メーカー仕入れの効果を最大級に発揮させる方法がこれ。

こんにちは ワガハイです。
 
 
 
まさか孫さん(ヤフー)がZOZOを買収するとは!
とおおいに驚きました。
孫さんは年商3000億円を
前園前社長は2400億円を手に入れました。
 
 
 
ヤフーグループの物販部門は
ヤフオク、Yahoo!ショッピング、ロハコですが
Amazonや楽天市場と比べ
かなり規模が小さく、苦戦していました。
 
 
 
とくにアパレル部門では出遅れ感が大きかったので
ヤフーグループにとって
ZOZOはとても良い買い物だと思います。
 
 
 
前園社長のもとではZOZOの伸びは頭打ちでしたので
天才:孫正義でしたらヤフーグループとの相乗効果で
とんでもないことがやってくれる気がします。
いやでも期待感が高まります!
 
 
 
ZOZOもヤフーも株価を伸ばしていることからも
市場の期待や評価が大きいことがわかりますね。
  
 
 
とはいえ、ヤフー、Amazon、楽天のどこが小売店のトップになっても
私達には関係がありませんね。
私達の優位性は「どこでも好きなところで販売出来る」という身軽さです。
  
 
 
先日からあなたにお伝えしているメーカー仕入れの
大きなメリットの一つが
この、「あらゆるマーケットで安定して販売出来る」
という点です。
 
 
 
考えてもみてください。
せどりの場合、特に店舗せどりでは
同じ商品を継続してリピート販売することは出来ません。
ほとんどの場合、1商品を1回しか売ることが出来ないのです。
効率面では最低のビジネスです。
  
 
 
店舗せどりで赤札セールの商品を見つけました。
最後の1点でした。
あなたはその1点を買って帰って
商品登録してFBA倉庫へ納品。
  
 
 
運良く、次の日に売れて利益を出せました・・・。
 
 
 
ではそのあとは?
同じ商品はもうどこにも売っていません。
「FBA商品を補充する」というボタンは永遠に使えません。
  
 
 
かくしてあなたは
その日暮らしのように
毎日毎日、新しい掘り出し物を探し続けなければならないのです。
なにも見つけられなかった日はボウズです。
やけ酒を飲むことくらいしか出来る事がありません。  
 
 
 
メーカー仕入れはここが違うのです。
同じ商品をほぼ永遠に仕入れ続けることが出来ます。
一つのSKUで何個でも何回でも売ることができるのです。
(その商品が廃番になったら終了です。) 
 
 
 
一度に大量仕入れが出来ますし
FBA倉庫や手元の在庫が少なくなってきたら
追加発注をするだけでいいのです。
 
 
 
この、同じ商品を何個でも何回でも売れるというメリットが一つ。
もう一つのメリットは「どこへでも販売出来る」ということです。
  
 
 
メーカー仕入れをやっている人のほとんどは
Amazon以外の市場でも同じ商品を販売しています。
 
 
 
一人のセラーが同じ商品を
Amazon、楽天市場、ヤフーショッピング、ラクマ、メルカリ、ヤフオク、
独自ネットショップにも並べています。
Amazonでだけ販売している人の方が少数派なのです。 
 
 
 
自己配送網を構築している人もいますし
Amazonのマルチチャネルを使って配送している人もいます。
販売先が多いほど、獲れる作戦・手段も増えていきます。
   
 
 
安定した仕入れが出来る以上、
とにかく数を売った方が儲かります。
どこで売ってもいいのです。
Q10でもモバオクでも近所のフリーマーケットでもいいのです。
 
 
 
国内マーケットだけではなく
eBayや海外Amazon
韓国ネットショップなど
世界中へ販売することも可能です。
 
 
 
メーカ仕入れですから
輸出に必要な性能証明書はメーカーからもらえます。
Amazonカテゴリー審査に必要な書類の入手も簡単です。
  
 
 
なぜ販路を広げるのか?といいますと
まずは純粋に売上げ=利益拡大のため。
もう一つはコストダウンです。
 
 
  
扱う数量が増えれば増えるほど
メーカーは卸価格を下げてくれます。
運送屋さんの送料単価もガンガン下がっていきます。
そうするとさらにあなたの利益は増えていきます。
 
 
 
あなたが想像している以上に
メーカー仕入れの持つ可能性は大きいのです。
 
 
 
詳しくはこちらのLINE@で勉強しましょう。
とてもわかりやすいのでおすすめです。
(私もここで勉強して居ます)
 
  
 
なべやんのLINE@でメーカー仕入れを学ぶ
 
 
ちなみに、このLINE@では
最初にいくつか教材をプレゼントされました。
サプライズだったので嬉しかったです。
どれも使える教材でした。
 
 
 
・メーカー仕入れスタートアップマニュアル
・利益10万円分リスト
・送料を最大限削減するマニュアル
・Amazon出品制限の真相
などだったと記憶しています。(今ももらえるようです)
  
 
 
というわけで、昨日のメルマガでは
メーカー仕入れが以下に簡単で身近なほうほうであるか。
メーカーとの交渉は(あなたが個人でも)ちっとも恐くないこと。
をお伝えしました。
 
 
 
そして今日のメルマガでは
メーカー仕入れの特性である、
「同じ商品を何個でも何回でも仕入れられること」によって
あなたの可能性が無限大に広がっていることをご説明しました。 
 
 
 
具体的な行動方法やノウハウについては上述のLINE@に譲ります。
私がここで長々と書くよりも
断然、わかりやすく、すぐに実践できることでしょう。
そう。大切なのは一にも二にも「実践あるのみ」ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://shiterun.com/wp/wp-trackback.php?p=6945