ストックフォト 写真を販売して副収入を得る

ド素人のあなたの写真が売れる(スマホOK)

最近、eBayやメルカリの出品に

自分で撮影したオリジナル画像をつかうケースが増えてきました。

amazonの画像を使うよりもオリジナル画像を使った方が

ビューもウォッチも格段に増えるからです。

また、メルカリではオリジナル画像が必須ですし、

写真の出来が売れ具合に大きな影響を与えます。

ということで、ミラーレス一眼レフカメラで撮影しているうちに

写真撮影が趣味みたいになってきてしまいました(^^ゞ

写真をたくさん撮っていると、どんどん上手になっていきますので

楽しくなってきてしまったのです。

ストックフォトという販路

ネットで写真やカメラに関する情報を集めているウチに

素人でも自分の写真を手軽に販売出来ることを知りました。

それがストックフォトというものです。

プロの写真家ではなく、私達がスマホで撮った手軽な写真も売れます。

最近はInstagramでも素敵な写真をたくさん見かけますよね。

画像は撮ったそのままでもいいですし、アプリで加工したものでも大丈夫です。

どこで売れるのか?

ストックフォトで検索していただければすぐに出てきますが

何十もの販売サイトがあります。

日本企業もたくさんありますし、どんどん増えています。

これは私が実践しながらご紹介していきます。

 

どんな写真が売れるのか?

ビジネスですので結局はここが重要です。

今のところリサーチツールなどはありませんので

手探りで進むことになります。

写真が売れる仕組みについてはまたあらためて詳しくお話ししますが、

購入者の大半は企業です。

自社のWEBサイト構築や商品の広告などに使える写真を購入していくのです。

昔は広告代理店に依頼したり、プロのカメラマンを雇っていたのものも

ストックフォトサイトから購入し始めたということです。

これにより、プロカメラマンのお仕事はウェディングぐらいしかなくなったと言われています。

ちなみにウェディングカメラマンは恐いくい需要過多で

いまはひっぱりダコになっている職種です。

 

企業が購入しますので、芸術的な写真よりも実用的な写真がよく売れるようです。

人物が写っている写真がよく売れるのですが、モノや建物もよく売れるそうです。

人の顔が写っていると肖像権などの権利関係の書類が必要ですのでめんどうです。

モデルさんをやとってまで本気を出すこともありませんので

花や動物、街並みや海や山、クルマ、料理などでいいと思っています。

肖像権、所有権などはストックフォトの各サイトで

うるさいくらい何度も注意されますので

すぐに理解出来るようになるでしょう。

 

カメラは泥沼にハマりやすいのでご注意を

男女を問わず、物欲の強い方はカメラにお金をかけがちです。

カメラ機材を一式揃えるとたいへんな額になります。

もし、あなたも挑戦してみるのでしたら

スマホアプリだけで完結するサービスもたくさんありますので

まずはそちらで腕試しをしてからの方がいいと思います。

有名なスマホストックフォトのサービスをひとつご紹介しておきます。

snapmart(スナップマート)

もう、完全にInstagram感覚でできます。

Instagramが得意な方は最初からけっこう売れるかもしれませんね。 

1枚売れると90円から972円が入金されるようです。

ストックフォトはコツコツ地道な作業の積み重ね

ネット上の声を拾っていくと、売れ始めるまでかなりの忍耐が必要なようです。

最初の一枚が売れるまで数ヶ月かかったり、

年間の利益が数万円だったり。

ただ、写真の著作権はあなたにありますので

同じ写真をすべてのストックフォトサイトで販売することが出来ます。

ですから写真を撮ったあと、

すべてのストックフォトサイトにアップロードしておけばいいのです。

あとはこの作業を延々と繰り返していくだけです。

ネット上にあなたの作品が増えれば増えるほど、あなたの収入も増えていきます。

資産構築型のビジネスと言えますね。

今、あなたのカメラやスマホの中にある写真がお金に替わるかもしれません。

そう思うとワクワクしませんか?

本当に稼げるのか?はチャレンジした人だけが知ることになりますね。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)