アミーボ(amiibo)資産構築型せどり手法について

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
この一年間、任天堂のアミーボを売り続けてきまして
気付いたことがあります。
それはこんなことです。
「アミーボは手元に置いておくと資産になる」
 
 
  
つまり、たいていのアミーボは
発売されてしばらくすると値上がりしていくのです。 
(例外もあります)
  
 
 
アミーボの定価って1200~1300円くらいなんですが、
Yahoo!ショッピングや楽天ブックスでは
ものによっては1000円くらいで仕入れられます。
 
 
 
毎年、たくさんの種類が発売されますが
その中には全く人気の出ないアイテムもあれば
大人気になってあっという間にプレミアになるアイテムもあります。
 
 
 
しかし、総じて、1~2年もすると市場に新品が減ってきて
人気の無かったアイテムでさえプレミア価格になりやすいのです。
 
 
 
早速、検証してみましょう。 
 
 
 
まず、Amazonの検索窓に「アミーボ」と入れて検索ボタンを押します。
無関係の商品を省くためにいくつかの絞り込みを行っていただき
いつもの人形というかフィギュアというか・・・だけを表示してください。
 
 
 
そのあと、価格の高い順に並べ替えて
それぞれをモノレートで見てみます。
モノレートの期間は「全期間」にしてください。
 
 
 
たとえば、現在、18000円もするこちらのぬいぐるみ
『amiibo あみぐるみポチ (ヨッシー ウールワールドシリーズ)』
2017年1月に発売されてから最初の半年間のカート価格は2千円程度です。
それが2年で9倍に。
 
 
 
現在28400円のamiibo キュービィ (ハコボーイ! シリーズ)は
2017年1月の最安値は1118円です。
これもわずか2年で28倍に。
仮想通貨もビックリの高騰です。
 
 
 
一年もしないうちに2倍~5倍になる商品はいくらでもあります。
今、高額になったアミーボを眺めていると
どれも発売時に定価の2割引きとかで売っていたものばかりです。
私もたくさん売ってきたアイテムですが、
「ああ、あの時、安売りせずに取っておけば良かった!」と悔やみます。
 
 
 
ですので、とりあえず全商品を発売日に買っておいて、
それも出来れば複数個買っておいて、
値上がりを期待して保管しておく、という方法を考えました。
まさに株や金(ゴールド)を保有して値上がりを待つ投資家のようです。 
 
 
 
もちろん、鳴かず飛ばずで
全く値上がりしないアイテムもあります。
ですのでややギャンブル的な要素があるのは確かです。
 
 
 
それでもプレミア化する可能性が高い商品達ですので
黒字の商品の利益は赤字の商品の損失を補ってくれます。
  
 
 
しかも、日本とアメリカ、ヨーロッパやアジアなど
国によって人気の出る商品は微妙に違うのです。
日本では全く人気の無いアミーボが
海外では取り合いになることも珍しくありません。
 
 
 
ですので輸出もやっていれば
儲けられる可能性はさらに高くなります。
  
 
 
だから私は日本Amazonと海外eBayとで
どちらか利益の大きくなる市場を選んで転売しています。
 
 
 
eBayで売れ残った商品を日本Amazonで売り裁くこともよくあります。
ほんの数ヶ月も我慢していれば
相場が私の希望価格に近づいていきますので
どちらにしろ黒字で販売が出来ています。
  
 
 
私はこれまでアミーボをたくさん扱ってきており、
多少のノウハウや経験がありますので
値上がりしそうなアイテムは
パッケージを見ただけで何となく「ピン!」ときます。
 
 
 
そういった「大化けしそう」な商品は
思い切った数を仕入れるようにしています。
 
 
 
これまでの経験から一つ、ヒントをお伝えするとすれば
「リンク」というキャラクターはプレミア化する可能性が高いです。
今からですとこちらの「こどもリンク」がその予備軍でしょうか。

 
 
 
プレミア化した商品でも
任天堂による再販によって価格が暴落することもありますが
しばらく我慢していればまた値は上がっていく傾向があります。
 
 
 
事実、現在、5千円~6千円に高騰したアイテムを
5個も10個も持っている販売者がいますので
この「アミーボ投資せどり」をすでに実践している人がいるのでしょう。
 
 
 
これは「寝かせ」とも呼ばれる高等テクニックですが
他のアイテムに比べてアミーボなら難易度は低いのではないでしょうか。
発売と同時に買いためなくても
値上がりの初期に気付けば大きな利益を出せそうです。
 
 
 
<< そんなリスクを負わなくても・・・ >>
 
じつはそんな「値上がりに賭ける先行投資」というリスクを負わなくても
もっと簡単に安全に稼ぐ方法もあります。
それは、ツールを使って、既に価格差のある商品だけを扱うという方法です。
後出しじゃんけんみたいな方法です。
 
 
 
Amazonのカート価格は市場の需要と供給で大きく変動しますが
ヨドバシカメラや楽天ブックスでは変動しません。
売り切れるまで、ほぼ同じ価格で売り続けます。
 
 
 
この2つの市場(AmazonとAmazon以外)のルール差により
AmazonとAmazon以外、例えば楽天ブックスなどとで価格差が生まれます。
 
 
 
どちらも膨大な種類の商品を扱っていますので
人間が一つずつ比較していくのは無理ですが
ツールならそれはいとも簡単にやってのけます。
 
 
 
ツールが見つけ出してきた価格差の大きな商品を
楽天ブックスで仕入れて⇒Amazonで売るだけ。
ホントにたったこれだけです。
 
 
 
こんな簡単な方法で毎月3千万円も売り続けている人がいます。
「それは誰?誰なの!!」かといいますと、
僕の近所にいるせどらーさん(友人T)です。
彼は楽天ブックスとAmazonとの価格差ツールを作ったのです。   
 
 
 
ちなみに、その友人Tは
「ワガハイさんの読者さんなら使ってもらってかまいませんよ~」と
ツールをタダで公開してくれています。 

 
 
 
ちょうど今、楽天ブックスは
「ゲームおもちゃ在庫一斉セール」というのをやっています。
この週末、このセールとツールを駆使して
稼ぎまくってくださいね!

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)