作業を外注化出来たのでまたまた薄利多売にチャレンジ中

こんにちは ワガハイです。
 
 
この秋までにしっかりとした収入源を一つ持ちたいのでしたら
こちらの方法をおすすめしています。
とくにあなたが副業として取り組むのでしたらベストです。
公開は本日までですね。
https://fmclub.mambo.sg/ja/Mb9dJb+NVB7KoXjbsQbTupdQ
 
 
<< メルカリの発送にゆうメールとゆうパケット >>
 
最近、国内配送に日本郵便の
ゆうメールとゆうパケットという方法をよくつかっています。
主にメルカリやヤフオクで売れたものを発送しています。
 
 
 
私のゆうメール契約運賃は次の通りです。(消費税込み)
50グラムまで   111円
250グラムまで  118円
500グラムまで  121円
1kgまで    170円
2kgまで    253円
 
 
 
ゆうメールの規格としては
梱包後の厚みが2センチまでと決められていますので
それを超える場合はゆうパケットを使っています。 
  
 
 
同じく、私のゆうパケット契約運賃は次の通りです(消費税込み)
重量制限は1kgまでです。
厚みが1cmまで  182円
厚みが2cmまで  212円
厚みが3cmまで  292円
  
 
 
ゆうパケットには追跡番号がついています。
追跡番号がついていてこの料金は激安です。
 
 
 
ではAmazonのFBAとメルカリとで
同じ金額の商品が売れた場合に
利益がどれくらい違ってくるかを検証為てみましょう。 
 
 
たとえば1000円で中古書籍を売ったとします。
Amazon
自己発送の場合
Amazon販売手数料 -230円
ゆうメール     -121円
利益        649円
 
FBA発送の場合
Amazon販売手数料 -230円
FBA手数料 -356円
利益        414円
 
メルカリ
メルカリ販売手数料 -100円
ゆうメール     -121円
利益         779円

Amazonの場合は月額4900円の出店料がかかっていますし
FBA倉庫までの納品送料も発生しています。
 
 
 
上の計算から考察すると
AmazonFBAでは利益額がメルカリの半分ほどになります。
「Amazonの方がメルカリよりも倍売れる」というのが
AmazonFBAかメルカリかを選択する基準になりそうです。

 
 
<>
 
毎月20日頃に依頼をかけているのですが
今月も無事、リミットアップに成功しました。
 
 
 
出品数 5万点 ⇒ 6万点
金額  200万ドル ⇒ 240万ドル
う~ん。どちらも1.2倍と渋い結果です。
 
 
 
なぜ最近、倍率が悪くなっているかと言いますと
「そんなに売れていないから」です。
eBayからすると、「あなたにはそんなに大きなリミットは不要でしょ!」
というわけです。
 
 
 
200万ドルって2億1200千万円くらいになります。
240万ドルは?といいますと2億5560万円。
これを年商になおすと30億を超えます。
『上場企業か?!』というような金額になりますね(笑)
 
 

そして金額よりも重視すべきは「出品点数」です。
これが無在庫販売の要ですから。
来月からは1.1倍が続くとみていますので
目標の10万点を達成できるのは3月頃になりそうですね。
 
 
 << eBay商品構成をまたまた組み替え >>
 
前述の通り、さらなるリミットアップのためには
売上げを大きくしていくことが必要となってきました。
この必要性と、作業を外注化出来たこともあって
またまた「かなり薄利・多売」を目指すことにしました。
 
 
 
すなわち、これまで無視していた、
販売価格15ドル以下の安物を再び扱いはじめたのです。
 
 
 
eBayでもメルカリでもAmazonでも
1万円の商品よりも1千円の商品の方がたくさん売れます。
1万円の商品を1個売るより1千円の商品を10個売る方が
断然、簡単なのです。
  
  
 
私は面倒な梱包発送作業を外注化していますので 
1千円の商品を10個売った場合の利益
1万円の商品が1個売れた場合の利益
この2つが等しければ、どちらの方法でもよいのです。
  
  
 
これがもし、梱包発送を自分自身でやっていた場合は
そういうわけにはいきません。
作業量が増えれば増えるほど苦労が増えます。
  
 
 
毎日50件も梱包していたら
睡眠時間を削られて過労死してしまいます。
梱包発送作業を外注化出来たおかげで
作戦(選択肢)を増やすことが出来ました。
 
 
 
というわけで、昨日は15ドル未満の商品を
約3千点ほど新規出品致しました。
商品は文房具です。日本製の文房具系消耗品は
海外でもその品質を高く評価されています。
   
 
 
思惑通り売れてくれると嬉しいのですが。

 

 
 

 

 
 
 

 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://shiterun.com/wp/wp-trackback.php?p=6912