eBay輸出 追跡番号付きで送るようにしたら利益率はどうなったか

こんにちは ワガハイです。
 
 
相変わらずAmazonギフト券相場の下落が続いています。
 
 
なんと額面の83%台で購入出来ています。
先日も一つ、Amazonの購入用アカウントが吹っ飛びましたが
幸いにして損害はゼロでした。
 
 
 
最近はかなり慎重にやっていますので
Amazonの手口がわかってきたようで
アカウントを削除されても
ダメージはゼロか最小限に抑えられています。
成功しているときのメリットが大きすぎるのでやめられません。
中毒症状ですね。
 
 
購入用のアカウントは複数持っておりまして
次のように使い分けています。 

・小額のお買い物はギフト券をつかって購入。
ただし、一つのアカウントで一度に購入する額が小さくなるように
複数のアカウントを使ってバラバラに購入。
Amazonはまとめ買いのメリットがありませんからね。
(「まとめ買い対象商品」の場合だけ例外)
 
 
 
・高額品はクレジットカード用のメインアカウントで購入。
これは返品する可能性を考えてのことです。
アカウントが吹っ飛ぶと返品出来ませんからね。
 
 
 
<発送方法=SAL便から書留へ>
 
価格競争の関係で、ずっとSAL便やAIR便を使っておりましたが
年明けから追跡番号付きのeパケット、eパケットライトに切り替えています。
同時に、発送先を全世界(一部の地域を除く)にしました。
 
 
ここ最近、約2ヶ月の間にどう変わったかをご報告します。
 
・アメリカ以外からも購入されるようになった。
・あいかわらずアメリカ人購入者は多い。
・安価な商品は売れなくなった。
・未着クレームはほとんど無くなった。
 
 
順に状況をご説明しましょう。
 
・アメリカ以外からも購入されるようになった。
 
扱う商品のカテゴリーをやや富裕層側へ振ったこともあり
ヨーロッパ、特にイギリスからの注文が増えました。

・あいかわらずアメリカ人購入者は多い。
 
これまでアメリカ向けは送料無料でしたが
今は書留料金(410円)を収受していますので
アメリカ人にとっては値上げです。
それでも注文してくれています。
私よりももっと安いSAL便業者がいるのに、です。
 

・安価な商品は売れなくなった。
 
書留料金は4.5ドルもしますので
商品価格が5ドル未満のような安価な商品は売れなくなりました。
 
それはそうでしょうね。
商品と送料が同じくらいというのは
消費者としては「なんだかなぁ」だと思います。
 

・未着クレームはほとんど無くなった。
 
私にとってeBayビジネス最大のストレスであった、
「Not recieved」クレームが無くなりました。
 
発送時には購入者へ追跡番号を通知していますので
購入者にとっても安心なのでしょう。
また、期限内に配達されなくても
怒りの矛先(いかりのほこさき)は販売者の私に向けられず
自国の郵便システムへ向かうようです。
 
 
 
この未着クレームの激減によって
私のeBayビジネスにかける時間・手間も激減し
「9割自動」で稼げるようになりました。
「全自動」というのは無理ですので「9割自動」です。(笑)
ちなみに梱包・発送は外注しています。
 
 
 
<eBay無在庫輸出の利益率は?>
 
管理ツールによると、
私の利益率(粗利率)は約10%です。
しかし、これは「見かけ上の利益率」です。
 
 
ここへ冒頭のAmazonギフト券による仕入コスト削減が加わります。
仮に、Amazonギフト券を10%引き(現在の相場は16%引き)で購入出来ているとすると
売値に対して6.4%の利益が残ります。
つまり、利益率は16.4%になります。
 
 
 
さらにここへ消費税の還付が加わります。
消費税の還付は輸出ビジネスにかかった費用すべてにかかりますので
仕入れ額だけが対象ではありませんが
ここではお話しを簡易にするため仕入れ額だけでみてみます。
※消費税還付について詳しく知りたい場合は
プロの税理士さんへお問い合わせくださいね。
 
 
 
仕入額に対して消費税の還付は110分の10ですので
約9%ですね。

というわけで、最終的には
私のeBayビジネスの利益率は(最近は)22.7%です。
毎月200万円くらい売れば利益は45万円。
副業としてはまあまあ、というところですね。 
  
 
 
東南アジアECサイトの方も
まずまず、稼いでくれていますので
(毎日1万円程度)とてもありがたいことなのですが
今のところ、全ての作業を私自身でやっていますので
正直、しんどいです。まさにダブルワーク状態です。
このままでは過労死します。(泣)
  
 
 
出品はツールがないため手動でやっておりますので
なかなか商品数を増やせません。
出品したい商品はいくらでもあるので歯がゆいところです。
 
 
 
時間リソースさえあれば 
体感的に今の10倍くらいまでは順調に売上げを増やせると考えています。
利益率が高く、原資はありますので
いよいよ外注化しようかしら。。。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)