Amazonに16000円没収されました(T_T) #Wuhan jiayou

こんにちは ワガハイです。
 
 
いつものようにAmazonで仕入れをしようとしたら
Amazonギフト券残高が0円になっています。
「あれ?おかしいな・・・。昨夜、2万円のを買ったばかりなのに」
とよ~く見てみると、「キャンセル」の文字が。

 
 
 
くっそ~。16,437円も損しましたよ。
没収したんなら詐欺の被害者に寄付しろ!っちゅうねん!
と頭にきましたが、
立ち止まってはいられませんので
違う購入アカウントを作成して懲りずにamatenギフト券を使い続けています。
 
 
 
再度、amatenギフト券使用上の注意を書きます。
・購入はその都度、必要最小限。
・購入したその日に使い切る。
・ギフト券残高が不足するときは不足額をクレジットカード決済する。
・Amazonのアカウントにギフト券残高を残さない。
・Amazonに指摘されたらそのアカウントはしばらく放置して
 違うアカウントを作成して使う。
 
 
最後の、「Amazonに指摘されたらそのアカウントは放置」
の理由ですが、こういうことです。
 
Amazonも一回目は指摘と残高の没収だけで済ますことが多いようです。
いきなりアカウントを削除することは無いようです。
万が一、アカウントを削除されたら、
購入履歴を見られなくなりますので仕入れの状態を確認出来ません。
また、不良品が届いたときに返品も出来ません。
ですから、一通りの処理が出来るまではアカウントを維持します。
 
 
ただ、30日間無料になっているAmazonプライム会員は退会します。
新しく作ったアカウントが30日以上、バンされなくても
Amazonプライム代が発生する前にアカウントを切り替えた方が得です。
  
 
 
損をした16,437円については
その後のギフト券仕入れによって既に元を取りました。
いたちごっこですね。
 
 
 
現在のamaten相場は87%です。
リスクはあるものの、今の私に「使わない」という選択肢はありません。
以上、自己責任でお願いします。 
 
 
 
Amazonを仕入れに使えるビジネスは
海外への輸出くらいだろうと思います。
  
 
 
世界中からの観光客が増えていますが
日本を訪れる理由のひとつに
「先進国なのに物価が安いから」
ということがあります。
発展途上国並みに物価が安いのです。
(いや、もう日本は先進国じゃなくなったよ、という議論は置いておきます)
 
 
 
その日本でもとりわけ安いAmazonを仕入れ先にしているのですから
欧米はもちろん、
アジアや中東アラブの中流以上の人々からすれば
「安心・安全な日本製品を安く買える」のは魅力です。
 
 
 
最近私は、追跡番号付きの方法で海外へ発送しています。
追跡番号のサービスには日本郵便の場合で410円が必要です。
eBayのコストでは4.4ドル(1ドル=109として)になります。
私はこのコストをお客様に負担していただいています。
 
 
 
ライバルに比べて売値が4.4ドル高くなるのですが
それでも多くのお客様が私から購入してくれます。
このあたりはちょっとした戦略ですね。
 
 
 
先日、東南アジアECサイトの担当者さんと
チャットワークの電話機能を使ってお話しをしました。
チャットワークにも電話機能があるとは知りませんでした。
ZOOMと比べると音質が悪いですね。
 
 
 
その担当者さんはシンガポールにいらっしゃいます。
シンガポールと日本との時差はわずか1時間ですので
スケジュールを合わせやすくて助かります。
 
 
 
その打ち合わせというのはセラーの応援です。
よりたくさん売れるためのアドバイスをたくさんいただきました。
・ECサイト内での目立ち方(マーケティング)
・シンガポールでよく売れている日本製品
などです。
 
 
 
私はマーケティングが苦手でしたので
今回のアドバイスはとても助かります。
eBayにも活かせる内容でしたので
そちらでも効果を出せています。
 
 
 
価格以外の部分で差別化出来るのは
ネットビジネスの醍醐味のひとつですね。
ネットビジネスはとにかく「客のディスプレイに表示されること」が重要です。
 
 
  
シンガポールで人気のある日本製品は
「なるほど。。。」の連続でした。
たしかにシンガポールでは手に入らないものばかり。
シンガポールを始めたとした東南アジア市場は
日本人セラーにとってまだ手つかずの黄金郷かもしれません。
 
 
 

話題のコロナウイルスですが
日本の報道や私達の周囲の反応の多くは
中国や武漢の人達に批判的です。
 
 
 
「コウモリなんか喰うからだ!」
「迷惑きわまりない!」
「日本へ来るな!中国から出るな!」
などなど。
 
 
 
あなたのお勤め先やご家庭でも同じような話題になっていることでしょう。
実は私のウチも似たようなものでした。
 
 
 
しかし、twitterをはじめとした海外のSNSでは
武漢の災害に心を寄せて
武漢の人々を気遣うメッセージがとても多いです。
 
 
 
武漢頑張れ!を中国語では武漢加油(ウーハンジャーヨー)
英語では’Wuhan, you can do it!’
さらには’Wuhan, jiayou’ ‘Wuhan, add oil’
などの言葉で世界中が武漢を応援しています。
そこには米中摩擦も嫌中もありません。
政治を超えた人と人の結びつきを感じます。
 
 
 
日本でも友好都市である大分市や日本政府が
武漢にマスクを贈ったり寄付を集めていたりします。

 
 
私はこの記事を読んで自分が恥ずかしくなりました。
私はなんと心に狭い人間だったのでしょう。
 
 
 
(日本では)武漢の人達は加害者扱いされていますが
ほとんどの人は被災者です。
私も応援する側の人間になりたいと思いました。
 
 
 
中国では政府の規制により
Youtubeやtwitterを利用することが出来ませんから
書き込みをしているのは中国以外の国の人が多いのだと思います。
英語がほとんどですしね。
 
 
 
武漢の人々も頑張っています。
(音が出ます) 
 
 
 
武漢加油! 
The world admires your courage!!

 
 

 

 
 
 
 

 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://shiterun.com/wp/wp-trackback.php?p=7058