新・再挑戦のBUYMA 成功している人に共通する法則とは?

こんにちは ワガハイです。
   
 
 
私の近所のドラッグストアでもマスクが売り切れておりました。
ちなみに、ニュース解説などによりますと
マスクには「予防」の効果はほとんどありません。
ウイルスはマスクを素通りしますからね。
マナーの効果しかありません。
うがいも日本人だけの文化で予防の効果はないようです。
 
 
 
最大の予防は「手洗い」だそうです。
飛沫感染は手から口や皮膚を経由して体内に入ってくるそうです。
手洗いとアルコール除菌が良いようですね。
 
 
 
さて、BUYMA。
これからやってみたい、
何度か挫折したけどもう一度やり直したい
という場合はこちらを参考になさってください。
 
 

まず、BUYMAの特徴です。
BUYMAはブランド商品の新品無在庫転売ですので
自分独自の商品をあつかうことはありません。
ブランドが販売している商品の転売です。
既製品の転売です。
 
 
 
ある程度の出品数が必要です。
最低1000点。
常にリミットである5000点を出品しているのが普通です。 
ただし、出品にはけっこう、時間がかかります。
ビギナーの頃は1点を出品するのに30分から1時間かかります。
そこからだんだんと慣れていって、
1点あたり5分〜10分くらいで出品出来るようになります。
1000点くらい出品していれば毎日何かが売れるかなぁというイメージです。
 
出品に必要な時間はこんなに必要です。
1000点  5000分(83時間)〜1000時間
5000点  416時間〜5000時間

副業として毎日の作業時間が1〜2時間しか取れない場合、
出品するのがあなた一人なのでは
まったく稼ぐことが出来ないことを知っておいてください。
ちなみに私はこの作業を楽にするために補助ツールを作りました。
  
 
 
これらのことから
BUYMAでは外注さんを雇って大量に商品登録することが前提となっています。
私と姉がやっていたBUYMAサロンでもそうしていました。
外注さんを増やした人は結果を出し
外注さんを募集しなかった人は結果を出せませんでした。
 
 
 
つまり、BUYMAは個人でコツコツやるビジネスではなく
チームを作ってのオーナー業であると認識してください。
・商品登録担当(画像加工を含む)
・問い合わせ担当
・商品買付担当
・商品発送担当
あなたはこれらの5〜10名程度の外注さんを指揮する社長さんです。
こんなイメージを持って取り組んでください。
  
 
  
ここまで聞くと一気にハードルがあがった感があるかもしれませんが
実際にやってみると、とくに女性は簡単に成功しちゃいます。
コミニュケーション能力が男性よりも高いというか、
仲間を集めて同じ方向に進むというのが性に合うのかもしれません。
  
 
 
扱う商品がファッションですので
趣味と実益を兼ねられることも特徴のひとつです。
また、高級ブランドの常連客になれる楽しさも味わえます。
ルイヴィトンやエルメスのような高級店で
一人だけ奥のソファーに案内されて
アップルタイザーなどの飲み物が出てきます。
なかなかの優越感です。
支払いもアメリカンエキスプレスのゴールドカードを使いたくなります。
(イオンカードや楽天カードは出しにくい。。。)
 
 
 
さて、成功している人の特徴です。
(これはBUYMAに限ったことではありませんが)
2つあります。
 
 
 
ひとつは「他の人と違うことをしている」
もう一つは「やり抜く能力」です。
 
 
 
<他の人と>違うことをする>

BUYMAのリサーチでは「今、売れているもの」を扱うことが必勝法とされています。
しかし、それは最安値競争でもあります。
お客様にすればどこで購入しても同じモノが手に入るのですから
誰だって最安値かすぐに届くセラーから購入します。
 
 
 
BUYMAでも「日本未発売」「日本完売」の商品を狙うなど
他のセラーが簡単に真似ができないことをやると
大きく稼ぐことが出来ます。
 
 
 
もちろん、
どうすれば日本未発売や日本完売のアイテムを選別し
それを手に入れられるのか?
このあたりの仕組みを構築することがキモになります。
答えはネット上にありませんので
自分で考えて行動するしかありません。
(ちなみに私の姉はこの手法の第一人者です。)
 
 
 
そうです。自分の頭をフル回転させて
他の人と違う方法を見つけ、
失敗を恐れずチャレンジした人だけが
大きな利益を出しています。
 
 
 
それはえてして「とても面倒クサいこと」です。
しかし、私の周りにいる転売でお金持ちになっている人達は
誰もやりたがらない面倒クサいことを始めて稼ぐ仕組みを確立し、
その仕組みを自分以外の人にやらせることで
自分自身は何もしないでお金が入ってくるようになった人ばかりです。
  
 
 
ラーメンやカレーのチェーン店創始者が
仕組みを作ったあとでフランチャイズ展開し
フランチャイズ店からの上納金で大もうけしているのと似ています。
  
 
 
<もう一つの特徴=やり抜く能力。>
 
最近私は、英会話の勉強をしている関係で
youtubeで英語スピーチをよく観るのですが
とても有名な「成功する人の特徴」についての動画があります。
全世界で600万回も再生されています。
※言葉は英語ですが日本語字幕があります。 
 
 
 
良い結果を出す子供達を研究した結果、
その子供達には共通する「ある能力」がありました。
それは次のことではありませんでした。
・親の教育熱心さ
・家庭の裕福さ
・IQ(知能指数)
 
 
  
では成功する子供達にはどんな特徴があったかというと
「やり抜く能力を持っていた。」ということでした。
英語で「GRIT(グリット)」というものです。
 
 
  
軍隊の新兵訓練でも脱落せずに最後まで残ったのは
体力や運動神経の優れた若者ではなく
「やり抜く能力」を持っていた者だったそうです。
 
 
 
新しいことを始めると
ほとんどのひとは飽きたり諦めたりで
脱落していきます。
すぐに結果の出るモノだけを欲しがるようです。
でも、そんなビジネスが転がっているはずがありません。
   
 
 
AmazonせどりでもeBayでもBUYMAでも
ほとんどの人は最初の2週間でやめてしまいます。
 
 
 
Amazonは価格さえ最安値にすれば「売れることは売れる」ので
まったく結果が出ないということはないのですが、
アカウントを育てる必要のある(ビギナーからは買ってもらえない)
eBayやBUYMA、ヤフオク、メルカリは
軌道に乗り出すまで何ヶ月、何年とかかります。
 
 
 
独自ネットショップなどはさらにたいへんです。
ファンやリピーターが売上げの中心になってきますので
絶対にすぐ結果を出せるものではありません。
 
 
 
ただし、最初がたいへんな分、
長くやっていると売上げが緩やかな右肩上がりで安定します。
「やり抜く能力」のある人だけが
生活出来るレベルのビジネスオーナーになれるというわけです。
 
 
 
「結局、根性論かよ!」と思われるでしょうが
実際のところ、残念ながら根性論です。
「あきらめたらそこでゲームセットです」(by安西先生)
 
 
 
・自分のアタマをフル回転させて他人と違うことにチャレンジする
・何回もチャレンジと失敗を繰り返しながら成功方法を見つける・確立する
・その成功方法を仕組化し、作業を他人に任せて社長業に専念する
つまり、研究・アイデア・行動・やり抜く。
 
 
 
私の周りにいる「成功している人は」例外なくこのパターンです。
 
 
 
 
<追伸>
こちらは、まあ発信側の宣伝なのですが
「こんな方法もあるのか」という、
俯瞰的(上から眺める)な視点で見るととても面白いです。
 
上述の通り、今の私達には「人と違った視点」を養うことが必要ですから
こういった、自分が思いつかなかった方法を知ることは重要です。
なにかのヒントになる気がしますね。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)