中古本の販売をAmazonからメルカリへ変更しました。

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
AmazonのFBA倉庫で回転の悪い、売れ残り商品を
自宅へまとめて戻しました。
特に中古商品はAmazonよりもメルカリの方が売れやすいと考えたのです。
 
 
 
Amazonの場合は価格交渉の余地がありませんので
需要があってもそれに応えることが困難です。
また、本当の相場といいますか
売れる価格がわかりにくいのです。
 
 
 
Amazonの場合、カート価格=相場価格ではありません。
売り手の都合で決めた価格です。
 
 
 
ですのでカートを獲っているからといって
必ず売れるものではありません。
Amazonでは
お客様の出せる金額=需要を探りにくいのです。
 
 
 
その点、メルカリには交渉のシステムがあります。
お客様と駆け引き・商談が出来るのです。
また、需要も探ることが出来ます。
この仕組みのおかげで現金化を早めることが出来ます。
 
 
 
メルカリのメリットはもう一つあります。
それは手数料の低さです。
 
 
 
下記の表は私は8月になってからAmazonで販売した中古本のデータです。

販売金額 Amazon手数料         入金額
980 599 381
320 390 -70
650 444 206
600 537 63
1,600 742 858
1,500 683 817
940 592 348
900 629 271
700 553 147
1,980 761 1,219
350 390 -40
1,200 634 566
1,300 694 606
3,230 1,173 2,057
2,500 743 1,757
800 468 332
700 596 104
300 387 -87
680 550 130
600 435 165
1,000 500 500
700 553 147
1,550 735 815

合計
25,080 13,788 11,292

これは販売単価が安いことが大きな原因の一つではありますが、
なんと販売額の55%をAmazonに持っていかれます。 
300円台で販売した場合は必ず赤字になります。
(送料込みの手数料です) 
  
 
 
これがメルカリでしたら、例えば300円で文庫本を売ると
メルカリ手数料10%、ゆうメール送料118円とすると
300円-30円-118円=152円が残ります。
Amazonはとにかく、手数料と送料が高いのです。
 
 
 
書籍に関しては自宅からゆうメールを利用して発送しなければ
利益を残せないと言えますね。
安価な中古本を販売しても、もうかるのはAmazonだけです。
  
 
 
メルカリのデメリットは「手間」です。
出品の手間、交渉の手間、梱包発送の手間、評価の手間。
なにより、売れた時に在庫の山からその商品を探し出すのがたいへんですし
自宅を倉庫代わりに使うのもけっこうたいへんです。
 
 
 
このデメリットと先ほどの利益152円を比較して
割に合うと考えたらやってみればいいと思います。
例えば時給が1000円だとして、
上記の作業を1時間に7冊こなせればトントンです。
 
 
 
売れ残りがでたら人件費の分、赤字です。
子育て中のママがスキマ時間にやるのならいいかもしれませんね。
 
 
Amazonのメリットは
・FBAだと楽。
・高く売れる。
などでしょうか。
 
 
 
Amazon、メルカリのメリットとデメリットをそれぞれよく考えて
使い分けたいです。
 
 
<<中古本のうち、利益の出る商品の割合は?>>
   
 
このメルマガでも何度か書きましたが
私は中古本をタダで手に入れています。
不用になった本を無償で譲り受けているのです。
毎月、数百冊をもらいます。
  
 
  
では私の審査で合格し、無事、出品される書籍の割合はどれくらいだと思われますか??
実は100冊に1~2冊の割合です。つまり、1~2%。
ほとんどはゴミになるのです。
 
 
 
Amazonで「1円+送料」で販売されている書籍も
ブックオフでは100円などで販売していますが
ブックオフ仕入れでAmazonへ出品して利益を出せる書籍を見つけられる可能性は
1~2%しかないのです。
 
 
 
ライバルせどらーがリサーチしたあとでは
さらにその可能性は下がっていることでしょう。
 
 
 
ちなみに、私はこの中古本の利益は
全て慈善団体に寄付しております。
 
 
 
私はこの数百冊をすべてAmazonでリサーチします。
どんな本でも300円で売ってゆうメールで自己発送すれば
数十円の利益を出せるのですが
それでは私自身の人件費を捻出できません。
 
 
 
ですので、Amazonの中古本価格が1円~数百円となっているものは
すべて処分してしまいます。
Amazonの商品ページやモノレートを参考に
扱う書籍をピックアップしています。
 
 
 
ですので、私が処分してしまっている書籍も
時間に余裕のある方なら利益を出せるものです。
(人件費を無視すれば一冊150円程度の利益)
 
 
 
もし、あなたが時間に余裕のある方で
この主旨にご賛同いただき、
売上げの中からわずかでも結構ですので
慈善団体に寄付していただけるのでしたら
書籍をお譲りしてもかまいません。
 
 
 
さて、こちらの動画公開が本日で終了との連絡をいただきました。

「これはもはや貿易だ!」 
https://fmclub.mambo.sg/ja/MbCxBw/MQ/NoiKtH3PPXwc0g

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://shiterun.com/wp/wp-trackback.php?p=6888