究極の転売商品は〇〇だ! 仕入値の21万倍で流通しているあの商品とは?

こんにちは ワガハイです。
 
 
今週も一週間お疲れ様でした。
暑い毎日ですがこの週末も頑張って仕入れていきましょう!
 
 
今日のメルマガコンテンツです。

<立ち止まってはいけない スティーブジョブス>
<移動型店舗の可能性>
<ヨドバシドットコム仕入れがHOTだ>
<究極の転売商品は〇〇では?>
<投資型アンティーク転売アイテムは〇〇〇>
の5本立てです。
 
 
 
・・・ということは今日も長文になりそうですね。(_ _)
 
 
 
あなたが探しているものは
ひょっとしてこれではありませんか?

 
 
 
<<Keep looking. Don’t settle>> 

私も、もう10年以上もずっと、何かを探し続けてきた気がします。
「どうしたら儲かるかなぁ」
「どうしたらお金持ちになれるだろう」
「どうしたらもっと生活が楽になるだろう」
 
 
 
探し続けながらも思考錯誤を繰り返しているうちに
少しずつ、お金を儲ける力が身に付いてきていることに気がつきました。
あなたも私も、決してこれまでにかけた時間は無駄では無かったと思います。
 
 
 
私達の好きなスティーブジョブズも
同じようなコトを言っていました。

スティーブジョブズが2005年にスタンフォード大学で行ったスピーチ

If you haven’t found it yet, keep looking. Don’t settle. As with all matters of the heart, you’ll know when you find it. And, like any great relationship, it just gets better and better as the years roll on. So keep looking until you find it. Don’t settle.

もし、まだ好きなことが見つかっていないなら探し続けて下さい。立ち止まってはいけません。それが見つかった時には、自分の心で感じ、気づくものです。素晴らしい恋愛関係のように、時間と共に良くなっていくものです。だから見つけるまで探し続けて下さい。立ち止まってはいけません。
 
 
 
ここで私は、「自分の心で感じ、気付くものです。」
という一節がとても気になりました。
 
 
 
私は将来、転売による収入を生活基礎にしながら
実店舗での商売にもチャレンジしたいと思っています。
物販につきまとうプラットフォームの理不尽さから脱出したいのです。
この思いはあなたならわかってもらえると思います。
  
 
 
最初はできるだけリスクを抑えて、移動型店舗をやってみたいと思っています。
移動型店舗というのはこういうやつですね。
 
『女性に人気の移動式カフェ、売り上げ倍増中』
※アフィリリンクではありません。
 
 
 
既にライバルはいくらでもいる世界ですが、
個性を発揮してアイデアとセンスで勝負できる、
とても面白い世界だと思います。
先日のメルマガでも書いた、飛騨高山のエスプレッソ屋さんなどは良いヒントになっています。
 
 
 
ですのでここ数年、観光地や都心などで
移動型販売店の様子をガン見しながら
何かを盗み取ろうとしてきました。
 
 
 
あと数年もしたら
それまでに蓄積したノウハウをぶつけて
面白いことをやってみたいと思っています。
 
 
 
フランチャイズではなくゼロからやってみます。
数年をかけて自分の目で見聞し、アイデアを集積していきます。
移動型で修行して、実店舗(固定型)へと移れたらいいなと思います。
 
 
 
<<仕入れ先がヨドバシに変わってきたぞ>>

さて、
それまではeBayで稼がなければなりません。
移動型店舗ビジネスが大コケしてもいいように
eBay輸出は永遠に安定運営しなければなりません。
 
 
 
『ほぼ完全無在庫転売』を続けていて
さらに仕入れ先が変わってきました。
 
 
 
Yahoo!ショッピング、楽天市場の方が安くなるケースも多いのですが
これらからの仕入れには次のようなデメリットがあります。
・Amazonセドラーが運営している店では新品でも品質が怪しいことがある。
・送料無料になるには最低〇千円、〇万円などの決まりがあり、単品では割高になる。
・無在庫の店が多いため、問屋辛子入れて発送し、商品が私の手元に届くまでが遅い、
 
 
 
もともと、Amazonのカート価格をベースにeBayでの販売価格を設定していますので
eBayで売れたらAmazonへ注文すればそれで想定通りの利益が取れるのですが
どうせなら1円でも安く仕入れたいのが人情です。
Yahoo!ショッピングや楽天市場はAmazonよりも安いことが多く
出来れば利用したいのですが上記のようなデメリットも気になるところです。
 
 
 
そこで急浮上してきたのが「ヨドバシドットコム」です。
  
 
 
eBayで商品が売れますと
とりあえず、楽天市場とYahoo!ショッピングで送料込みの仕入れ価格を調べます。
私の場合、毎日、30~50点くらい売れますので
運が良ければ送料が無料になるくらい同じお店で仕入れることが出来ます。
  
 
 
次にAmazonとヨドバシドットコムを調べ、
4カ所の中で最安値のところへ発注するというわけです。
 
 
 
ヨドバシドットコムでは販売価格はAmazonより高くても
ポイントが1割くらい貯まりますので
実質、最安値ということが多いです。
 
 
 
私のような消費税還付業者の場合、
みかけの仕入れ額(ポイント還元される前の金額)が大きいと得なんです。
 
 
 
例えばAmazonとヨドバシドットコムとで
同じ9千円の商品を仕入れるとします。
次の例ではAmazonもヨドバシも実質仕入れ額は9千円です。 
 
 
Amazon 
販売額9千円 消費税還付額(現在8%)=667円

ヨドバシ
販売額1万円 ポイント1000円分還元
消費税還付額は741円
 
 
わずかではありますがヨドバシで仕入れた方が74円、得なのです。
しかし、仕入れ金額が大きくなって
例えば、90万円(Amazon)と100万円(ヨドバシ)とでは
消費税還付額の差は7400円となります。
 
 
 
私達サラリーマンのお小遣いが一ヶ月に2~3万円だとすれば
7400円増えれるというのはかなり嬉しいことのはずです。
 
 
 
ここから下はアイデア提供です。
コラム程度に気軽にお読みください。 
ただ、私が普段、どんな視点で小売業を見ているかが
伝わるかもしれません。私はいつもどん欲にビジネスチャンスを探しているのです。 
 
 
<< 究極の転売商品は何だろう >>
 
それは、「水」だとおもいます。
あなたはコンビニや自動販売機で水を買ったことがありますか?
500mlで100円くらいですね。
今の時期は熱中症予防のためにたくさんの水分を取りたいところです。
  
 
 
では飲料メーカーにとって水の仕入値はいくらだと思いますか?
実は「タダ」です。
飲料メーカーは山に取水工場を作って地下水をくみ上げているだけです。
濾過(ろか)や殺菌すらせずにそのままボトリングしている銘柄も多いです。
 
 
 
もちろん、工場設備には投資が必要ですし
製品を全国各地へ配送するコストがかかりますので
一本100円という販売価格は適当な価格設定なのかもしれません。
  
 
 
しかし、日本は世界でもっとも優秀な水道インフラが整っている国です。
その安全基準はミネラルウォーターよりも遙かに厳しく
成人が毎日2リットルの水道水を50年間飲み続けても健康被害が無いとされています。
 
 
 
ですから、どこの家庭、どの職場でも
水道の蛇口をひねれば飲める水が出てきます。
そして、この水道水が激安、ほぼタダなのです。
 
 
 
例えば兵庫県神戸市水道局の場合
基本料金の20立方メートルまでは1900円です。
(上下水道は国ではなく自治体が責任を持ちます)
  
  
 
20立方メートルというのは20リットルではありません。
2万リットルです。500mlのペットボトル4万本です。
500mlのペットボトル4万本分の水代が1900円なんです。
 
 
 
つまり、
500mlのペットボトル一本分の水道水代は0.0475円です。
ただみたいなものです。
 
 
 
もし、あなたが自宅で水道水をペットボトルに詰めて
誰かに100円で売ることができればボロ儲けです。
仕入値の21万倍で売れたことになります。
※もちろん、販売には関連する法律がたくさんあるはずですのでご注意ください。
 
 
 
飲料メーカーは
・ペットボトルにいれて持ち運べるようにしている。
・常に冷やしてくれている
などの付加価値を付けています。
 
 
 
しかし、私達素人でも
工夫・アイデア次第では水道水を転売して
ボロ儲け出来るかもしれませんね。
※繰り返しますが関連法律を厳守してください。食中毒を出したらたいへんです。
 
 
 
ちなみにネットで
「水道水を美味しくする方法」などで検索すれば
たくさんの情報を得られます。
一晩くみ置きしたり、煮沸したり、レモン汁を搾ったり・・。
 
 
 
私は子供のころから水道水をそのまま美味しく飲んでいますので
カルキ臭なんて感じたことがありませんが。
毎朝と寝る前にコップ一杯の水を飲む習慣があります。
もう、50年以上も続けています。 
 
 
 
<< アンティーク転売 洋食器はどうだろう? >>

先日、アンティークコイン転売、アンティーク時計転売についてお伝えしました。
どうやら、私達、転売屋にとって「アンティーク」というのが
大きく稼ぐ可能性のあるキーワードなのではないかな?と考えています。
  
 
 
それなりに知識が必要なのですが
今後、独自のネットショップを構築して行くに当たって
「アンティーク」商品はぜひともチェックしていきたい分野です。
  
 
 
私が愛読しているANA(全日空)の経済WEBサイトにこんな記事がありました。
『優雅な趣味としてもおすすめな、アンティーク洋食器への投資』
※ANA Financial Joutnal の該当記事へジャンプします。
   
 
 
日本の洋食器(陶磁器)メーカーのノリタケやナルミは
海外でも高く評価されているようです。
アンティーク洋食器は他のアンティーク製品と同様、
需要と供給の関係で今後の値下がりは考えにくい商材です。
  
 
 
まだ一部の人しか手を付けていない分野ですので
あなたご自身でノウハウを構築していくつもりで取り組めば
一財産、つくることが出来るかもしれない夢のある世界です。
 
 
 
アンティークは「好きこそものの上手なれ」になりやすい分野だと思います。
洋食器に限らず、あなたの趣味や嗜好で
アンティークに結びつきやすいことがあれば
掘り下げてみてはいかがでしょうか?
趣味と実益を兼ねることが出来るかもしれませんよ。
 
 
 
ちなみに、アンティークで無くても
洋食器はメルカリやヤフオクで利益を出しやすい商材です。
私も月に数点は転売しています。
仕入れ先はリサイクルショップです。
新品の食器セットを500円で仕入れて
5千円で売れたりしています。面白いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://shiterun.com/wp/wp-trackback.php?p=6857