eBay・越境EC 業務停止しました(T_T)

こんにちは 在宅勤務中のワガハイです。
 
 
 
私の副業収入のメインであった輸出転売が完全にストップしました。
eBay、東南アジアECサイトともに
バケーション設定にしました。
つまり「無期限休業中」というわけです。
 
 
 
どちらも好調に売れていまして
コロナ騒動が始まったあとも同じように、
あるいはこれまでよりも多く売れているのですが
肝心の商品をお客様に届けることが出来なくなったのです。
 
 
 
日本郵便で海外へ商品を送ろうとしたとき、
次のような動きになります。
(かっこ)内は私の場合です。 
 
 
1.地元の郵便局(地元〇〇郵便局)
2.地元の中央郵便局(神戸中央郵便局)
3.空港内にある郵便局(大阪空港郵便局)
4.税関(関西空港税関?)
5.飛行機に搭載・出発
6.相手国の税関
7.相手国の空港内郵便局
8.相手国の地元郵便局(住所により複数を経由します)
9.相手国の配達郵便局
10.お客様へ
 
 
今は、
この流れがほぼ完全に途切れてしまっています。
 
 
 
これは日本と外国とを結ぶ航空便の減便が原因です。
例えば日本~シンガポール便は
全国で週に一便しか飛んでいないという噂もあります。
全世界の9割以上の航空路線が減便や廃止になっていますので
当然、こんな数字になるのでしょう。
 
 
 
私の場合、eBayの販売では
ヨーロッパとアメリカのお客様がほとんどです。
とくにアメリカが50%くらいを占めています。
 
 
 
4月9日、日本郵便がまた新しい発表をしまして
送れない国が増えました。
https://www.post.japanpost.jp/int/information/2020/0409_01.html
※日本郵便HP
  
 
 
ヨーロッパでは主要国のうち、発送が出来ているのは
ドイツ、イギリス、フランスくらいです。
北米ではアメリカとカナダがOKとなっています。
 
 
 
しかし、私の発送実績をみてみますと
半数くらいは2~3週間で配達されていますが
残りの半数は一ヶ月くらい経ってもまだ届いていません。

 
先ほども地元の日本郵便さんの担当課長さんとお話をしましたが
SAL便ベースのeパケットライトは全て、
HP上は受託OKとなっている、eパケットも一部戻ってきています。
発送出来る見込みのない荷物は返送しているとのことです。
HPは実態を表していないということです。
これを誰かを責めても仕方の無いことですので
現状を受け入れるしかありません。
   
 
 
eBayの場合、注文から30日以内に届かないと
お客様に返金を受ける権利が発生してしまいます。
つまり、お金も商品も獲られてしまうのです。
  
 
 
東南アジアECサイトの方も
お客様が受取確認ボタンを押さないと
私にお金が入ってきません。
日本のフリマアプリと同じ仕組みですね。
 
 
 
お客様が注文した商品は1ヶ月経ってもまだ関西空港にありますので
当然ながら受取ボタンを押してくれません。
私にはお金が入ってこず、
仕入に使ったクレジットカードの請求書と
国際郵便送料の請求書がしっかり届きます(泣)
 
 
 
これではビジネスになりません。
借金とストレスと無駄な労働の山。
安倍首相と同じくらい私の決断も遅れた感があります。
昨日になってようやく、営業を停止したというわけです。
 
 
 
世間の飲食店さんや観光業界の方々の苦労が
他人事では無くなりました。
「今日は我が身」となりました。
誰も補償してくれません。
   
 
 
収入が無くなっても固定費用は続きます。
・eBayの年間手数料(毎月約3万円)
・税理士さんの顧問料(毎月約3万円)
・ツール利用料
・インターネット環境の維持費
・パソコン類の償却
などなど、毎月10万円くらいはかかっています。
もう一度書きますが、誰も補償してくれないのです。 
損は全て自己責任です。
  
 
 
日本政策金融公庫から借りている融資の返済もあります。
毎月15万円くらいでしょうか。
いくら利子の金利がゼロに近くても
返済は容赦無しです。 
貯金がなかったら自己破産してしまうところです。
 
 
  
とりあえずは国内転売で稼いでいくしかありません。
この方法についてはこれからまた発信していきます。
  
 
 
まあ、何とかなるでしょう。
「死ぬこと以外はかすり傷」です。
なんとしても生き延びましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)