超簡単メーカー仕入れ術。Amazonが苦しむ場所から儲ける場所へと変わる!?

こんにちは ワガハイです。

大人気解説動画も今日で公開終了です。
「差別化物販戦略の教科書」出版記念動画
 
  
 
久しぶりにAmazonFBA倉庫へ大量納品いたしました。
160サイズのダンボールを8個分。
全部アパレルです。
少し早いですが秋冬ものを仕入れたからです。
  
 
 
私が住む関西では、まだまだ残暑が厳しいのですが
日本列島は南北に長いです。
一番北と一番南とではまるで季節が違います。
ですから一番季節の早いところに合わせるのが基本なんです。
 
 
 
私が扱うアパレルは
あまりファッショナブルな商品では無いのですが
それでもおしゃれな人は誰よりも季節を先取りします。
(早すぎると変人扱いされますが)
  
 
 
今日の夕方ころに納品が完了したのですが
早くも2点、1万円分が売れました。
これから少しずつ売上げが増えていき、
ピーク時には毎日50点くらい売れます。
 
 
 
私が扱っているのは定番商品ですので
毎年、ほとんどブレがありません。
利益率はたいしたことが無いのですが
売上げだけは大きいので楽しめます。
 
 
 
売上げが大きいというのは重要です。
銀行の融資の可否は売上げで決まります。
数は力です。あらゆるコストを下げていくことが出来ます。
 
 
 
私はこの商品をメーカーから直接仕入れています。
いまや私にとってAmazonは
メーカー仕入れ品を売りさばく場所になっていまして 
小売店の商品を消費者の真似をして購入し、
転売する場所ではありません。
 
 
 
現在、Amazonを利用して儲けている人の大半は
・メーカー仕入れ
・アジア諸国でのOEM生産販売
このどちらかです。
 
 
 
これはアメリカAmazonでも同じことです。
いわゆるせどらーの時代は終わったとされています。
  
 
 
せどらーにとっては理不尽なAmazonも
メーカー仕入れ者やOEM生産者にとっては
とても良いマーケットです。
  
 
 
とくにメーカー仕入れや問屋(卸さん・商社)仕入れはいいと思いますね。
中国からのOEMは、中国メーカーを信用出来ない
(自分達が同じ商品を安価で売ったりする)ので
私はメーカー仕入れだけに取り組んでいます。
 
 
 
私の場合は、たまたまメーカーさんと知り合えたので
メーカーから卸してもらっていますが
卸さんから仕入れる場合もほぼ同じような利益を見込めます。
納品されるスピードもメーカー直接の場合と遜色ありません。
 
 
 
メーカーや卸さんとの取引ときくと
自分とは関係が無いように考える人が多いのですが
実際やってみるとたいしたことではありません。
 
 
 
AmazonにFBA納品している販売者のほとんどは
私のように個人の自宅の廊下や玄関で
箱詰めをして納品作業をしているのでしょう。
  
 
 
メーカーや卸業者の担当者は
あなたが個人事業主でも合同会社社長(社員はあなた一人)
でも関係ないのです。
自分の売上げ成績が増えれば喜ぶのです。
 
 
 
この簡単でお得なメーカー仕入れについては
まだまだ情報が少なく
あなたもきっと躊躇していることだと思いますので
しばらく話題として提供していきますね。
 
 
 
今ならまだクリスマス~年末年始商戦に間に合います。
今日の所は「その気」になってくださればそれでOKです。
 
 
 
・メーカー仕入れ、面白そうだな。
・メーカー仕入れは案外、簡単ってホントみたいだな。
今日はこの2点だけ、心にすり込んでおいてください。
Amazonが苦しむ場所から儲ける場所に変わりますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://shiterun.com/wp/wp-trackback.php?p=6934