので100円~150円程度です。
  
 
 
1業務当たりのコストは外注した方が安くなるのですが
「意識面を含めた作業品質」となると
直接、雇用した人の方が良くなります。
なにより信頼感が違います。
 
 
 
人を雇用する場合に難しい(避けたい)のが
「利害相反の関係になる」ということ。
 
 
 
雇用側としては固定の給与の中で最大の結果を出して欲しいですが
それは労働者側からすると労働強化につながります。
「搾取する側と搾取される側」という関係になってはダメです。
 
 
 
雇用者と労働者の利害が一致する、
同じ方向、同じベクトルを向いていないとうまくいきません。
このあたりが実に難しいのです。
 
 
 
とはいえ、出勤してもらったからには
それなりの業務量を用意していなければ赤字になりますから
せっせと仕事を獲ってこなくてはなりません。
 
 
 
今のところ、eBayの荷受け、梱包発送だけで
毎日2~3時間程度の仕事があります。
これにBUYMAやメルカリの出品業務を加えれば
毎日5~6時間程度の仕事は確保できそうです。
パートさんを雇うにはちょうどいいくらいの仕事量かな?と思います。
 
 
 
もちろん、パートさんがどんどん出品してくれれば
どんどん売れるはずですので
仕事量も増えていきます。
この好循環を生みたいのです。
 
 
さて、賃金。 
兵庫県の最低賃金は871円(時給)ですので
6時間働いていただくと5226円。
一ヶ月に20日として104520円。
年収120万円くらいですからご本人は満足ではないかと考えます。
 
 
 
コスト。
賃金のほかに事務所兼作業場の家賃や光熱費や通信費が
毎月10万円くらい必要でしょう。
パソコンやデスク、事務椅子などの初期購入費用も
結構な額になりそうです。
 
 
 
そこまでしてやるべきなのか?
(副業でそこまでしていいのか?)
・・・とも思います。 
 
 
 
しかし、このまま薄利多売を追求していくなら
事務所+社員がないと
自宅副業では月商2万ドルくらいが限界です。
目標である月商1千万円には社員が必要だと認識しています。
 
 
 
この点、FBAという外注業者を使えるAmazon転売は
個人でも大きな金額の仕事量をこなせますので
良い仕組みだと思いますね。
 
 
 
<< Dメール(国際郵便)作戦 続報 >>
 
祝日ではありますが、神戸中央郵便局に電話をかけてみました。
 
「現在、兵庫県内の〇〇郵便局と後納契約があります。」
「国際郵便のDメールを利用したいので
神戸中央郵便局さんとも後納契約をお願いします」
 
 
 
すると意外な言葉が返ってきました。
「〇〇郵便局と後納契約があるのでしたら
その契約を利用して「他局差出(たきょくさしだし)という制度を利用できるはずですよ」
  
 
 
むむむ??他局差出??なんですかそれは??
早速ググってみました。
 
後納郵便物等の他局差出制度
※日本郵便の公式サイトです。アフィリリンクではありません。
 
 
ちょっと難しい文面ですが、
契約局を窓口にして違う郵便局を利用できそうな・・・。
ひょっとしたら思ったよりも簡単にDメールの利用を開始できそうな気がします。
 
 
 
とりあえず、私が利用している郵便局の担当者に
手紙でお願いをしてみました。
返事は連休明けになりそうですが、楽しみです。
一気にコストが下げられそうな予感がします。
連休明けから猛ダッシュを決めたいところです。 
  
 
 
<< 現代広告の心理技術101 大きな話題に! >>
 
「ずっと読みたかったのですが、あれだけ高額な書籍なので諦めていました!」
・・・という人が、実はたくさんいたようで、
今回の奇跡的なキャンペーンにみんな飛びついているようです。
 
 
 
この本に書かれている「技術」は
私のようなメルマガライターだけに必要なものではありません。
自分で商品説明分を書く、あらゆる販売業にとって強力な武器になります。
つまり、あなたに必要な技術です。 
 
 
 
たとえば、メルカリ。
同じ商品が2つあって、どちらも似たような写真だったとします。
あなたが購入を決めるのはどんな理由からでしょうか?
それは説明分に共感を持てたとき、ですね。
 
 
 
たとえば、BUYMA。
ユニクロよりもウンと高い服をお客さんに買ってもらおうとするなら
あなたに必要な説明の仕方はどんなことでしょうか?

「ウール100%で着心地がいいサマーカーディガンですよ」⇒ダメ
  
下の例文は、今、私が即興で作ったものです。

『グランビングでの夕食時にもフワリと羽織っていれば
ワインで身体を冷やさすにすみますね。
夕焼けと赤ワインとあなたの赤いサマーウールカーディガン。
こんな素敵なカラーコーディネイトはいかがでしょうか?』
 
 
 
つまり、この例文では
お客様に着ている情景を目に浮かべさせることを狙っています。
あなたならどちらの説明分が心に残るでしょうか。
 
 
 
ちなみにブティックでは必ず姿見=鏡がありますよね。
これはサイズ感を確かめさせているだけではありません。
購入後のお客さんの姿を強くイメージさせ、「お似合いですよ」の殺し文句で
「この服はもう、自分のものだ」と思い込ませることが目的です。
 
 
 
服は試着させられれば売れたも同然。
クルマは試乗させられれば売れたも同然です。
 
 
 
住宅販売のモデルハウスにソファーやベッド、ぬいぐるみが置いてあるのはなぜ?
 
ブティックではワンピースを売りたいのに
マネキンに帽子やサングラス、バッグまで持たせるのは何故?
 
家具のIKEAではイスばかりをズラリと並べず、
お部屋風に様々な家具を組み合わせて展示しているのはなぜ? 
 
すべて、お客様に購入後の自分(生活)を強くイメージさせるためです。
 
 
 
ではネット販売の場合はどうすればいいのでしょうか?
言葉で試着、言葉で試乗させるのです。
お客様にその用品を購入・使用している情景をイメージさせる。
これで劇的に売上げが変わっていくのです。
  
 
 
あなたが普段、何気なく見過ごしているアイテムや言葉には
販売に結びつく大きな秘密が仕込まれているのです。
 
 
 
この本にはそういった秘密がぎっしり101も詰まっていて
しかも読み終わったあとにその力が身についているというスゴイ一冊です。
だから読んだ人がみんな驚愕・絶賛するのです。
  
 
 
もしあなたが・・・・、

売れる商品と売れない商品の違いを知りたい。
ヒットする広告と失敗に終わる広告の違いを知りたい。
ライバルの商品が売れて自分の商品が売れない理由を知りたい。
そもそも反応の取れる広告とは何か?を知りたい。
(あなたは、広告=説明分と置き換えてください)
 
 
 
こういったことに興味があるなら
きっとこの「現代広告の心理技術101」が
とても役に立つでしょう。
  
 
 
なぜならこの本は数多くの実験結果から導かれた
「どうすればお客は行動を起こすのか?」という
顧客の行動心理を徹底的に解明した本だからです。
 
 
 
メルマガやアフィリエイト、
リスティングなどのネット関連の広告に限らず、
ダイレクトメールや雑誌広告などの
オフラインの広告に至るまで
 
 
 
文章で商品を販売する人間にとって
顧客が何を考えて、どう行動するのか
ということを”知っている”のは非常に重要です。
 
 
 
というのも、広告を見た見込客が
何に反応してどういうアクションを起こすのかという
「広告の心理学」を知ることで
実に簡単に商品を売ることができるからです。
 
 
 
そして、この「広告心理学」を知っていれば
高度なコピーライティングの知識も必要ありません。
 
 
 
この本は
 
・パワフルな広告、パンフレット、セールスレター、ウェブサイトの作り方
・あなたの言葉を人に信じさせる方法
・人にレスポンスを返させる「ずるい」方法
・「魔法のような」ヘッドラインを書くコツ
・広告で絶対にやってはいけないこと
 
 
 
などなど、あなたが何をどう売っていようと
こうした「秘密」を学ぶことができる
特別な一冊になることでしょう。

 
 
そして、この、普段、6680円もする高額本が
今だけ(期間限定)、1980円で販売されているのです。
こんなチャンス、もう二度と無いと思いますよ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://shiterun.com/wp/wp-trackback.php?p=6760